Amazon Web Services ブログ

Tag: EKS

Amazon EKS が IPv6 サポートを開始

この記事は、Amazon EKS launches IPv6 support を翻訳したものです。 モバイルアプリケーション、IoT、アプリケーションのモダナイゼーションなどの分野におけるインターネットの継続的な成長により、業界全体で IPv6 への移行が進んでいます。128 ビットのアドレス空間を持つ IPv6 では、IPv4 が提供する 43 億の IP アドレスと比較して、340 澗の IP アドレスを提供できます (訳注: 340 澗は 3.4 x 10^38 です)。Amazon Web Services (AWS) は過去数年間で、Elastic Load Balancing、AWS IoT Core、AWS Direct Connect、Amazon Route 53、Amazon CloudFront、AWS Web Application Firewall、S3 Transfer Acceleration、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) など、さまざまなサービスに IPv6 サポートを追加してきました。

Read More

CNCF Falco を使用して Amazon EKS のランタイムセキュリティを実装する

この記事は Implementing Runtime security in Amazon EKS using CNCF Falco (記事公開日: 2020 年 11 月 19 日) を翻訳したものです。 多くの組織は、アプリケーションをコンテナに移行する過程にあります。コンテナは、アプリケーションレベルの依存関係の管理、スピーディな起動、不変性のサポートを実現します。これにより、コストを削減し、速度を上げ、効率性を向上させることができます。コンテナのライフサイクルを安全に管理するためには、コンテナイメージのハードニングと、エンドツーエンドのセキュリティチェックが重要な要素となります。コンテナは、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) などのコンテナオーケストレーターにデプロイされる前に、デフォルトでセキュリティを確保する必要があります。コンテナをハードニングする旅は、次のように始まります。

Read More

Amazon EKS で GitOps パイプラインを構築する

この記事は Building a GitOps pipeline with Amazon EKS (記事公開日: 2020 年 12 月 3 日) を翻訳したものです。 本記事は Weaveworks のコンテンツディレクターの Anita Buehrle による寄稿記事です。 このシリーズの第 1 部では、GitOps の歴史、その利点、およびその仕組みについて議論しました。GitOps とは何であるかを理解したので、アプリケーションのデプロイに Flux と Amazon EKS を使用して GitOps パイプラインを設定する方法について詳しく説明します。

Read More

AWS X-Ray を使った Istio 仮想サービスのトレースの可視化

この記事は Sourav Paul による“Ship and visualize your Istio virtual service traces with AWS X-Ray”(2020/12/07投稿)を翻訳したものです。 分散トレースは、リクエストがシステムコンポーネントの中をどのように通過するのかを追跡したり、呼び出したサイトで主要なパフォーマンス指標をキャプチャすることで、分散システムの実行時のパフォーマンスインサイトを導き出すメカニズムです。このメカニズムはトラフィックの健全性とともに動的なサービスの依存関係を表し、サービスのオーナーやクラスター管理者が、アプリケーションの状況を迅速に可視化、パフォーマンスのボトルネックの特定、サービスの課題をプロアクティブに対処することに役立ちます。 しかしながら、トレーシングプラットフォームがもたらすメリットにもかかわらず、分散トレースの技術スタックをプロダクションレディにセルフマネージドできるようなるまでには、かなりのエンジニアリング作業が必要です。分散トレースのセットアップには少なくとも共通して次の手順が必要です。

Read More

Amazon EKS での Kubernetes アップグレードの計画

この記事は Planning Kubernetes Upgrades with Amazon EKS (記事公開日: 2021 年 5 月 3 日) を翻訳したものです。 2021 年 2 月、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) は Kubernetes バージョン 1.19 のサポートを開始しました。これは、What’s New の投稿や Amazon EKS ドキュメントの更新など、通常のメカニズムを通じて発表されました。社内やお客様とのいくつかの会話の結果、AWS は Amazon EKS の Kubernetes バージョンリリースに合わせて、AWS Containers ブログ記事の投稿を行うことにしました。これらの記事では、新機能のハイライトとともに、クラスターのアップグレードを計画する際に注意する必要がある特定の変更点を紹介します。

Read More

GitOps を用いた Amazon EKS の自動化

元の記事:https://aws.amazon.com/jp/blogs/containers/automating-amazon-eks-with-gitops/ 本記事は Weaveworks のコンテンツディレクターの Anita Buehrle による寄稿記事です。 企業は速く進むことを望んでいます。より頻繁に、より確実に、そしてなるべく少ないオーバーヘッドでデプロイする必要があります。GitOps は Kubernetes で実行されている複雑なアプリケーションやインフラストラクチャを開発者が管理および更新するための迅速かつ安全な方法です。 GitOps は運用とアプリケーションデプロイのワークフローであり、クラウドネイティブアプリケーションのインフラストラクチャとデプロイの両方を管理するための一連のベストプラクティスです。この記事は二部構成になっています。第 1 部では GitOps がどのように動作し、利点が何であるかについての説明とともに、GitOps の歴史もお話します。第 2 部では、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) への継続的デプロイのパイプラインを Flux でどのようにセットアップするかを説明したハンズオンチュートリアルを用いて、自分自身で GitOps を試してみることができます。 GitOps とは何か? Weaveworks の CEO の Alexis Richardson による造語である GitOps は Kubernetes およびその他のクラウドネイティブ技術の運用モデルです。クラスターとアプリケーションのデプロイ、管理、そしてモニタリングを統合する、一連のベストプラクティスを提供します。言い換えると、アプリケーション管理にデベロッパーの手法を適用していくということであり、運用と開発の両方にエンドツーエンドの CI および CD パイプラインと Git ワークフローが適用されます。 GitOps の原則 GitOps が実際に機能するためには、チームが次の原則を実施している必要があります。 #1. システム全体が宣言的に記述されている […]

Read More

マルチアーキテクチャの Amazon EKS クラスターに Spring Boot アプリケーションをデプロイする

この記事は、Deploy a Spring Boot application on a multi-architecture Amazon EKS clusterを翻訳したものです。 本投稿は、Senior Cloud Technical Consultant の Andrew (Qingjie) Ren により寄稿されました。 はじめに ARM ベースと AMD ベースのインスタンスの両方を使用して、マルチアーキテクチャの Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) クラスターにアプリケーションをデプロイすることを検討する理由は何でしょうか? コストの最適化は、お客様にとって重要なビジネスの推進要因であることがよくあります。また、Well-Architected デザインの重要な柱でもあります。通常、コンピューティングリソースのコストを削減するには、いくつかの方法があります。例えば、Savings Plans、オンデマンドインスタンス、スポットインスタンスなどの購入オプションを組み合わせたり、コンピューティングリソースのサイズを適切に設定するなどの方法です。 AWS Graviton2 (ARM ベース) は様々なワークロードに対して、同等の現行世代の AMD ベースのインスタンスに比べて最大 40 %のコストパフォーマンスを提供します。2019 年 12 月に Graviton2 インスタンスが最初に登場されて以来、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)、Amazon Relational […]

Read More

EKS と Fargate、AWS Compute Savings Plans で Pod の料金を節約する

この記事は、Saving money a pod at a time with EKS, Fargate, and AWS Compute Savings Plans を翻訳したものです。 re:Invent 2019 では、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) で、Kubernetes の Pod を AWS Fargate にデプロイできるようになったことが発表されました。その発表以降、多くのお客様が実際に Fargate 、つまりコンテナを実行するためのサーバーレスインフラストラクチャーに Kubernetes の Pod をデプロイしています。Fargate を利用することで、クラスターの管理やパッチの適用、セキュリティやアイソレーション、スケーリングといった様々な運用業務、「差別化にならない重労働( undifferentiated heavy lifting )」から解放されます。 Amazon EKS と Fargate の詳細については、re:Invent のブレイクアウトセッションでも掘り下げられています。 AWS Fargate は AWS Compute Savings Plans […]

Read More

Amazon EKS を利用した、ステートレスなマルチリージョンアプリケーションの運用

この記事は、Operating a multi-regional stateless application using Amazon EKS を翻訳したものです。 本投稿は、Sr Solutions Architect の Re Alvarez-Parmar と、Technical Account Manager の Avi Harari により寄稿されました。 AWS の上で運用を行う主な利点の一つは、お客様が AWS のグローバルフットプリントを利用して複数のリージョンでワークロードを実行することが、いかに簡単かという点です。ディザスターリカバリーをサポートするため、あるいはエンドユーザーとなるお客様の近くでアプリケーションを稼働させるためにマルチリージョンアーキテクチャが必要な場合、AWS はアプリケーションの可用性や信頼性、そしてレイテンシーを改善するためのビルディングブロックを提供します。本投稿では、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) を使用して複数の AWS リージョンでアプリケーションを実行し、AWS Global Accelerator を使用して AWS リージョン間でトラフィックを分散する方法を示します。 本投稿での説明をシンプルにするために、複数の AWS リージョンを跨いで実行されるステートレスアプリケーションにスコープを絞って説明しています。データの永続化が必要なワークロードでは、DynamoDB グローバルテーブル、 Amazon Aurora グローバルデータベース、そして Amazon S3 クロスリージョンレプリケーションのような機能を利用することができます。本投稿では、ステートレスアプリケーションの基本的なアーキテクチャを提案しています。ステートフルなマルチリージョンアプリケーションのブループリントをビルドするために、データやデータベースレプリケーションサービスでこのアーキテクチャを補完することもできます。 Amazon EKS はグローバル化においてどのように役に立つのか Kubernetes の宣言的なシステムは、マルチリージョンデプロイメントを運用するための理想的なプラットフォームとなります。宣言的なシステムでは、desired […]

Read More
.NET on AWS

AWSで.NET 5を利用する

AWSには長い間.NETでの開発に携わってきた者が多数在籍しており、私たちは.NET 5がGAリリースされたことに大きい喜びを感じています。2020年夏に.NET Conf 2020で発表されたベンチマーク結果によると、旧バージョンの.NET Core 3.1に比べ特に性能改善に力が注がれたことがよく分かります。この記事では、AWSが.NET 5での開発をサポートするためにどんなサービスやツールをご用意しているか、コンピューティング・ネットワーク・開発者ツール・データベースといった4つの領域に分けて解説していきたいと思います。これらの情報をもとに、皆様がAWS上で.NETを最大限活用できれば幸いです。

Read More