Amazon Web Services ブログ

Tag: spot

Amazon EKS が、マネージド型ノードグループでの EC2 スポットインスタンスのプロビジョニングと管理をサポート

この記事は、Amazon EKS now supports provisioning and managing EC2 Spot Instances in managed node groups を翻訳したものです。 Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) を使用すると、アップストリームのKubernetes を利用した、セキュアで可用性の高いKubernetes クラスターを AWS で簡単に実行できます。2019 年にマネージド型ノードグループがサポートされ、EKS はクラスターの基盤となる EC2 インスタンス(ワーカーノード)をプロビジョニングし、管理できるようになりました。これにより、新しいAMI がリリースされたときにノードをローリングアップデートしたり、Kubernetes バージョンを更新したりといった、運用のための作業が非常に簡単になりました。EKS のマネージド型ノードグループについて詳しく知るには、アナウンス時のブログ及びドキュメントをご参照ください。 AWS public containers roadmap にお客様より寄せられたご要望を受けて、EKS はマネージド型ノードグループをさらに使いやすくするために機能を強化してきました。例えば、カスタムAMI の指定、起動テンプレートの利用といった機能拡張を実施しました。同様に、お客様の関心が高かった機能の一つが、マネージド型ノードグループでスポットインスタンスを起動、管理できるようにするというものです。 Amazon EC2 スポットインスタンスを利用すると、EC2 が予備として確保しているキャパシティーを利用して、大幅な割引価格で EC2 インスタンスを実行できます。 EC2 がこの予備キャパシティーを必要とする際には、スポットインスタンスは 2 分前に通知を受けて中断されることがあります。スポットインスタンスを Kubernetes のワーカーノードとして使用するというのは様々な種類のワークロードで非常によく使われるパターンです。ステートレスなAPI エンドポイントやバッチ処理、ML のトレーニング、Apache Spark […]

Read More

Amazon EC2 スポットインスタンスを利用した Amazon ECSクラスターの起動

この記事は気前よく次の方から寄贈されました。 Chad Schmutzer Solutions Architect Shawn O’Connor Solutions Architect   本日、Amazon EC2 Container Service(Amazon ECS)が、ECSコンソール上から直接 Amazon EC2 Spot Instances上に ECSクラスターを起動させる機能をサポートする事を発表しました。 スポットインスタンスを利用すると、Amazon EC2の余剰コンピュートキャパシティに入札することが出来ます。スポットインスタンスは通常、オンデマンドインスタンスよりも50-90%安い価格です。スポットインスタンス上でECSクラスターを起動することで、既存のコンテナ化されたワークロードの実行コストを削減したり、同じ予算を維持しながら、コンピュートキャパシティを2倍から10倍に増やすことが可能です。もしくは、その両方を実現することもできます! スポットインスタンスを利用する場合、インスタンス時間あたりに支払う価格を指定します。現在のスポットプライスを上回る価格で入札している間、スポットインスタンスは起動します。スポットプライスの上昇によりインスタンスが回収された場合、インスタンスが実行された分の時間は請求されません。 ECSコンソールはスポットインスタンスをデプロイするために、 Spot Fleetを利用します。Spot Fleetは、利用者にとって最も良い価格となる様にスポットインスタンスを起動し、コンテナ化したアプリケーションの為にリクエストしたターゲットキャパシティ(インスタンスやvCPUの数で表現される)をデプロイしようします。スポットプライスや、空き容量の変化によってスポットインスタンスが回収された場合、Spot Fleetはターゲットキャパシティを維持しようとします。 コンテナはSpot Fleetが大きくなる多様なリソースプールに適してします。Spot Fleetを利用すると複数のスポットインスタンスプール(インスタンスタイプとアベイラビリティゾーンの組み合わせ)に渡ってキャパシティをプロビジョニング出来き、アプリケーションの可用性を向上させ、時間経過と共に運用コストを削減できます。ECSが提供する拡張性と柔軟性を備えたコンテナ配置システムとSpot Fleetとの組み合わせはコンテナ化されたワークロードを効率的にデプロイし、わずかなコストであらゆる規模のクラスタを容易に管理できます。 従来は、スポットインスタン上へのECSクラスタのデプロイは手動で行われてました。この記事では、ECSコンソール上からのSpot Fleetとの新しいインテグレーションによって、高い可用性とスケーラビリティをどの様に実現し、コンテナ化したワークロードをどの様にコストを削減するのかを紹介します。また、AWS CloudFormationを利用し、スポットインスタンス上にECSクラスターを構築する方法も紹介します。   スポットインスタンスで実行するECSクラスタの作成 AWS マネージメントコンソールを利用してECSクラスタを作成することが可能です。 Amazon ECSコンソールを開きます。 https://console.aws.amazon.com/ecs/ ナビゲーションパネル上でClustersを選択します。 Clustersページでは、Create Clusterを選択します。 Cluster nameに名前を入力します。 インスタンス設定では、プロビジョニングモデルとしてSpotを選択します。 配置戦略の選択 2つの利用可能なSpet Fleet配置戦略はDiversified戦略かLower price戦略です。 Spot Fleetで選択した配置戦略は、利用可能なスポットインスタンスプールからSpot Fleetをどの様に満たすかを決定します。diversified戦略を使用すると、スポットインスタンスは全てのプールにわたって分散されます。lowest price戦略を選択した場合、リクエストで指定された最低価格のプールから取得されます。 […]

Read More