Amazon Web Services ブログ

Tag: IoT Device Client

AWS IoT Device Defender カスタムメトリクスを使用して、デバイスメトリクスの異常を検出し、セキュリティの状態を改善する方法

この記事は Eknath Venkataramani と Ryan Dsouza によって投稿された How to detect anomalies in device metrics and improve your security posture using AWS IoT Device Defender custom metrics を翻訳したものです。 はじめに IoT アプリケーションとデバイスは多様であり、公益事業、農業、製造、鉱業、家庭用電化製品などの業界全体で使用されています。IoT デバイスの指数関数的増加と脅威の増大は、IoT セキュリティが最初から考慮され、ソリューションに組み込まれている必要があることを意味します。 AWS IoT Device Defender は、IoT デバイスのフリートを保護するのに役立つサービスであり、IoT デバイスを大規模に監査および監視するために使用できます。デフォルトで、このサービスでは、接続パターンの変化、許可されていないエンドポイントまたは想定されていないエンドポイントと通信するデバイス、インバウンドおよびアウトバウンドのデバイストラフィックパターンの変化など、17 のネットワーク関連のメトリクスを監視できます。これらのメトリクスを活用して、IoT デバイスのフリートの監視方法を学ぶことができます。 しかし、デバイスフリートまたはユースケースごとのメトリクスを監視する必要がある際はどうでしょうか?例えば、Wi-Fi ゲートウェイに接続されているデバイスの数、バッテリーの充電レベル、またはデバイスが接続しているドメインなどのセキュリティ関連のメトリクス、デバイスで実行中のアプリケーションまたはプロセスの変更、デバイスの構成の変更、リモートログイン、またはその他のアプリケーション固有の動作の検出などです。

Read More

AWS IoT Device Client を使用して3時間でProof-of-Concept (PoC) IoT ソリューション を構築する

この記事は Syed Rehan によって投稿された Build a proof-of-concept IoT solution in under 3 hours with the AWS IoT Device Client を翻訳したものです。 はじめに IoT を始めたばかりの方もいれば、すでに何千ものデバイスと接続されているという方もいます。IoT ビジネスアプリケーションを構築し、それをデバイスへデプロイしたいと考えている方や、IoT デバイスを制御、更新、監視、または保護するための機能を構築する方法を探していらっしゃる方もいます。様々な状況のお客様にそれぞれのニーズがあります。AWSではこれらの方々のニーズにお答えするため、AWS IoT をご体験いただける「Get Started with AWS IoT Workshop」をご用意しました。ワークショップにはこちらからアクセスください。

Read More