Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon DocumentDB

MongoDB 互換の新しい Amazon DocumentDB 集計パイプライン演算子: $objectToArray、$arrayToObject、$slice、$mod、$range

 Amazon DocumentDB (MongoDB 互換) は、MongoDB のワークロードをサポートする高速でスケーラブル、かつ可用性に優れた完全マネージド型のドキュメント データベース サービスです。お客様は、基盤となるインフラストラクチャの管理を気にすることなく、現在ご使用のものと同じ MongoDB 向けのアプリケーションコード、ドライバー、ツールを、そのまま Amazon DocumentDB 上で実行や管理をしたり、処理負荷を調整したりするのに使えます。 今日、Amazon DocumentDB は、 5 つの集計パイプライン機能を新たにサポートするようになりました。これにより、ドキュメントで強力な集計を作成できます。新しい機能には、$objectToArray、$arrayToObject、$slice、$mod、$range 集計パイプライン演算子が含まれます。 AWS は日頃からお客様の声に耳を傾け、最もニーズの高い機能を構築し、実用的な機能の互換性を高めています。Amazon DocumentDB のサポート対象の MongoDB API と集計パイプライン機能の詳細については、ドキュメントを参照してください。 このブログ記事では、一般的なユースケースを使用してこれらの新しい集計演算子の一部を紹介し、クイックスタートガイドを提供します。これにより、Amazon DocumentDB でこれらの機能をすぐにご利用開始できます。 配列集計演算子 Amazon DocumentDB では、配列データ型を持つフィールドを含むドキュメントを作成できます。データベースのクエリ言語内でネイティブに配列をクエリおよび操作できると、配列操作をデータベースにプッシュすることでパフォーマンスを向上させ、アプリケーションコードを簡素化できます。このセクションでは、4 つの新しい配列集計演算子 ($arrayToObject、$slice、$objectToArray、$range) の使用方法を説明します。 $objectToArray $objectToArray 集計演算子は、オブジェクト (またはドキュメント) を配列に変換します。演算子への入力はドキュメントで、出力は入力ドキュメントの各フィールドと値のペアの配列要素で構成されます。 $objectToArray の仕組みを理解するために、アイオワ州の架空のビデオレンタルチェーン店のビデオテープの在庫を追跡するデータセットを例に取ります。最初にデータをモデル化して、特定のビデオタイトルごとに店舗在庫を分類しましたが、どの店舗のビデオ在庫が最も多いかを知りたい場合にはどうしたらよいでしょうか。その問いに答えるため、$objectToArray 集計演算子を使用します。 Input: サンプルデータセットの各ドキュメントは個別のビデオタイトルで、各レンタルビデオ店の所在地の在庫を追跡する埋め込みドキュメントが含まれています。 db.videos.insertMany([ { “_id”:1, “name”:”Live Soft”, “inventory”: {“Des Moines”: […]

Read More

2019: Amazon DocumentDB (MongoDB 互換) の 1 年を振り返って

2019 年 1 月 9 日 の Amazon DocumentDB (MongoDB 互換) のリリースと共に、当社の 2019 年が幕を開けました。リリース当初から、当社では皆様からいただいたフィードバックを謙虚に受け止めています。2019 年は、サービスの可用性、規模、およびパフォーマンスの向上を継続すると共に、サービスに追加してほしい機能を元に、要望から逆向きに開発する時間を取りました。 以下は、2019 年のリリースをカテゴリ単位でアルファベット順に分類してから、リリースされた日付け順 (最新リリースが各カテゴリの最上部) に並べたものです。2019 年に起こった Amazon DocumentDB に関する出来事などを把握したり思い出したりする際に、こちらの記事をお役立てください。Amazon DocumentDB でローンチされた機能の中に、皆様がご存知ない機能が見つかるかもしれません。質問がございましたら @josephidziorek までお知らせください。 コンプライアンス Amazon DocumentDB は、最高のセキュリティ基準を満たし、当社のセキュリティ検証を簡単にして、独自の規制およびコンプライアンス義務を満たせるように設計されています。Amazon DocumentDB は、HIPAA 対応に加えて、PCI DSS、ISO 9001、27001、27017、27018、および SOC 1、2、3 に準拠しているという評価をいただいています。 5 月 22 日: Amazon DocumentDB (MongoDB 互換) が SOC 1、2、3 に準拠 この発表により、Amazon DocumentDB は SOC 1、2、3 に準拠したことになります。 12 […]

Read More