Amazon Web Services ブログ

AWS Japan Staff

Author: AWS Japan Staff

最新のAWSコミュニティヒーロー (2016 年冬)

AWS コミュニティヒーローは AWS に関する知識を共有し、AWS への際立った熱意を示す AWS コミュニティのメンバーです。ユーザーグループ、ソーシャルメディア、ミートアップやワークショップなど、さまざまな方法を通じてその知識と熱意を皆さんと共有しています。今日、2016 年最後の AWS ヒーローの仲間達にハッピーホリデーウェルカムをしたいと思います。 多田 歩美 Shimon Tolts 11 月にすべての AWS コミュニティヒーローが reInvent に招待され、月曜日の夜、ヒーローのためのプライベートイベントに参加する機会がありました。2016 年最後の 2 人のヒーローは、re:Invent 週の月曜日の朝にコミュニティヒーローに参加するための招待を受け取り驚きました。彼らは直前の招待にもかかわらずイベントに参加することができ、他のヒーロー達に会うことができました。 多田 歩美さん 多田 歩美さんは日本の本田技研工業株式会社で IT インフラストラクチャストラテジストとして働き、クラウドコンピューティングテクノロジーの使用を奨励しています。また、クラウドの使用を JAMA (一般社団法人日本自動車工業会) の CAE/HPC エリアも促進しています。彼女は以前、Honda R&D で IT システム管理者として、エンジニアリングシミュレーションシステム (コンピュータ支援エンジニアリング/CAE) を含むハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) にクラウドを使用することに重点を置いてきました。そして re:Invent 2014 で AWS での HPC のユースケースを紹介しました。現在、彼女は広範囲なエンタープライズアプリケーションにおけるクラウドの使用を促進しています。多田さんは JAWS-UG (日本 AWS ユーザーグループ) のメンバーです。JAWS-UG […]

Read More

AWS オンラインセミナー – 2017 年 1 月 (12 月のオンラインセミナー要約を含む) ※英語のみ

1 月のオンラインセミナー AWS では常にトレーニングや学習資料の提供に努めています。1 月のセミナー内容をきっとお楽しみいただけると思います。受講は無料ですが、すぐに満席になってしまうため、お早目の登録をお勧めします。開催時間はすべて太平洋標準時、所有時間は 1 時間です。 1 月 16 日: 午前 9:00 – AWS X-Ray のご紹介: アプリケーションの分析とデバッグ 午前 10:30 – PostgreSQL と互換性を持つ Amazon Aurora のご紹介 正午 – Amazon QuickSight の概要: 全員を対象にしたビジネス分析 1 月 17 日: 午前 9:00 – AWS Personal Health Dashboard のご紹介: AWS リソースの正常性を閲覧し管理 午前 10:30 – Amazon Lex のご紹介: 音声とテキストで会話型インターフェイスを構築 1 月 […]

Read More

新しい AWS Application Discovery Service コンソール

は、クラウドへの移行計画を立てるのに役立ちます。 AWS クラウド導入フレームワークの中心的なコンポーネントとして、これはシステムに関する重要な情報を検出して収集する処理を自動化するプロセスを簡略化します (詳細については、新しい AWS Application Discovery Service – クラウド移行を計画するをお読みください)。 データ収集には 2 つのオプションがあります。軽量エージェントを物理サーバーまたは VM にインストールすることもできますし、VMware 環境で Agentless Discovery Connnector を実行することもできます。 どちらの場合でも、 は以下の情報を収集します。 インストール済みのアプリケーションおよびパッケージ。 実行中のアプリケーションおよびプロセス。 TCP v4 および v6 接続。 カーネルブランドおよびバージョン。 カーネル設定。 カーネルモジュール。 CPU およびメモリの使用状況。 プロセスの作成および終了イベント。 ディスクおよびネットワークイベント。 NIC 情報。 DNS、DHCP、および Active Directory の使用。 軽量エージェントは、リッスンする TCP ポートと関連するプロセスに関する情報も収集します。この機能は Agentless Discovery Connector にも近日中に追加される予定です。 情報は収集され、オプションのレビューのためにローカルに保存されてから、ポート 443 の安全な接続を介してクラウドにアップロードされます。この情報は処理され、相関され、暗号化された形式でリポジトリに格納されます。その後、その情報を使用して移行したいアプリケーションを選択することができます。 新しい Application Discovery […]

Read More

新リリース:Amazon QuickSight Enterprise Edition

私がAmazon QuickSightについて初めて書いたのは2015年のことで(Amazon QuickSight 高速で簡単に利用できるビッグデータ用BI(Business Intelligence), 従来型ソリューションの1/10のコストで実現)、その際にStandard EditionとEnterprise Editionを用意することをお知らせしました。 Enterprise Edition 先月、私達はAmazon QuickSightのStandard Editionをリリースしました。本日、Enterprise Editionをリリースいたします。Standard Editionの機能に加え、Enterprise EditionにはActive Directoryとの統合と、データ暗号化(Encryption at Rest)が実装されています。 Enterprise EditionはAWSのマネージド・サービスとして提供しているMicrosoft Active Directory (AD)(Managed Microsoft AD)を使った認証をサポートします。これにより、AWS上で稼動しているMicrosoft ADやオンプレミスにある信頼関係をもったADを使ってQuickSightへのサインインできるようになります。どちらの方法であるにせよ、シングルサインオン(SSO)によって、ユーザがQuickSightを使い始めるのをよりクイックに、また管理を減らすことが可能になります。 あなたが企業でのQuickSight管理者であった場合、大量のユーザに対してQuickSightを一度に使えるようにしたり、パーミッションを数クリックで管理することが可能になります。これまで通りのディレクトリ操作のツールを使って管理できますし、企業のガバナンスポリシーに準拠させることも可能です。 以下の図は、どのように動作するのかを説明しています: QuickSightはSPICE (Super-fast, Parallel, In-memory Calculation Engine) によって、分析用のアドホッククエリに対して高いスケーラビリティを実現しています。Enterprise Editonはデータをアマゾンによって管理されている鍵で暗号化してSPICE内に保存し、これによりさらなるデータ保護の層を追加しています。 Enterprise Editionを始動させましょう 管理者側の作業としては、Amazon QuickSight Enterprise Editionをセットアップするのはとても簡単です。作業には、必要とされるパーミッションを持つIAMでログインします。(ドキュメントの”Sign Up for Amazon QuickSight With an Existing AWS Account“を参照してください。”Set your IAM Policy“にIAM設定についての説明があります) […]

Read More

Amazon Auroraアップデート – 空間インデックス・ゼロダウンタイムパッチ

AWSの様々なサービスがリリースされてりますが、Amazon Auroraは現在もAWSサービスの中で最も速く成長しているサービスです!お客様には速度、パフォーマンスや可用性を評価頂いています。MySQL互換のAuroraを多く利用いただいていますが、今後リリースされるPostgreSQL互換のAuroraへも期待していただいています(詳細や最近Auroraに追加された機能はAmazon Aurora アップデート – PostgreSQL 互換のエンジンをご覧ください)。 本日、AWS re:Inventでアナウンスをした、空間インデックスとゼロダウンタイムパッチの2つの機能をリリースしました。 空間インデックス Amazon Auroraは今までも地点やエリアを表すためにGEOMETRY型をご利用頂けました。この型を使ってカラムを作成し、ST_Contains, ST_CrossesやST_Distance(更に他にも)といった機能をspatial queryを実行するためにお使い頂けました。これらのクエリはパワフルですが、大きなデータセットに対してスケールするには不十分な点や制限がありました。 Auroraを利用して、ラージスケールな位置情報を使うアプリケーションを作成していただくために、空間データに対してとても効率的なインデックスをお使い頂けるようになりました。Auroraは dimensionally ordered space-filling curve (次元的に整列した空間充填曲線)を利用して、スケールし、高速かつ正確に情報を取り出すことが出来ます。インデックスはb-treeを使い、MySQL5.7と比較して最大2倍のパフォーマンスです(詳細は、こちらのプレゼンテーションとAmazon Aurora Deep Diveのこちらの箇所をご覧ください)。 この機能を現在ご利用頂くためには、Aurora Lab Modeを有効にして頂く必要があります。機能を有効にした後は、既存のテーブルや新規に作成するテーブルにspatial indexを設定頂けます(詳細はこちらをご覧ください)。 ゼロダウンタイムパッチ 今日のような24×7の世界で、データベースへのパッチ適用やアップデートでデータベースをオフラインにする良い時間はありません。しかし、高可用性を維持するために、read replicaを利用して昇格させる方法が利用されてきました。 私達の、新しいゼロダウンタイムパッチ機能により、Auroraインスタンスへのパッチ適用をダウンタイム無しで、可用性にも影響を及ぼさずオンラインで実行出来るようになりました。この機能は、現在の最新バージョン(1.10)が適用されたAuroraインスタンスで、ベストエフォートで機能します。シングルノードクラスタとマルチノードクラスタのWriterインスタンス双方で機能しますが、バイナリログが有効になっている場合は無効になります。 このパッチは、既に開かれているSSLコネクション、アクティブなロック、トランザクションの完了やテンポラリテーブルの削除を待ちます。パッチ適用可能なウインドウが出来た場合、ゼロダウンタイムパッチとして適用します。アプリケーションセッションは保持されたまま、パッチが適用される間データベースエンジンがリスタートします。この間瞬間的(5秒程度)なスループット低下が発生します。もし、ゼロダウンタイムパッチで適用出来るウインドウがなかった場合、通常のパッチ適用プロセスが実行されます。 さらに詳細にこの機能がどのように動作するかや実装方法については、Amazon Aurora Deep Dive videoのこちらの箇所をご覧ください。 本日からご利用いただけます これらの新機能が本日からご利用頂けます! その他の機能改善やBug fixはこちらのforumをご覧ください。 — Jeff; (翻訳は星野が担当しました。原文はこちら)

Read More

S3のデータをAmazon Athenaを使って分析する

Amazon Athenaは対話型クエリサービスで、標準的なSQLを使ってAmazon S3の直接データを直接分析することを簡単にしてくれます。Athenaはサーバレスなので、インフラを構築したり管理する必要はなく、今すぐにデータ分析を始めることができます。Athenaはデータをロードしたり、複雑なETL処理をする必要すらありません。S3に保存されているデータに直接クエリすることができます。 Athenaは、クエリを実行する際に分散SQLエンジンのPrestoを利用しています。また、テーブルを作成、削除、変更、パーティションするためにApache Hiveも利用しています。Hive互換のDDL文や、ANSI SQL文をAthenaクエリエディタ内で書くことができます。複雑なJOINやウィンドウ関数、そして複雑なデータ型をAthenaで使うこともできます。Athenaはschema-on-readとして知られるアプローチを取っていて、クエリを実行する時にデータに対してスキーマを定義することができます。これによって、データロードやETLを必要としていません。 Athenaはクエリ毎にスキャンしたデータの量に応じて課金します。データをパーティションしたり、圧縮したり、またはApache Parquet等の列指向フォーマットに変換することでコストを抑えパフォーマンスを向上させることができます。詳しくはAthenaの料金ページをご覧ください。 この記事では、既に決められた形式のテキストファイルで生成されるElastic Load Balancingのログに対して、どのようにAthenaを使うかをお見せします。テーブルを作成し、Athenaで使われる形式でデータをパーティションして、それをParquetに変換してから、クエリのパフォーマンスを比較してみます。

Read More

AWS ロンドンリージョンが利用可能に

先週は 15 番目の AWS リージョンを開始しましたが、本日は 16 番目のリージョンを開始します。AWS は英国へと拡大し、欧州で 3 番目となる新しいリージョンをロンドンに開設しました。AWS のお客様は新しいロンドンリージョンを使用して英国のエンドユーザーへのサービスを向上させるとともに、英国内にデータを保存することができます。 詳細 新しいロンドンリージョンでは、、、、、、、、、、 Streams、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 Standard、、、、、、、、、 (料金などの情報については、リンク先を参照してください) を含む AWS のサービスの広範なスイートが提供されます。ロンドンリージョンは、C4、D2、M4、T2、および X1 のインスタンスをすべてのサイズでサポートします。現在および将来の AWS リージョンの詳細については、AWS グローバルインフラストラクチャのページを参照してください。 お客様のご紹介 AWS の多くのお客様が、この新しいリージョンを使用する準備を整えています。お客様のごく一部をご紹介します。Trainline は、欧州最大の独立した鉄道の切符小売業者です。毎日 10 万人を超える人が、Trainline から購入した切符を使用して移動しています。Mark Holt 氏 (Trainline の CTO) は次のように語っています。 当社は、最近 e コマースインフラストラクチャの AWS への移行を 100% 完了し、セキュリティの向上、ダウンタイムの 60% の軽減、大幅なコスト削減、俊敏性の信じられないような改善といった、すばらしい結果を得ています。広範なテストから、0.3 秒のレイテンシーは 800 万ポンド以上の価値があることがわかっています。AWS の接続は既に非常に高速ですが、英国のデータセンターから英国の顧客に対応することで、トップレベルの利点が得られると期待しています。 Kainos Evolve 電子医療記録 (EMR) により、症例記録、手術の文書や記録の作成、取得、処理が自動化されます。これにより、医療提供者はいくつかの大手 […]

Read More

AWS Managed Services – エンタープライズ向けのインフラストラクチャ操作管理

大規模なエンタープライズデータセンターは慣例に従うのが一般的です。ポリシー、ベストプラクティス、操作手順は IT マネジメントが担う責任の一部として開発、改善、キャプチャ、体系化する作業が行われています。そしてその際に ITIL モデルに目を向けることは少なくありません。すべてのインフラストラクチャの改善や設定変更そしてプロビジョニングなどのリクエストは必要以上に複雑であったり大幅に時間を要することなく、データセンターのオペレーションがある程度の規律を守り、段階を追って処理することが理想と言えるでしょう。IT スタッフはハードウェアのプロビジョニング、ソフトウェアのインストール、パッチの適用、操作のモニタリング、バックアップやその復元、予期していなかった操作上の問題やセキュリティ関連の問題の対応に追われるといったように、その作業量はかなりのものです。多くの企業がこれまで以上に俊敏性を備えコスト節約を実現でき、スケールや革新性に優れた AWS クラウドが提供するメリットを活用できないかと考えていました。クラウドへの移行を計画する上で、こうした企業はすでに使用しているシステムやプラクティスを破棄せずに、クラウドが提供する利点をすべて取り入れることを望んでいます。日常的な操作をできる限り減らすことでスタッフの負担を減少するため、自動化の追加や 1 回以上の使用が可能な標準コンポーネントの利用を希望しています。 AWS マネージドサービスのご紹介 本日、AWS は をリリースしました。Fortune 1000 および Global 2000 向けに設計したこのサービスはクラウド導入を迅速化します。Amazon の社員で構成された専任のチームがサポートする同サービスは、自動化や機械学習を使用することでデプロイ、移行、管理を簡略化します。AWS で構築される は、既存のサービス管理システムの接続用となる一連の統合ポイントを提供しています。エンタープライズが必要としている幅広い要件を満たせるサービスを実現するため、AWS は過去数年に渡り AWS エンタープライズをご利用されているお客様やパートナーと協力してきました。 は 1 つ以上の AWS アカウントとリンクしている仮想データセンターの概念をもとに構築されました。Virtual Private Cloud (VPC) から成る VDC は、DMZ のマルチ AZ サブネットや共有サービス、顧客のアプリケーションを含む複数のデプロイグループを含んでいます。各アプリケーションまたはアプリケーションコンポーネントはマネージド型のスタックでパッケージ化されています。一連の機能概要は次の通りです: インシデントのモニタリング & 解決 – は AWS のモニタリングシステムが検出したインシデントまたは当社の顧客が報告したインシデントを管理します。この機能は複数の アラームを関連付け、実行中のアプリケーションの正常な状態に影響を与える可能性を持つ失敗したアップデートやセキュリティイベントを探します。調査用にインシデントが 内で作成され、AWS のエンジニアが自動または手動で解決します。システムやプロセスの改善に誤検出を使用します。広範囲に渡りデータを収集することで徐々に を改善していくことができます。コントロールの変更 – はすべての操作とリソースを連係させます。変更は変更リクエスト (RFC – […]

Read More

AWS Artifactのご紹介:コンプライアンスレポートへの高速なアクセス

私はAWS Artifactを発表できることを嬉しく思います。AWSのお客様は、AWS マネジメントコンソールを使って、無償かつセルフサービスで、AWS コンプライアンスレポートへアクセスできるようになりました。 AWSの多くのお客様は、ISO、SOC、そしてPCIに関するAWSのコンプライアンスレポートを監査人や規制当局に提供しています。これには、AWSインフラストラクチャとサービスの現在および過去のコンプライアンスレポートが含まれます。 あなたは今、コンピュータまたはモバイルフォンからAWSマネジメントコンソールにサインインし、関連するレポートを数分で取得する事ができます。 また、監査人や規制当局にAWS Identity and Access Management (IAM) の権限を使用して、1つまたは複数のAWSコンプライアンスレポートへの直接アクセスをさせることができます。 AWSのリスクとコンプライアンス担当ディレクターのChad WoolfはArtifactのビジョンについてこう語ります。「AWSが提供するセキュリティを評価する観点において、顧客と監査人に選択肢と利便性を提供できることに私たちはうれしく思っています。」Woolfは言います。「AWS Artifactのリリースは、AWSが監査業界を変革するきっかけとなり、時間のかかるマニュアルの監査から、クラウドによる継続的で高度に自動化された環境へと移行します。」 あなたは今日から、AWS マネジメントコンソールから監査レポートのダウンロードを開始することができます。 多くの文書は機密情報であり、Amazonの機密保持契約条件に同意する必要がありますが、それらの条件を確認して同意すると、レビュー文書に即座にアクセスできます。Getting Started with AWS Artifactも参照してください。 Artifactの詳細については、Artifact home pageを参照してください。 AWS クラウドコンプライアンスと認定の詳細については、AWS Cloud Compliance home pageをご覧ください。 – Sara TAGS: AWS Artifact, Compliance reports (日本語訳はSA藤倉が担当しました。原文はIntroducing AWS Artifact: Speeding Access to Compliance Reports)  

Read More

AWS カナダ (中部) リージョンが利用可能に

当社は AWS の拡大を再開しました。新しい リージョンが利用可能になり、今すぐ使い始めることができます。カナダおよび米国北部で AWS をご利用のお客様は、AWS インフラストラクチャサービスのスイートに低レイテンシーで迅速にアクセスできるようになります。 詳細 新しい リージョンは、 に加えて 、、、、NAT ゲートウェイ、スポットインスタンス、Dedicated Host などの関連サービスをサポートします。また、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 Standard、、、、、、、、 もサポートします。カナダリージョンは、C4、D2、M4、T2、および X1 のインスタンスをすべてのサイズでサポートします。環境に優しい方法でクラウドコンピューティングをお客様に対して利用可能にする当社の継続的な取り組みの一環として、カナダの AWS データセンターは、電気の 99% を水力発電で賄う送電網から電力の供給を受けています (詳細については、「AWS と持続可能性」を参照してください)。 すぐれた接続 オハイオで AWS リージョンを開始したときに私がお知らせした、ネットワークレイテンシーのメトリクスに関して多くの好意的なご意見ご感想をいただきました。そこで、本日の発表の一部として、新しいメトリクスのセットを用意しました (これらの時間はレイテンシーの下限を表しており、時間とともに変化する可能性があります)。最初のメトリクスのセットは、カナダのその他の各都市に対するものです。 トロントに対して 9 ms。 オタワに対して 14 ms。 カルガリーに対して 47 ms。 エドモントンに対して 49 ms。 バンクーバーに対して 60 ms。 2 番目のセットは米国の各都市に対するメトリクスです。 ニューヨークに対して 9 ms。 シカゴに対して 19 ms。 に対して 16 […]

Read More