Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)

使用されていないAmazon EBSボリュームを削除してAWSのコストをコントロールする

業界や業種を問わず、お客様にとってコスト管理は最優先事項の1つです。 EBSボリュームのライフサイクルの可視性が十分でないと、未使用のリソースに対してコストが発生する可能性があります。 AWSはコスト管理のサービスを提供しており、コスト情報へのアクセス、コストの理解、コストの制御、およびコストの最適化を行えるようにしています。 未使用、および管理が行き届いていないAmazon EBSボリュームは、AWS のコストに影響します。 EBSボリュームのライフサイクルは、Amazon EC2 コンピューティングインスタンスから独立して管理可能です。そのため、EBS ボリュームに関連付けられている EC2インスタンスが終了しても、EC2起動時に「終了時に削除」 オプションを選択しない限り、EBS ボリュームは削除されません。 また、開発とテストのサイクルの中でEC2インスタンスの起動停止を繰り返す際、自動的にEBSボリュームを削除する処理がないと、 EBS ボリュームが残る可能性があります。 EC2にアタッチされておらず孤立したEBS ボリュームは、アタッチされていない間も料金が発生します。 この記事では、OpsCenter を活用した自動化プロセスについて説明します。OpsCenter は、AWS Systems Manager の一機能として最近発表されたもので、OpsCenterを使えば、EC2 インスタンスにアタッチされておらず、未使用なEBS ボリュームを識別および管理できるようになります。

Read More

Amazon EC2 インスタンスの起動時にカスタム暗号化キーを使用して、暗号化された Amazon EBS ボリュームの作成が可能に

Amazon Elastic Block Store (EBS) は Amazon EBS ボリュームの暗号化ソリューションを提供するため、ブロックストレージの暗号化キーを管理するための独自のインフラストラクチャを構築、維持、保護する必要はありません。Amazon EBS 暗号化は、暗号化されたの Amazon EBS ボリュームを作成するときにAWS Key Management Service (AWS KMS) のカスタマーマスターキー (CMK) を使用し、AWS KMS の使用に関連する 利点をすべて提供します。Amazon EBS ボリュームを暗号化するには、AWS 管理型 CMK またはカスタマー管理型 CMK のいずれかを指定できます。カスタマー管理型 CMK を使用する場合、AWS KMSでの CMK を毎年ローテーションするなど、暗号化キーをきめ細かく制御できます。CMK の作成の詳細については、のキーの作成を参照してください。 この投稿では、EC2 コンソール、AWS CLI、AWS SDK から EC2 インスタンスを起動するときに、カスタマー管理型 CMK を使用して暗号化された Amazon EBS ボリュームを作成する方法を示します。 EC2 コンソールから暗号化された Amazon EBS ボリュームを作成する […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon EBS 資料及び QA 公開

先日 (2019/3/20) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon EBS」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20190320 AWS Black Belt Online Seminar Amazon EBS AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. EBSスナップショットを取得した際のスナップショットのサイズを確認する手段を教えてください。 A. 現在のところ確認する手段はありません。 Q. DLMがEC2一時停止できる環境でおすすめな理由を教えてください。DLMはEC2停止が必須なのでしょうか。 A. DLMで取得されるEBSスナップショットの整合性レベルはクラッシュコンシステンシ−のレベルとなり、アプリケーションレベルでの整合性は保証されません。(メモリ上にまだ未コミットのデータがある場合は、その情報は保管されません)そのため、厳密なデータ整合性が必要な場合は、IOが発生しない状態での取得をお勧め致します。 今後の AWS Webinar スケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。 AWS Innovate オンラインカンファレンス ≫ 申込先 2019 年 4 月 8 日〜5 月 7 日期間中いつでもオンラインで視聴可能 AWS基礎、業種別事例、人材育成、認定対策講座などAWSが厳選した33セッションを一挙に公開 — AWS Black Belt Online Seminar 4月分申込先 ≫ Let’s […]

Read More