Amazon Web Services ブログ

新しい EC2 T4g インスタンス – AWS Graviton2 によるバースト可能なパフォーマンス – 無料で利用可能

2 年前、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) T3 インスタンスが初めて利用可能となり、とても高い費用対効果のある、汎用ワークロードを実行するための方法が提供されました。現在の T3 インスタンスは、多くのユースケースで十分なコンピューティングパフォーマンスを提供していますが、多くのお客様から、ピークパフォーマンスの向上と低コストの恩恵を受ける追加のワークロードがあるとお伺いしました。

本日、AWS は、64 ビット Arm Neoverse コアを使用して AWS がカスタム構築したプロセッサである AWS Graviton2 を搭載した、低コストのバースト可能な新世代のインスタンスタイプである T4g インスタンスをリリースします。T4g インスタンスを使用すると、T3 インスタンスと比較して 20% 低いコストで最大 40% のパフォーマンス上のメリットが得られます。これにより、幅広いワークロードに対して最高のコストパフォーマンスを実現できます。

T4g インスタンスは、多くの時間において CPU をフルパワーで使用しないアプリケーション向けに設計されており、デフォルトで無制限モードが有効になっている T3 インスタンスと同じクレジットモデルを使用します。 大量のデータ処理時にのみ高い CPU パフォーマンスを必要とする運用ワークロードの例としては、ウェブサーバー/アプリケーションサーバー、小規模/中規模のデータストア、および多くのマイクロサービスがあります。以前の世代と比較して、T4g インスタンスのパフォーマンスは、キャッシュサーバー、検索エンジンのインデックス作成、電子商取引のプラットフォームなどの追加のワークロードを移行することを可能にします。

T4g インスタンスは、最大 5 Gbps のネットワークと最大 2.7 Gbps の Amazon Elastic Block Store (EBS) のパフォーマンスを提供する 7 つのサイズで利用可能です。

名前 vCPU ベースラインパフォーマンス/vCPU 獲得した CPU クレジット/時間 メモリ
t4g.nano 2 5% 6 0.5 GiB
t4g.micro 2 10% 12 1 GiB
t4g.small 2 20% 24 2 GiB
t4g.medium 2 20% 24 4 GiB
t4g.large 2 30% 36 8 GiB
t4g.xlarge 4 40% 96 16 GiB
t4g.2xlarge 8 40% 192 32 GiB

無料トライアル
T4g インスタンスでのアプリケーションの開発、テスト、および実行を容易にするため、すべての AWS のお客様は、t4g.micro サイズの無料トライアルに自動的に登録されます。2020 年 9 月から 2020 年 12 月 31 日までの期間、t4g.micro インスタンスを実行すると、自動的に無料の 750 時間/月が請求書から差し引かれます。これには、750 時間分の無料の使用時間中の CPU クレジットが含まれます。 750 時間は、すべてのリージョンで集計して計算されます。無料トライアルの利用条件の詳細については、EC2 のよくある質問を参照してください。

無料トライアル期間中に、ARM ベースの AWS Graviton プロセッサの使用に関するこの入門ガイドをご覧ください。このガイドでは、アプリケーションを構築および最適化する方法、さまざまなプログラミング言語とオペレーティングシステムを使用する方法、およびコンテナベースのワークロードの管理に関する提案を見つけることができます。ヒントのいくつかは Graviton プロセッサに特有のものですが、ほとんどのコンテンツは、一般的に、Arm を使用してコードを実行するユーザーに役立つものとなっています。

T4g インスタンスの使用
EC2 インスタンスは、EC2 コンソールAWS コマンドラインインターフェイス (CLI)AWS SDK、または AWS CloudFormation を使用するなど、さまざまな方法で使用を開始できます。私の最初の T4g インスタンスでは、AWS CLI を使用します。

$ aws ec2 run-instances \
  --instance-type t4g.micro \
  --image-id ami-09a67037138f86e67 \
  --security-groups MySecurityGroup \
  --key-name my-key-pair

私が使用している Amazon マシンイメージ (AMI)Amazon Linux 2 をベースとしています。Ubuntu 18.04 以降、Red Hat Enterprise Linux 8.0 以降、SUSE Enterprise Server 15 以降など、その他のプラットフォームが利用可能となっています。AWS Marketplace では、Fedora、Debian、NetBSD、CentOS、NGINX Plus など、追加の AMI を見つけることができます。コンテナ化されたアプリケーションについては、Amazon ECS および Amazon Elastic Kubernetes Service に最適化された AMI も使用できます。

選択したセキュリティグループによって、インスタンスへの SSH アクセスが許可されます。ここではインスタンスに接続し、一般的な更新を行います。

$ sudo yum update -y

カーネルが更新されたので、インスタンスを再起動します。

このインスタンスを開発環境として設定したいと思います。これは、新しいアプリケーションを構築したり、既存のアプリケーションを 64 ビット Arm アーキテクチャに再コンパイルしたりするために使用することができます。GitGCCMake などのほとんどの開発ツールをインストールするには、このパッケージグループを使用します。

$ sudo yum groupinstall -y "Development Tools"

AWS は、複数のオープンソースコミュニティと協力して、AWS Graviton2 で実行されるソフトウェアスタックのパフォーマンスを向上させています。たとえば、この投稿で Arm64 用の PHP への当社の貢献をご覧いただけます。

最新バージョンを使用すると、Graviton2 ベースのインスタンスから最大限のパフォーマンスを得ることができます。 amazon-linux-extras コマンドは、私のお気に入りのプログラミング環境のいくつかの新しいバージョンを有効にします。

$ sudo amazon-linux-extras enable golang1.11 corretto8 php7.4 python3.8 ruby2.6

amazon-linux-extras コマンドの出力は、yum でインストールするパッケージを示します。

$ yum clean metadata
$ sudo yum install -y golang java-1.8.0-amazon-corretto \
  php-cli php-pdo php-fpm php-json php-mysqlnd \
  python38 ruby ruby-irb rubygem-rake rubygem-json rubygems

先ほどインストールしたツールのバージョンを確認しましょう。

$ go version
go version go1.13.14 linux/arm64
$ java -version
openjdk version "1.8.0_265"
OpenJDK Runtime Environment Corretto-8.265.01.1 (build 1.8.0_265-b01)
OpenJDK 64-Bit Server VM Corretto-8.265.01.1 (build 25.265-b01, mixed mode)
$ php -v
PHP 7.4.9 (cli) (built: Aug 21 2020 21:45:13) ( NTS )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v3.4.0, Copyright (c) Zend Technologies
$ python3.8 -V
Python 3.8.5
$ ruby -v
ruby 2.6.3p62 (2019-04-16 revision 67580) [aarch64-linux]

開始する準備が整ったようです! yum には MariaDBPostgreSQL など、さらに多くのパッケージが用意されています。データベースにご興味がおありの場合は、AWS Graviton2 プロセッサを搭載した Amazon RDS のプレビューもお試しください。

今すぐご利用いただけます
T4g インスタンスは、米国東部 (バージニア北部、オハイオ)、米国西部 (オレゴン)、アジアパシフィック (東京、ムンバイ)、欧州 (フランクフルト、アイルランド) で本日よりご利用いただけます。

コストとパフォーマンスのためにワークロードをより良く最適化するために、低コストのバースト可能な汎用 (T4g)、汎用 (M6g)、コンピューティング最適化 (C6g)、およびメモリ最適化 (R6g) インスタンスから、Graviton2 ベースのインスタンスを幅広く選択できるようになりました。ローカル NVMe ベースの SSD ストレージオプション も使用できます。

無料トライアルを使用して新しいアプリケーションを開発したり、既存のワークロードを AWS Graviton2 プロセッサに移行したりできます。ぜひ結果をお知らせください!

Danilo