Amazon Web Services ブログ

Tag: Elastic Network Interface

VMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWSデータストアのAWS Analyticsサービスとの統合方法

AWSでSpecialist Solutions Architectを務めるBalakrishnan NairとPartner Solutions Architectを務めるKiran Reidによる記事です。 オンプレミスでVMwareを稼働させているお客様は、VMware Cloud on AWSをハイブリッドクラウド戦略に取り入れることでAWSグローバルインフラストラクチャを使えるという非常に大きなメリットを得ようとしています。 一方で、AWS Analyticsサービスはお客様のエンタープライズデータベース、データレイク、ログファイルレポジトリにあるデータからビジネス価値を創出する手段を提供します。 データ分析ソリューションの主な流れは以下です。 ソースから未整形の状態のデータを取り出します。これはテキスト、数値、ビデオファイルなどです。 データを整形しデータベースやデータレイクなどのストレージソリューションに格納します。 分析、洞察のために収集、ノイズ除去されたデータを可視化します。 お客様のデータセンターではファイルサーバー、FTPサーバー、データベース、ログなどの様々な異なるソースやアプリケーションからデータが生成され、なおかつこれらはビジネスにとって極めて重要なデータを含みます。 有用なデータの管理と抽出はお客様にアドバンテージをもたらし、また遵守しなければならない特定の企業コンプライアンス要件にも合致する可能性があります。 VMware Cloud on AWSへ移行中のお客様の中には、非構造化データを含むファイルシステムを扱うワークロードの移行を考えている方もおられるかもしれません。これらのファイルシステムは有用なビジネスデータを生み出す貴重なソースとなり得ますが、データセットからどうやって意義のある洞察を得るかを決めづらくする原因ともなり得ます。 本稿ではVMware Cloud on AWSがどのようにこういったデータセットをAWS Analyticsサービスの近くに配置し、これらのサービスを利用してより容易にビジネスデータから有用な洞察を引き出せるかをガイドします。

Read More

AWS Direct ConnectとVMware Cloud on AWSの統合

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、AWSグローバルインフラストラクチャ上でVMware vSphereワークロードを実行できます。つまり、VMware Cloud on AWSが利用可能なすべてのAWSリージョンでvSphereワークロードを実行できます。 お客様は、ワークロードの一部をオンプレミス稼働させ、一部をVMware Cloud on AWSで稼働させるハイブリッドクラウドアーキテクチャの実装を選択する事ができます。 ハイブリッド実装において、お客様がオンプレミスとVMware Cloud on AWSネットワーク間の通信を許可するように接続を設定する設計パターンが見られます。 お客様は、ハイブリッドクラウド接続を実装するために、仮想プライベートネットワーク (VPN)やAWS Direct Connectなどのさまざまな方法を使用します。 本稿では、お客様がAWS Direct Connectを活用して、どうオンプレミスのVMwareインフラストラクチャとVMware Cloud on AWS間のハイブリッド接続を確立するか、AWS Direct Connectで耐障害性を達成する為のベストプラクティス、そして私たちがなぜそれを推奨するかについて説明します。

Read More