Amazon Web Services ブログ

Category: Webinars

Amazon Connect が東京リージョンに対応しました。Webinarも緊急開催!

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 Amazon Connect が東京リージョンに対応しました。 Amazon Connect は、セルフサービスのクラウド型コンタクトセンターであり、大型のインフラ投資なしでコールセンターを立ち上げることができるサービスです。 セルフサービス式のグラフィカルインターフェイスを用いることで、対応フローの設計、スタッフの管理、業績指標の追跡が簡単にできます。 Amazon Connectはオーストラリアリージョンで、日本向けのサービスが今まで提供されており、050,0800の番号が利用可能でしたが、新たに0120が利用できるようになっています。 0AB〜J番号の「03」は利用者(企業もしくは本人確認)の確認が必要となるため、Support Caseから申請を上げていただく必要があります。こちらからお願いいたします。 ハンズオンイベントの開催なども企画しておりますので、また皆さんにご案内したいと思います。取り急ぎ、以下のWebinarにご登録ください。 東京リージョンでのご利用価格はこちらにあります。   【AWS Black Belt Online Seminar】おまたせしました! 東京リージョンローンチ 記念! Amazon Connect アップデート 2018 年 12 月 14 日 | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆ Amazon Connect は、セルフサービスのクラウド型コンタクトセンターサービスです。長らくお待たせしておりましたが、12/11、遂に東京リージョンにローンチしました!これに合わせて、Amazon Connectの基本機能、最近のアップデート情報、東京リージョン関連機能についてデモを交えてご紹介します。 対象者 コールセンターの構築・移設を検討されている方。 そのようなプロジェクトに関わるエンジニアの方。 本セミナーで学習できること Amazon Connectの概要とそのメリット、機能/価格体系、最新Update、よくあるご質問 […]

Read More

Happy Coding Dojo 開催のお知らせ ~オンラインで気軽に視聴できます~

Amazon Web Service Japan の Solutions Architect 3人を中心にウェブ開発、プログラミング、モバイル、AWS にフォーカスした、Happy Coding Dojo を開催します。Tech 面では AWS の話はもちろんなんですが、Microservicesとか世間の流行りなどアプリケーション開発にまつわる話全般をお題に幅広めにやっていきます。また、AWS 関連ではアプリ開発者向けの新機能や新サービスをライブコーディングなど交えつつ紹介したり、私見を交えつつ紹介したり(あくまでも私見です!)、ときに視聴者の皆さんからの質問やコメントを拾いつつインタラクティブにライブでお届けします。オンラインでライブ配信しますので、気軽に参加可能です。Let’s Happy Coding! 開催日時: 2018 年 12 月 12 日(水)18:00 – 19:00 形式: オンライン お申し込みはこちら >>

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS re:Invent 2018 アップデート速報 資料及び QA 公開

先日 (2018/11/30) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS re:Invent 2018 アップデート速報」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 【12/5 最新版】AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Invent 2018 アップデート情報 AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Transit Gatewayが出たことによってvpc peeringは不要になりますか? A. 不要にはなりません。Transit GatewayはVPC Peeringを置き換えるものではありません。 例えば単純に2つのVPCの接続したい場合は、VPC Peeringを使うのが簡単な解決方法です。 今後もVPC Peeringはご利用いただけますので、使い分けを意識してみてください。 Q. Transit Gatewayの制限事項はご紹介して頂いた以外にどういったものがありますでしょうか。 A. Webinar中は概要をお伝えすることしかできず、すみませんでした。 リリースされたばかりなのでまだ翻訳が追いついていないのですが、FAQとドキュメントをご一読ください。 海外リージョンでは利用できますので、試してしまうのも良い手です。 Q. FSx for WindowsはWorkspaces経由で使えるのですが、Dx経由では使えないのでしょうか。 A. 現時点ではこちらに記載のあるクライアントがサポートされています。 残念ながら現在はDirect Connect経由での接続には対応しておらず、開発を進めている状況にありますのでしばしお待ちください。 Q. License Managerでは、エージェント無しでライセンス利用の有無を自動で検出してくれるのですか? A. EC2インスタンスについては、マーケットプレイスで起動できるBYOLのAMIや、EC2起動テンプレート、CloudFormationテンプレートなどと紐付けることでエージェントなしでライセンス使用量のカウントができます。 (実際に使っているソフトウェアを認識してくれるわけではないので、自動検出とは少しイメージが違います) AWS […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS CloudFormation アップデート 資料及び QA 公開

先日 (2018/11/28) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS CloudFormation アップデート」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 AWS Black Belt Online Seminar AWS CloudFormation アップデート AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q.AMIのリストをテンプレートに作り、マネジメントコンソールで選択することができますが、VPC-ID、Subnet-IDも可能でしょうか? A.可能です。 Parameters セクションの Type に AWS::EC2::VPC::Id や AWS::EC2::Subnet::Id を指定すると、マネジメントコンソールでスタックを作成する際にユーザのアカウント内の VPC ID や Subnet ID のリストが表示され、その中から選択することができます。テンプレート内やスタック作成時に手動で ID を入力する必要はありません。   Q.Subnet-IDから、自動でそのリージョンに対応したCentOSのAMI-IDを参照して、作成させることは可能ですか? A.可能です。 AMI ID はリージョンに紐づきます。自分で作成した AMI の場合は、リージョン名と AMI ID のマッピングを作成することで実現可能です。擬似パラメータ AWS::Region でリージョン名を取得し、マッピング情報から AMI ID […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS 認定クラウドプラクティショナー取得に向けて 資料及び QA 公開

先日 (2018/11/27) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS 認定クラウドプラクティショナー取得に向けて」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 AWS Black Belt Online Seminar AWS 認定クラウドプラクティショナー取得に向けて その他過去の資料はこちらをご覧ください Q.模擬試験は、課金後の受験は1回限りでしょうか。それとも繰り返し受験できるのでしょうか。 A.各試験、一回限りになります。同じ模擬試験を二回以上は受験できません。   Q.支払いについて、会社への請求書払いはあるのでしょうか。 A.お支払方法は、個人でご購入いただく際は、現時点ではお申し込み時のクレジットカード払いのみになります。 なお、お支払い時のクレジットカードは、Visa、MasterCardまたはAmerican Expressです。   Q.パスポート、免許証を持っていない場合は身分証明書は、健康保険証以外に何が必要でしょうか。 A.マイナンバーカードなどが候補になりますが、公的な機関が発行した写真入りの証明書をご用意いただく必要があります。 今後の AWS Black Belt Online Seminar のスケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! 11月分申込先 ≫  12月分申込先 ≫ AWS CloudFormation アップデート 2018 年 11 月 28 日 | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Key Management Service (KMS) 資料公開

先日 (2018/11/21) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Key Management Service (KMS)」の資料を公開しました。 AWS Black Belt Online Seminar AWS Key Management Service (KMS) 過去資料はこちらをご覧ください。 今後の AWS Black Belt Online Seminar のスケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! 11月分申込先 ≫  12月分申込先 ≫ AWS CloudFormation アップデート 2018 年 11 月 28 日 | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ AWS re:Invent 2018 アップデート速報 2018 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Direct Connect 資料及び QA 公開

先日 (2018/11/14) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Direct Connect」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 AWS Black Belt Online Seminar AWS Direct Connect その他の過去資料はこちら Q. Public VIFを使ってオンプレから通信する場合、AWSから提供される/31のグローバルIPにNATする必要があると思いますが、それは利用者側のNW機器で行う必要がある認識で合っていますでしょうか? A. はい。認識合っております。利用者側のNW機器でNATをお願いいたします。 Q. ホスト接続、共有型のものと利用シーンが同じと思ったのですが、何か違いはありますでしょうか? A. ほぼ同じです。共有型の場合は帯域がほかのお客様と共有され、パートナーにより帯域がギャランティされるかどうかは異なります。ホスト接続は帯域がAWSとパートナーにより保証されます。また、共有型では仮想インターフェイスの設定はパートナーが行いますが、ホスト接続の場合はお客様にてセルフサービスで実施していただく必要があります。 Q. DirectConnectGatewayの利用有無による金額変動はありますか? A. 追加料金はかかりません。Direct Connect Gatewayの追加によりリモートリージョンへの転送料金が追加になっておりますので詳しくは料金表をご参照ください。 今後の AWS Black Belt Online Seminar のスケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! 11月分申込先 ≫  12月分申込先 ≫ AWS Key Management Service (KMS) 2018 年 11 月 21 日 | 18:00 – […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2018 年 12月)

こんにちは。マーケティングの鬼形です。12 月の AWS Black Belt オンラインセミナーについてご案内させて頂きます。 12 月は、Amazon AthenaやAWS Certificate Managerなど各サービスの最新情報他、Amazon DynamoDB Advanced Design Patternでは普段お使いの皆さまに向け利用のヒントになるような情報をお届けします!ぜひお役立てください。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください Amazon Athena 2018 年 12 月 5 日 | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆ Amazon Athena は、S3 上のデータに対して直接 SQL を実行することができるサービスです。このセミナーでは、Athena の概要やアーキテクチャの説明,最適なクエリの実行方法やアーキテクチャパターンについて、リリースしてから 2 年間の間のアップデートも含めてお伝えします。 対象者 技術者の方 本セミナーで学習できること Amazon Athena の概要 Amazon Athena の効果的な使い方、システムアーキテクチャ スピーカー 志村 誠 […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2018 年 11 月)

こんにちは。マーケティングの鬼形です。11 月の AWS Black Belt オンラインセミナーについてご案内させて頂きます。 11月は、オンラインセミナーで初めて取り上げる AWS Amplify、11月末に開催される AWS re:Invent 2018 のアップデート速報他、さまざまなセミナーをご用意しております!ぜひお役立てください。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください AWS Amplify 2018 年 11 月 7 日 | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ AWS Amplify はクラウド対応アプリケーションを構築するフロントエンドおよびモバイル開発者向けのJavaScriptライブラリです。これを利用することで アプリケーションから非常に簡単に AWS のリソースを利用することができます。 デモを交えながら Amplify の使い方や、できることを紹介させていただきます。 対象者 フロントエンド・サーバーサイドのアプリケーションデベロッパー、プログラマー GraphQL、React、Serverless等に興味のある方 本セミナーで学習できること AWS Amplifyの特徴および活用方法について学ぶことができます。 スピーカー 塚越 啓介 Solutions Architect   AWS Direct Connect 2018 年 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon QuickSight アップデート:一般公開後に追加された特徴的な新機能 資料及び QA 公開

先日 (2018/8/1) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon QuickSight アップデート:一般公開後に追加された特徴的な新機能」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180801 AWS Black Belt Online Seminar Amazon QuickSight アップデート PDF Q. DynamoDBやESなどで溜め込んでいる注文情報などをS3などに定期的に吐き出していく(吐き出すたびに別ファイル)場合でも、今回の紹介された形で定期的にリフレッシュするなどして読み込めますか?それともRDSなどに一度入れないと行けないでしょうか? A. QuickSight用のマニフェストファイルを作成し、 “URIPrefixes”で、バケットやプリフィックスを指定しておくと、その中にある複数のファイルをまとめて1つのデータセットとして扱うことが可能です。バケットにファイルを追加した後に、そのデータセットをREFRESHしてSPICEを更新すると、新しいデータがデータセットに追加されます。また、Athenaをつかっても、上記が実現可能です。データ規模が大きい場合はAthenaの方がフィットするケースも多いと考えられます。 参考:マニフェストファイルの書き方 Q. ダッシュボードは外部サイトなどに埋め込んで閲覧させることはできますか A. ダッシュボードをサイトに埋め込むことはできません。また、ダッシュボードの閲覧にはかならずQuickSightへログインできる必要があるため、企業ホームページのような、だれもがアクセスする外部サイトに使う用途での利用は難しいといえます。 Q. 例えばオンプレではなく、複数契約のレンタルサーバーに格納されているDBのデータをAWSに集約して、QuickSightで分析したい場合、集約の方法としてどのような方法・手段で行うのが一番良いでしょうか。 A. 集約の方法としては、データソースがRDBであれば、AWSのDMS (Database Migration Service)を使うことでAWSへのレプリケーションを実現可能です。もしくはファイルとしてダンプして、S3に転送するという方法も考えられます。AWS上に集めたあとはS3に集約してAthenaで検索する、もしくはRedshift(DWH)に格納する等の方法でデータソースを作成することがかんがえられます。 以上です。 今後のWebinar情報 AWS Innovate Japan 2018 AWS Innovate は、AWS のラーニングを目的とした日本初開催の大規模オンラインカンファレンスです。お客様は時間や場所の制約にとらわれず、Machine Learning、IoT、コンテナ、IT基礎、ソリューションなどのセッションに自由に参加できます。AWS Innovate は 36 のセッションからなり、初心者も上級者も AWS クラウドを活用してビジネスを構築し変革するのに必要な知識が包括的に学べるよう設計されています。8/28、9/4、9/11 に用意されたライブ開催では、AWS エキスパートによるQAも用意されています。 […]

Read More