AWS を使用したクラウドコンピューティング

仮想サーバーホスティング、コンテナ管理、およびサーバーレスコンピューティング

組織の構築と運営は、エンタープライズ、クラウドネイティブ、またはモバイルアプリケーションを構築しようとしている場合でも、ヒトゲノム配列の解読のために大規模なクラスターを実行しようとしている場合でも、コンピューティングから始まります。AWS は包括的なコンピューティングサービス群をお届けし、お客様が世界で最も強力で、セキュア、革新的なコンピューティングクラウドでそのアプリケーションを開発、デプロイ、実行、スケールできるようにします。

クラウドインフラストラクチャーサービス部門に関するマジック・クアドラント、全世界版では、クラウド IaaS の世界市場におけるベンダー 6 社を評価しています。アマゾン ウェブ サービスは、最大の実行能力を発揮し最高のビジョンを達成したことが評価され、9 年連続でリーダークアドラントに輝きました。 

200+

ほとんどすべてのビジネスニーズに対応できるインスタンス

3x 

前年から見て 2018 年にリリースされたインスタンスは

100 Gbps

利用可能な最大イーサネットパフォーマンス

7x

ダウンタイム時間になりました*

何億

毎週 AWS で立ち上げられるコンテナ

>50%

AWS で実行されている Kubernetes ワークロード

*大手クラウドプロバイダーのパブリックサービスヘルスダッシュボードから直接プルされた 18/1/1~18/12/31 のダウンタイムに基づいています。

AWS コンピューティングを選んでいただく理由

弊社のビジョンは世界のコンピューティングプラットフォームとなることであり、実際にあらゆるワークロードとビジネスニーズをサポートするためグローバル規模で投資とイノベーションを行っています。必要なものすべてを含んだ、より簡単で、より高速な、そしてより効率的なプラットフォーム構築に取り組んでいます。 AWS では、妥協する必要はありません。

最も広範で層の厚いプラットフォーム

AWS では、他のどのクラウドプロバイダーよりもはるかに幅広いサービスを取り揃えています。さらに、大多数のサービスがはるかに奥深い機能性を備えています。Linux と Windows を搭載したオペレーティングシステムと、Intel、AMD、NVIDIA、および AWS 製の Graviton を搭載したプロセッサの選択が可能です。HPC、ビッグデータ、分析などの特定のニーズに合わせて汎用または最適化したインスタンスの幅広い選択肢だけでなく、ベアメタル、接続ストレージ、拡張ネットワーキングを備えた新しい機能を提供しています。弊社の革新のペースを速める原動力となってきたのが、AWS Nitro System です。このおかげで、AWS が弊社の仮想化インフラストラクチャを再構成してくれました。Nitro System によって、コストをさらに減らし、セキュリティの向上や新しいインスタンスなどの利点を加えることができます。

業界をリードするセキュリティとガバナンス

AWS では 210 のセキュリティ、コンプライアンス、ガバナンスに関するサービスおよび主要機能をご用意しています。2 番目に大きいクラウドプロバイダーより約 40 多い数です。また、89 のセキュリティ標準およびコンプライアンス認定もサポートしています。PCI-DSS、HIPAA/HITECH、FedRAMP、GDPR、FIPS 140-2、NIST 800-171 等、他のどのクラウドプロバイダーよりも多くのサポート数には、高い実利性があります。暗号化については、お客様のデータを保存する AWS のサービスすべてでデータ暗号化が可能です。暗号化をサポートする AWS のサービス数は 116 におよび、次点のクラウドプロバイダーの 3 倍にのぼります。 Nitro System は、セキュリティを向上させます。ハードウェアやファームウェアの継続的な監視と保護、攻撃対象を最小限にするための仮想化リソース負荷の専用ハードウェアとソフトウェアへの分散、ロックトダウンのセキュリティモデル提供などを行うのです。

ワールドクラスのネットワークとストレージ

当社は 100 Gbps の大洋横断ケーブルで 187 ヶ所の拠点を接続する最大規模のグローバルネットワークを構築し、場所を問わず世界中にお客様のアプリケーションやコンテンツを、プライベートネットワークにより配信しています。C5n および P3dn インスタンスでは、100 Gbps のネットワーキングスループットを提供するコンピューティングインスタンスを持つ唯一のクラウドプロバイダーでもあります。これが、どの他社よりも多くの HPC および機械学習ワークロードが AWS で実行される理由の 1 つです。AWS は Amazon EC2 インスタンスストレージ、Amazon Elastic Block Store (EBS)、Amazon Elastic File System (EFS)、Amazon S3 を含め幅広いストレージオプションをご用意しています。

コストと複雑さを管理するツール

Amazon Lightsail は AWS を開始する最も簡単な方法です。使用量が増えても、Amazon EC2 スポットインスタンスを使用すればコストを最大 90% 削減したり、ビッグデータ、コンテナ、ウェブサービス、CI/CD などのフォールトトレラントなワークロードのパフォーマンスを加速したりできます。AWS はハイパフォーマンスコンピューティングを実現するための、最も柔軟でスケーラブルなプラットフォームを提供します。AWS Thinkbox Deadline、Amazon EC2、Amazon FSx などの AWS クラウドストレージオプションなどを使用することで、レンダリング、仮想ワークステーション、データストレージをグローバルに拡張し、クリエイティブスタジオをクラウドにデプロイできます。

どこでもコンピューティング可能

21 のリージョンに 66 のアベイラビリティーゾーン (AZ) を持つ AWS は、高可用性を必要とするワークロードの実行に最適のグローバルインフラストラクチャをご用意しています。AWS では、2 番目に大きいクラウドプロバイダーと比較しても、多くのアベイラビリティーゾーンがあるリージョンを 2 倍以上提供しています (21 vs.8)。これが 1 つの理由で、2018 年における AWS のダウンタイムは 2 番目に大きいクラウドプロバイダーの 7 倍となりました *。Snowball Edge、VMware Cloud on AWS、AWS Outposts など、エッジコンピューティングとハイブリッドクラウドのオプションを提供しています。AWS Outpost では、ネイティブの AWS サービス、インフラストラクチャ、運用モデルを事実上すべてのオンプレミス施設に装備できます。

*大手クラウドプロバイダーのパブリックサービスヘルスダッシュボードから直接プルされた 18/1/1~18/12/31 のダウンタイムに基づいています。

AWS Nitro System

AWS Nitro System は AWS による革新のスピードを上げ、お客様のコスト削減をさらに進めながら、セキュリティの向上や新しいインスタンスタイプの提供といったさらなるメリットを実現します。AWS は弊社の仮想化インフラストラクチャを完全に再構成しました。従来のハイパーバイザーは物理的なハードウェアとバイオスを保護し、CPU、ストレージ、ネットワーキングを仮想化し、豊富な管理機能を提供します。Nitro System が加わったことで、そのような機能を分割し、専用のハードウェアとソフトウェアに負荷を分散できます。また、サーバーのすべてのリソースを顧客に届けることでコストを減らします。

Nitro System は、Nitro Cards、Nitro Security Chip、Nitro Hypervisor という 3 つの主要部分から構成されています。Nitro Cards は、VPC、EBS、インスタンスストレージなどの機能の負荷を減らし、IO を加速し、最終的にはシステムの全体的パフォーマンスを上げる一群のカードです。Nitro Security Chip は、攻撃面積を最小限に押さえるセキュリティの最も高いクラウドプラットフォームを可能にします。仮想化機能とセキュリティ機能の負荷が専用のハードウェアとソフトウェアに分散されるためです。また、ロックトダウンのセキュリティモデルにより、Amazon の社員も含め、あらゆる管理アクセスが禁止されます。人間によるエラーや改ざんの可能性をなくします。Nitro Hypervisor は軽量のハイパーバイザーであり、メモリと CPU の割り当てを管理し、ベアメタルと区別がつかないパフォーマンスを届けます。

クラウドコンピューティングサービス

product-icon_Amazon_EC2_icon_squid_ink_125
Amazon EC2

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) は、サイズを変更できるクラウドベースのコンピューティング能力を、EC2 インスタンスの形で提供する、仮想サーバーと同等の柔軟なサービスです。

詳細 »

product-icon_Amazon_Lightsail_icon_squid_ink_125
Amazon Lightsail

Lightsail は、仮想サーバー、ストレージ、マネジド型データベース、DNS 管理、静的 IP アドレスなど、アプリケーションやウェブサイトの構築に必要なすべてを低価格で予測可能な価格で提供する、使いやすいクラウドプラットフォームです。

詳細 »

product-icon_Amazon_ECS_icon_squid_ink_125
Amazon ECS

Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) は、Docker コンテナをサポートする拡張性とパフォーマンスに優れたコンテナオーケストレーションサービスです。これにより、コンテナ化されたアプリケーションを AWS で簡単に実行およびスケールできます。

詳細 »

 

product-icon_AWS_Fargate_icon_squid_ink_125
AWS Fargate

AWS Fargate は、サーバーレスコンテナを実行するためのコンテナ管理サービスです。コンテナを実行する仮想マシンのクラスターのプロビジョニング、設定、拡張について心配する必要はありません。Fargate を使用すれば数秒で数万個のコンテナを起動し、拡張が簡単にできるため、最もミッションクリティカルなアプリケーションを実行することが可能です。

詳細 »

product-icon_AWS_Lambda_icon_squid_ink_125
AWS Lambda

AWS Lambda を使用することで、サーバーのプロビジョニングや管理をすることなく、コードを実行できます。課金は実際に使用したコンピューティング時間に対してのみ発生し、コードが実行されていないときには料金も発生しません。Lambda を使用すれば、実質どのようなタイプのアプリケーションやバックエンドサービスでも管理を必要とせずに実行できます。

詳細 »

 

AWS コンピューティングのニュース

新規 - AWS Outposts を使用してオンプレミスで AWS インフラストラクチャを実行する

2019 年 9 月 11 日
 
開発中 – NVIDIA T4 GPU 搭載の EC2 インスタンス (G4)

2019 年 3 月 18 日

本日より利用可能 – 新しい 5 つの Amazon EC2 ベアメタルインスタンス: M5、M5d、R5、R5d および z1d

2019 年 2 月 14 日

 
新機能 – 100 Gbps ネットワークとローカル NVMe ストレージを搭載した EC2 P3dn GPU インスタンスでさらに高速な機械学習と P3 価格引き下げ

2018 年 12 月 7 日

 
re:Invent 2018 での AWS の立ち上げ、プレビュー、および事前発表 – Andy Jassy 氏による基調講演

2018 年 11 月 28 日

 

アナリスト調査

1

クラウドコンピューティングユースケース

Amazon EC2

一般的なユースケース:

  • ビッグデータ (Hadoop、Spark など)
  • データベースソフトウェア (Aurora、DynamoDB など)
  • エンタープライズアプリケーション (SAP、Oracle、SharePoint など)
  • BYOL を含むオンプレミス環境からの移行
  • オープンソースのクラスター管理

Amazon Lightsail

一般的なユースケース:

  • シンプルなウェブアプリケーション
  • カスタムコード、WordPress、e コマースを含むウェブサイト
  • 単一サーバーのビジネスソフトウェア
  • 開発/テスト環境
  • インスタンス、ロードバランサー、データベースを含むオールインワンソリューション

Amazon Container Services

一般的なユースケース:

  • Machine Learning
  • マイクロサービス
  • バッチ処理
  • ウェブアプリケーション

AWS Lambda

一般的なユースケース:

  • ウェブアプリケーション
  • モバイルバックエンド
  • IoT バックエンド
  • ストリーム処理ワークロード
  • ファイル処理ワークロード

クラウドコンピューティングの詳細

Amazon EC2

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) は、サイズ変更可能なクラウドベースのコンピューティング能力を EC2 インスタンスの形で提供する、仮想サーバーと同等の柔軟なサービスです。インスタンスは 1 つ起動させることも、同時に数千起動させることもでき、使用した分に対してのみ支払いをするため、ウェブ規模のクラウドコンピューティングが容易になっています。さまざまなユースケースに合わせて最適化された幅広い種類のインスタンスと、インスタンスの支払い方法の選択肢が用意されているので、コストを最小限にするのと同時にビジネスニーズに基づいてアプリケーションを最適化できます。 EC2 スポットインスタンスは、与えられた EC2 の容量を節約します。オンデマンドと比較すると、最大 90% のディスカウントになります。EC2 スポットインスタンスは、ビッグデータ、コンテナ、ウェブサービス、CI/CD などのフォールトトレラントなワークロードと共に使用し、コストを下げたり、パフォーマンスを加速したりできます。

一般的なユースケース:

  • ビッグデータ (Hadoop、Spark など)
  • データベースソフトウェア (Aurora、DynamoDB など)
  • エンタープライズアプリケーション (SAP、Oracle、SharePoint など)
  • BYOL を含むオンプレミス環境からの移行
  • オープンソースのクラスター管理
Amazon Lightsail

Amazon Lightsail は、AWS を利用して仮想プライベートサーバーを立ち上げて管理するための最も簡単な方法です。Lightsail にはプロジェクトをすばやく開始するために必要なものがすべて含まれており、仮想マシン、SSD ベースのストレージ、データ転送、DNS 管理、静的 IP アドレスが予測可能な低価格で提供されます。直感的なコンソールから、構成済みのオペレーティングシステムとアプリケーションのイメージを数秒で起動し、簡単にリソースを管理できます。アプリケーションに、マネージドデータベースやコンテンツ配信ネットワークを始めとした数十種類の高度な機能が必要な場合は、これらの追加の AWS のサービスを Lightsail サーバーに接続できます。Lightsail のプランは月額わずか 5 USD からです。

一般的なユースケース:

  • シンプルなウェブアプリケーション
  • WordPress のブログとウェブサイト
  • E コマースのウェブサイト
  • 単一サーバーのビジネスソフトウェア
Amazon Container Services

Amazon Container Services では本番環境でコンテナをデプロイ、管理、および拡張するのに役立つ幅広い製品をご用意しています。AWS Fargate を使用してサーバーレスコンテナを実行することで、コンテナを実行する仮想マシンのプロビジョニング、設定、拡張について心配する必要はありません。Amazon ECS を使用すると、コンテナを実行している仮想マシンを柔軟に操作できるようになり、Fargate が持つあらゆる利点が得られます。最後に Amazon EKS ではコンテナ化したアプリケーションのデプロイ、管理、拡張を Kubernetes を使用して AWS で簡単に実行できます。

一般的なユースケース:

  • Machine Learning
  • マイクロサービス
  • バッチ処理
  • ウェブアプリケーション
AWS Lambda

AWS Lambda を使用することで、サーバーのプロビジョニングや管理をすることなく、コードを実行できます。課金は実際に使用したコンピューティング時間に対してのみ発生し、コードが実行されていないときには料金も発生しません。Lambda を使用すれば、実質どのようなタイプのアプリケーションやバックエンドサービスでも管理を必要とせずに実行できます。コードさえアップロードすれば、高可用性を実現しながらコードを実行およびスケーリングするために必要なことは、すべて Lambda により行われます。コードは、他の AWS サービスから自動的にトリガーするよう設定することも、ウェブやモバイルアプリケーションから直接呼び出すよう設定することもできます。Lambda はサーバーレスコンピューティングの中核であり、サーバーについて悩むことなくアプリケーションやサービスの構築と実行が可能になります。

一般的なユースケース:

  • ウェブアプリケーション
  • モバイルバックエンド
  • IoT バックエンド
  • ストリーム処理ワークロード
  • ファイル処理ワークロード
Next-Steps-Icon_Blog
ブログを読む

ブログのコンピューティングカテゴリーの詳細はこちら

表示 »

Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます

無料でお試しください »

*本図表は、Gartner, Inc の発行物の一部であり、評価するには発行物全体をご覧いただく必要があります。Gartner のドキュメントを入手するには、AWS にお問い合わせください。

Gartner は、リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価やその他の認定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。Gartner のリサーチの発行物は、同社のリサーチ組織の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartner は、明示または黙示を問わず、商品性や特定目的への適合性を含め、このリサーチに対して一切の保証を行いません。

Gartner: クラウドインフラストラクチャサービス部門におけるマジッククアドラント、全世界版。Raj Bala、Bob Gill、Dennis Smith、David Wright、2019 年 7 月。ID G00365830.
2018 年 7 月 31 日、Raj Bala、Julia Palmer、Gartner Magic Quadrant for Public Cloud Storage Services, Worldwide
2019 年 6 月、Dennis Smith、Bob Gill、Raj Bala、David Wright、Gartner Critical Capabilities for Public Cloud Infrastructure as a Service, WorldwideID G00365961