Amazon Web Services ブログ

Tag: freertos

FreeRTOSでセカンダリプロセッサのOTAアップデートを実行する方法

多くの組み込みアーキテクチャでは、コネクティビティプロセッサが ビジネスロジックを実行する1 つ以上のセカンダリプロセッサに接続されています。セカンダリプロセッサの無線 (OTA) アップデートを実行する機能は、コネクティビティプロセッサの更新と同じくらい重要です。 これは、バグやセキュリティの脆弱性に対する低コストのパッチ適用と、デバイスへの新機能の提供が可能なためです。 FreeRTOSは、マイクロコントローラ用のオープンソースのリアルタイムオペレーティングシステムで、小型で低消費電力のエッジデバイスのプログラミング、デプロイ、セキュリティ、接続、管理を容易にします。 AWS IoT Device Managementにより、IoT デバイスを大規模に安全に登録、整理、監視、リモート管理することが容易になります。 AWS IoT Device Managementは、OTA 更新マネージャサービスを提供し、デバイス群全体でアップデートを安全に作成および管理します。 このサービスは FreeRTOS OTA エージェントライブラリと連携して、ファームウェアにデジタル署名し、ストリーミング API を使用してファイルを MQTT ストリームに変換し、AWS IoT ジョブを使用してファームウェアをデバイスに配信します。 OTA エージェントライブラリを使用すると、TLS経由でのMQTT接続を再利用することで、コネクティビティプロセッサのメモリ消費を減らすことができます。 この記事では、fileId パラメーターを使用して、セカンダリプロセッサに更新を配信する方法について説明します。 この投稿は、特定のハードウェアに固有のものではなく、FreeRTOS 201908.00 以降を実行しているすべてのシステムに適用することができます。 FreeRTOS および AWS IoT デバイス管理を使用して OTA を設定する方法の詳細については、FreeRTOS OTA チュートリアルを参照してください。

Read More

IoT@Loft #7 – オートモーティブIoT

こんにちは、AWSソリューションアーキテクトの渡邊 です。1月30日の IoT@Loft 第7回目のテーマは、「オートモーティブIoT」でした。MaaSや自動運転などに取り組まれているエンジニアの方々にその取り組みについてご紹介いただきました。また、オートモーティブ分野におけるAWSサービスの活用方法について、AWSよりご紹介しました。 IoT@Loft とは ? IoT 関連ビジネスで開発を担当するデベロッパーのためのイベントです。IoT の分野は、「総合格闘技」と呼ばれるほど、必要な技術分野が非常に多岐に渡ること、ビジネスモデルが複雑なケースが多く、全体を理解することは難しいと言われています。その結果、実証実験 (Proof of Concept : PoC) から商品への導入が進まないケースや、PoC でさえ十分に実現できていないケースも多々あります。 IoT@Loft は、そういった IoT 特有の課題と向き合い、情報共有・意見交換を行う場として、参加者の事業や製品開発を成功に近づけることができれば幸いです。この勉強会では、膨大な IoT 関連の情報の見通しを良くするために、各回ごとにテーマを定め、それに沿った形で登壇者に事例や技術のご紹介を頂きます。テーマは、インダストリー、ソリューション、テクノロジー、開発フェーズなどを軸に決めていきます。 LT セッション ルネサスのコテクテッドカーソリューション 組込ソリューションプロバイダーのルネサスエレクトロニクス株式会社様からは、自動運転時代に向けてクラウドサービスから車両制御までエンドツーエンドのトータルソリューションを提供するコンセプトとコネクテッドカープラットフォームについてご紹介いただきました。 CASE(Connected、Autonomous、Shared & Services、Electric) 時代へのアプローチ課題としてデータの活用が必須だと考え、クラウド側にデータを一方的にあげるだけだったものから、これからはクラウドに集約したデータを利用し判断し車両を制御することが必要であり、R-Carに代表されるハードウェアとルネサス・コネクテッドカー SDKなどのソフトウェアどちらも用意することでエンドユーザーが開発に注力できるとお話されていました。 クラウドサイドは AWS が提供する Connected Vehicle Reference Architecture(CVRA) (https://aws.amazon.com/jp/solutions/aws-connected-vehicle-solution/) を採用し、車両の状況をクラウドで再現することを目指し、CVRA はテンプレートからすぐに展開可能なコネクテッドカーバックエンドのリファレンス実装で、トリップ情報の蓄積、ドライバースコア算出、センサーデータの異常検出、通知などの機能が全てサーバーレス(サーバー管理が不要な抽象度の高いサービス群)で構成されています。デバイスゲートウェイとしての AWS IoT Core、車両内デーモンとしてオフライン対応やエッジ処理に対応する AWS IoT Greengrass がコアコンポーネントとなっており、ビジネスロジックに AWS Lambda、ストリーム収容に Amazon Kinesis Data Streams, […]

Read More