Amazon Web Services ブログ

Tag: EKS

Amazon EKS 5 周年おめでとう!

今日は、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の 5 周年を祝うことができてわくわくしていますし、これまでの道のりを振り返る絶好の機会でもあります。2018 年の発表以来、Amazon EKS は、回復力があり、安全で、スケーラブルなコンテナベースのアプリケーションを実行することで、世界中の何万ものお客様にサービスを提供してきました。アップストリームの Kubernetes を使用する Amazon EKS は、AWS、オンプレミスのデータセンター、およびエッジで Kubernetes を実行するための最も信頼性の高い方法です。

Kubernetes as a platform vs. Kubernetes as an API

Kubernetes とは何ですか?私はこの技術に初期から取り組んできましたが、8 年経っても、この問いにハッキリと答えられません。Kubernetes をコンテナオーケストレーターとして定義する人もいますが、その定義は果たして、Kubernetes を正しく表現できていると言えるでしょうか。私はそう思いません。この記事では、Kubernetes について、従来の考え方にとらわれない考え方や、技術の伸びしろを探ってみたいと思います。
Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) は、お客さまに代わって、Kubernetes クラスターを運用をする AWS のマネージドサービスであり、非常に大規模で幅広いお客様にご愛用いただいております。彼らのようなお客様が、Amazon EKS をどのように活用しているか、またどのように考えているかという価値観はさまざまです。Kubernetes を「プラットフォーム」として考えている人もいれば、AWS サービスを管理するためのファサードと考えている人もいます。
つまり、完全に自分達の中でコントロールするという意見から、完全なマネージドサービスであるという意見まで、幾つもの考え方が存在します。
それでは、これからそれぞれの考え方について詳しく見ていきましょう。そのために、バックエンドのデータベースを持つ簡単なアプリケーションを AWS 上の Kubernetes へデプロイするために使用できるさまざまなモデルを探ります。また、この記事の最後には、表現された概念を着地させ、実践的に実証するためのデモがあります。

Amazon EKS が Kubernetes 1.27 のサポートを開始

Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) チームは、Amazon EKS および Amazon EKS Distro の Kubernetes バージョン 1.27 のサポートを発表できることを嬉しく思います。Amazon EKS Anywhere (リリース 0.16.0) も Kubernetes 1.27 をサポートします。この記事では、Kubernetes バージョン 1.27 の注目すべき変更点について説明し、利用可能な最もエキサイティングな機能のいくつかを紹介します。

Bottlerocket を利用した Amazon EKS 上の Deployment を KubeArmor でよりセキュアにしよう

Bottlerocket はセキュリティに焦点を当てたオペレーティングシステム (OS) イメージです。ホストまたはワーカーノードを保護するために、すぐに利用可能なセキュリティオプションを提供します。セキュリティを考慮する上で Bottlerocket は便利ですが、Pod やコンテナのセキュリティは依然としてアプリケーション開発者やプロバイダーの責任です。CNCF (Cloud Native Computing Foundation) のサンドボックスプロジェクトである KubeArmor は、extended Berkeley Packet Filter (eBPF) とBerkeley Packet Filter-Linux Security Module (BPF-LSM) を活用して Pod やコンテナを保護するランタイムセキュリティエンジンです。

Amazon EKS が Kubernetes 1.25 のサポートを開始

Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) チームは、Amazon EKS および Amazon EKS Distro の Kubernetes バージョン 1.25 のサポートを発表します。Amazon EKS Anywhere (リリース 0.14.2) も Kubernetes 1.25 をサポートします。現在 PSP を実行しているお客様は、PSA または PaC ソリューションへ移行するために、ワークロードの移行を計画することを強くお勧めします。1.21 クラスターは 2023 年 2 月 16 日にサポートが終了しています。1.22 クラスターのサポート終了は 2023 年 5 月です。

Amazon EKS でコントロールプレーンイベントを管理する

この記事では、Kubernetes イベントをフィルタリングしつつ、Amazon CloudWatch にエクスポートして永続化する方法について説明します。また、CloudWatch に保存されたイベントを調査するユースケースの例も取り上げます。読者はこの例を参考にし、要件に応じて変更することが可能です。

Delivery Hero で活躍する Amazon EKS と Spot インスタンス

Delivery Hero で活躍する Amazon EKS と Spot インスタンス

この記事では、Amazon EC2 Spot で構成されるマネージド型ノードグループを使用して、プロダクショングレードの Amazon EKS クラスターを構成する方法を紹介します。その後、最大級のフードデリバリー企業である Delivery Hero が、Amazon EKS と Amazon EC2 Spot インスタンスを本番環境で使用することで、COVID-19 の流行時にビジネスを大きく成長させつつもコストを抑制してきた方法を紹介します。

Amazon EKS のスケジューリングをカスタムする

Amazon EKS のスケジューリングをカスタマイズする

この記事では、Kubernetes によるワークロードのスケジューリングを簡単にカスタマイズする概念実証を紹介します。このソリューションでは、mutating admission webhook を使用して、Pod 作成に関するリクエストをインターセプトし、Pod をノードに割り当てます。これにより、ノードラベルを使用して Pod を任意の比率でスケジューリングする、カスタム Pod スケジューリング戦略を定義できます。