Amazon Web Services ブログ

Tag: GitHub

GitHub モノレポを AWS CodePipeline と統合して、プロジェクト固有の CI/CD パイプラインを実行する

(この記事は、Integrate GitHub monorepo with AWS CodePipeline to run project-specific CI/CD pipelines を翻訳したものです。) AWS CodePipeline は、ソフトウェアのリリースに必要なステップをモデル化、可視化、自動化できる継続的デリバリーサービスです。AWS CodePipeline を使用して、コードを構築し、稼働前の環境にデプロイし、アプリケーションをテストし、実稼働環境にリリースするまでの完全なリリースプロセスをモデル化できます。AWS CodePipeline は、コードが変更されるたびに定義されるワークフローに従って、アプリケーションを構築、テスト、デプロイします。多くの組織が GitHub をソースコードリポジトリとして使用しています。組織によっては、1 つの GitHub リポジトリに複数のアプリケーションまたはサービスをフォルダで分割して格納することを選択しています。リポジトリ内のソースコードをこのように整理する方法は、モノレポと呼ばれます。 この記事では、AWS Lambda で GitHub イベントペイロード(訳者注:GitHub 上でのアクティビティを元にトリガーされるイベント情報。詳細は GitHub イベントのドキュメントをご確認ください。)を読み取り、サービス固有のパイプラインを実行するようにカスタマイズする方法を示します。

Read More

サードパーティの Git リポジトリから AWS CodePipeline のビルドステータスを追跡する

(この記事は、Tracking the AWS CodePipeline build status from the third-party Git repository を翻訳したものです。) AWS CodePipeline では、パイプラインのソースとしてサードパーティの Git リポジトリを使用できますが、ビルドステータスをサードパーティ Git リポジトリダッシュボードで確認できない場合があります。開発者がリポジトリで作業する場合、同じダッシュボードでビルド/パイプラインのステータスを確認できることが望ましいです。このブログでは、パイプライン/ビルドステータスをサードパーティのリポジトリに反映するソリューションの構築手順を説明します。これにより、開発者はコンテキストを切り替えることなくステータスを簡単に追跡できます。 CodePipeline は GitHub と Bitbucket をサポートしており、どちらも REST API を提供し、パイプライン実行に関連する情報をリポジトリにプッシュできます。このブログでは、CodePipeline と Git リポジトリ間のこの統合を設定する方法について説明します。

Read More

JenkinsとAWS CodeBuildおよびAWS CodeDeployとの連携によるCI/CDパイプラインの構築

この記事は、オープンソースの自動化サーバーである Jenkins を用いて、AWS CodeBuild のビルド成果物を AWS CodeDeploy でデプロイし、機能的なCI/CDパイプラインを構築する方法を説明します。適切な設定を行うことで、GitHubリポジトリにプッシュされたソースコードの変更を元にCI/CDパイプラインが起動され、自動的にCodeBuildに送られ、その出力がCodeDeployによってデプロイされることを実現できます。

Read More