Amazon Web Services ブログ

Category: Webinars

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon SageMaker Advanced Session 資料及び QA 公開

先日 (2018/3/13) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon SageMaker Advanced Session」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20190213 AWS Black Belt Online Seminar Amazon SageMaker Advanced Session from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 自動ラベリング機能については、SageMakerのフレームワークに則る必要がありますか?(APIレベルで) A. 自動ラベリング機能は,Image classification,Object detection,Text classificationの3つのビルトインアルゴリズムについて,EC2上で学習とバッチ推論APIとしてお使いいただくことができます. https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/sagemaker/latest/dg/sms-automated-labeling.html Q. Marketplaceでは推論モデルのバージョンアップのタイミングで精度が変化することもあると思いますが、次のバージョンがリリースされる前に試用期間を設けてもらうことは可能でしょうか? A. 出品者のお客様のほうで出品内容については管理されており,AWS側からそう言った制限を設けることは現状できかねます. Q. そのアルゴリズムなどに対する問い合わせは通常のサポート窓口経由ですか? A. サポートにご契約いただいているお客様は,サポートにお問い合わせいただくことができます. Q. DeepRacerって国内でも使えるんですか? A. 日本国内発売開始後,ご利用いただけます. Q. 学習したモデルをデプロイするのではなく、modelファイルとして出力して、別環境にデプロイすることはできますか? A. 学習済みのモデルとその時に使ったスクリプトや・パラメータは全てS3に保存されますので,そこから直接取り出して別環境にデプロイいただけます. https://docs.aws.amazon.com/sagemaker/latest/dg/how-it-works-training.html 今後の AWS Webinar スケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! AWSOME DAY ONLINE CONFERENCE […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon SageMaker Basic Session 資料及び QA 公開

先日 (2019/2/6) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon SageMaker Basic Session」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20190206 AWS Black Belt Online Seminar Amazon SageMaker Basic Session from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. バッチ推論とは何ですか? A. バッチ推論とは、大量の推論対象データに対して、一括で推論処理を行うことを指します。Amazon SageMaker においては、推論用のインスタンスを立ち上げて、S3 から対象データを読み込んで推論を行い、結果を S3 に書き出す形で実現しています。 Q. SageMakerの各コンポーネントで、モデル変換とありましたが、このモデル変換後出てくるモデルの形式は何になりますでしょうか(例:Keras⇒Chainer等) A. モデル変換は、Neo-AI プロジェクトとして OSS で公開されておりますコンパイラによって実施されます。出力形式は、Neo の独自フォーマットとなり、Neo Runtime にて動作いたします。Neo-AI プロジェクトの詳細については、こちらのブロク記事も参照ください。 Q. SDKの基本コード3行目のchainer_estimator.fitはestimator.fitの間違いでしょうか?chainer_estimatorという変数が宣言されていないように思えます。 A. ご指摘の通りです。こちらの資料間違いでご迷惑をおかけして申し訳ありません。公開バージョンの資料では、こちらの間違いは修正いたしました。 Q. SageMakerのハイパーパラメータチューニングについて、通常のGridSearchやベイズ最適化をPythonで組んで実行するのと何か違いはありますか?例えばGridSearchの範囲を指定しなくても最適なものを選んでくれるとか。 A. SageMaker のハイパーパラメタチューニングは、ベイズ最適のみをサポートしています。通常の最適化ライブラリとの違いは、SageMaker […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Identity and Access Management (AWS IAM) Part1 資料公開

本日 (2019/1/29) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Identity and Access Management (AWS IAM) Part1」の資料を公開しました。 20190129 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (IAM) Part1 from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) 今後の AWS Webinar スケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! AWS Black Belt Online Seminar 1月分申込先 ≫ AWS Black Belt Online Seminar 2月分申込先 ≫ AWS […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2019 年 2月)

こんにちは。マーケティングの鬼形です。2 月の AWS Black Belt オンラインセミナーについてご案内させて頂きます。 2月は、新サービスAmazon DocumentDBや2回に渡るAmazon SageMaker特集などを開催します!ぜひお役立てください。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください 公共機関におけるAWSの利活用 2019 年 2 月 5 日 | 12:00 – 13:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ 公共機関においてもAWSの利活用が加速しています。今回は、AWSの利用を推進する中でのセキュリティやコンプライアンス観点でのポイントをお伝えします。 対象者 ビジネスドライバの方 本セミナーで学習できること AWSと公共系コンプライアンス スピーカー 松本 照吾 Security Consultant, Pub Sec   Amazon SageMaker Basic Session 2019 年 2 月 6 日 | 18:00 – 19:00 | […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Redshift Update 資料及び QA 公開

先日 (2018/1/22) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Redshift Update」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20190122 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift Update from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Redshiftアドバイザ実行中、Redhiftのパフォーマンスに影響を及ぼさないでしょうか? A. Redshiftアドバイザのための各種ログ収集は内部的にスケジューリングされて自動実行され、パフォーマンスに影響を及ぼさないように動作します Q. クエリエディタについて質問です。ds2.xlargeでも、将来的に使えるようになるのでしょうか? A. 将来的なことはご回答できませんが、お客様のRequestに答えられるよう活動してまいります​ 今後の AWS Webinar スケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! AWS Black Belt Online Seminar 1月分申込先 ≫ AWS Black Belt Online Seminar 2月分申込先 ≫ 2019 年 1 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Certificate Manager 資料及び QA 公開

先日 (2018/12/19) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Certificate Manager」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 AWS Black Belt Online Seminar 2018 AWS Certificate Manager from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. DNS検証に成功した後、Route53の該当するレコードを削除した場合、証明証の自動更新がされないなどの影響がありますか? A. 影響がございます。こちらをご確認ください。 Q. RDSにSSL証明書があると思いますが、ACMで管理できるものですか?妄想的な質問で恐縮ですが、自動で更新されると良いかと思いまして A. ACMの管理対象ではありませんが、RDSの機能でメンテナンスウィンドウで自動更新されますが、RDSに接続するクライアント側で対応が必要な場合があります。 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonRDS/latest/UserGuide/UsingWithRDS.SSL.html Q. ACMで使えるドメインを教えてください A. 下記よくある質問の内容をご確認ください。 よくある質問では、複数ドメイン対応、ワイルドカードドメイン、ドメインに利用できる文字形式についての質問を掲載しております。 今後の AWS Webinar スケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! AWS Black Belt Online Seminar 1月分申込先 ≫ Redshift […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern 資料及び QA 公開

先日 (2018/12/25) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 「時系列データが必要なアプリケーション」のスライドで GSIKey Rand(0-N) というのがありましたが、これはどのような目的がありますか? A. こちらにあるような形で、書き込み後の検索効率向上の為のテクニックになります。 今後の AWS Webinar スケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! AWS Black Belt Online Seminar 1月分申込先 ≫ Redshift Recently Features Update 2019 年 […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2019 年 1月)

こんにちは。マーケティングの鬼形です。1 月の AWS Black Belt オンラインセミナーについてご案内させて頂きます。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください 1月のスケジュール Redshift Recently Features Update 2019 年 1 月 22 日 | 12:00 – 13:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆ Amazon Redshift は、高速でスケーラブルなフルマネージド型のデータウェアハウスサービスです。このセミナーでは、Redshift の概要やアーキテクチャのご説明と、re:Invent2018 で発表された Concurrency Scaling 機能を含めた最新のアップデート情報をお伝えします。 対象者 技術者の方 本セミナーで学習できること Amazon Redshift の概要 最新アップデート情報 スピーカー 大薗 純平 Solutions Architect   AWS Identity and Access Management (IAM) […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Sumerian 資料及び QA 公開

先日 (2018/12/18) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Sumerian」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon Sumerian from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. CADで作成した3DモデルをAWS外からインポートする機能はありますか? A. CADから3Dモデルを出力する形式にもよりますが、CADから出力したものを一度Unityなどに取り込んでいただいた後に、Unityからさらにfbxまたはobjの形式で出力していただくことで取り込むことは可能です。ただし取り込みによってモデルが崩れる可能性があるので、個別に検証頂けるようお願いします。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Connect 資料及び QA 公開

先日 (2018/12/14) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「おまたせしました! 東京リージョンローンチ 記念! Amazon Connect アップデート」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon Connect from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q1. 0~abj番号を使えるようになりますか? A:ブラックベルト資料の「よくある質問」の中の「電話番号の制限事項(東京リージョン)」をご参照ください。 Q2. 03番号は取得できますか? A:東京リージョンにて取得可能です。ブラックベルト資料の「東京リージョンで利用できる電話番号」をご参照ください。 Q3. 現在使っている電話番号を継続して使う場合はどうしたらいいですか? A:番号の持ち込みは現時点で未対応となっております。ブラックベルト資料の「電話番号の制限事項(東京リージョン)」をご参照ください。 Q4. NTT等で取得済みのフリーダイヤルはそのまま使用、もしくは転送する事は可能でしょうか?? A:ブラックベルト資料の「電話番号の制限事項(東京リージョン)」をご参照ください。 Q5. セキュリティプロファイルは追加できますか? A:追加可能です。Connectインスタンスからメニューを「ユーザー」→「セキュリティプロファイル」とたどることで新しいセキュリティプロファイルを追加することが出来ます。 Q6. 任意の権限種類を追加できるかどうか知りたいです A:セキュリティプロファイルを追加する事で可能です。Q5の回答をご参照いただけますでしょうか。 Q7. ソフトフォン以外にも対応していますか? A:ハードフォン(デスクフォン)をご利用できますが、各AgentのCCPにて、転送する外線電話番号を設定する事で、Amazon Connectからハードフォンに外線転送する方式となります。 内線電話機をSIP等で直接接続する事はできません。 Q9. ハードフォンが使えるというのは、そのハードフォンのPSTNへAmazon […]

Read More