Amazon Web Services ブログ

Category: General

Atlassian JIRA ソフトウェアと Bitbucket データセンターの新しい AWS クイックスタート

AWS クイックスタートは AWS Cloud 内のソフトウェアソリューションのリファレンス実装を迅速にデプロイする場合に役立ちます。クイックスタートを使用すれば、AWS やソフトウェアパートナーが推奨しているベストプラクティスのメリットを活用しながら簡単にソフトウェアをテストしたり使用することができます。 今回は APN アドバンスドテクノロジーパートナー (および DevOps コンピテンシー所有者) である Atlassian と協力して開発したクイックスタートガイドのペアについてご紹介します。このクイックスタートガイドは JIRA ソフトウェアデータセンターと AWS 上の Bitbucket データセンターのデプロイで役立ちます。 Atlassian のデータセンターの機能は、規模の大きな開発チームを持ち、スケーラブルで可用性の高い開発ツールとプロジェクト管理ツールを必要とするお客様のために設計されています。こうしたツールは常にミッションクリティカルであるため、堅牢性と耐障害性がベースライン要件であり、実稼働デプロイメントは常にマルチノードまたはクラスター設定で実行されるようになっています。 新しいクイックスタート JIRA ソフトウェアデータセンターはスピードを必要とするチームにプロジェクト管理ソリューションと問題管理ソリューションを提供、Bitbucket データセンターは Git リポジトリソリューションを提供します。どちらのソリューションも、複数のプロジェクトに携わる規模の大きなチームで可用性が高く大規模なパフォーマンスを実現します。こうした新しい Atlassian クイックスタートにより、徹底的なテストとリファレンスアーキテクチャの完全サポートを利用することができるので、AWS で行う製品のデプロイを大幅に簡略化し加速することが可能になりました。 クイックスタートには、新規または既存の Virtual Private Cloud (VPC) で Bitbucket と JIRA ソフトウェアのデプロイを許可する AWS CloudFormation テンプレートが含まれています。新しい VPC を使用したい場合は、テンプレートが作成できます。同時にパブリックサブネット、プライベートサブネット、NAT ゲートウェイも作成するので、プライベートサブネットで EC2 インスタンスを許可しインターネットに接続することができます (NAT ゲートウェイを利用できないリージョンでは、代わりに NAT インスタンスをテンプレートが作成します)。すでに AWS […]

Read More

AWS オンラインセミナー – 2016 年 10 月 & 11 月(太平洋時間・英語によるセミナー)

AWS による開発事項の最新情報をご存知ですか?Amazon Redshift、Amazon ECS、Amazon Cognito について十分理解していますか?IoT について理解し、クラウドのワークロードに適用するセキュリティのベストプラクティスをしっかり把握していますか?EC2 スポット市場を把握し、その活用方法を理解していますか? トレーニングと教育面に焦点を当てた 10 月と 11 月に開催予定の AWS オンラインセミナーについては次をご覧ください。受講は無料ですが、すぐに満席になってしまうため、お早目の登録をお勧めします。開催時間はすべて太平洋標準時、所有時間は 1 時間です。 10 月 25 日 午前 9:00 – Amazon ECS の詳細 午前 10:30 – AWS Lambda を使用したリアルタイムのデータ処理 正午 – Amazon ElastiCache for Redis を使用した高速の大規模データ 10 月 26 日 午前 9:00 – Amazon Cognito を使用してアプリにユーザーサインインと管理を追加 午前 10:30 – 開始方法: Amazon […]

Read More

週刊 AWS – 2016 年 10 月 3 日

今回の週刊 AWS の作成には AWS 内外から 20 人の寄稿者にご協力いただきました。自分もぜひ参加していみたいという方は (re:Invent でランチ無料の可能性あり)、GitHub の週刊 AWS をご覧ください。 月曜日 10 月 3 日 Mistwire.com は、AWS ソリューションアーキテクトプロフェッショナル認定へ向けての学習についての記事の連載を始めました。 AWS Podcast がサービスアップデートと Black-Belt Tip について大量の情報を含むエピソードを公開しました。 AWS Database Blog が ElastiCache for Redis のための Lua でのサーバー側スクリプトについて説明しました。 Cloud Guru ブログは経費を抑えたい人のための AWS 学習について書きました。 AWS Government, Education, & Nonprofits Blog は AWS 公共セクターのひと月を振り返る – 9 月を公開しました。 Cloudability Blog […]

Read More

AWS ブログのユーザビリティパネル (シアトルまたはリモート)

今後も AWS ブログを通じて読者の皆さんが必要とする情報やエンターテインメントを提供していくため、今月下旬にユーザビリティパネルの開催を企画しています。初心者から上級者まで、ブログの読者や AWS をご利用されているローカル (シアトル) にお住まいの方々はもちろん、リモートからの参加もお待ちしております。ユーザビリティパネルにご参加頂いた方々には、感謝の気持ちを込めて Amazon.com ギフトカードを贈呈いたします。 参加するには今すぐ登録にアクセスしてください。 — Jeff;

Read More

Snowball HDFS のインポート

オンプレミスで MapReduce を実行していて、HDFS (Hadoop Distributed File System) にデータを保存している場合、中間のステージングファイルを使用することなく、そのデータを直接 HDFS から AWS Import/Export Snowball にコピーできるようになりました。多くの場合、HDFS はビッグデータワークロードに使用されるため、これにより大量のデータを AWS にインポートしてさらに処理するプロセスが簡略化されます。 この新機能を使用するには、最新バージョンの Snowball クライアントを、目的の HDFS クラスターを実行しているオンプレミスホストにダウンロードして設定します。次に、以下のようなコマンドを使用して、Snowball 経由で HDFS から S3 にファイルをコピーします。 $ snowball cp -n hdfs://HOST:PORT/PATH_TO_FILE_ON_HDFS s3://BUCKET-NAME/DESTINATION-PATH -r オプションを使用して、フォルダー全体を再帰的にコピーできます。 $ snowball cp -n -r hdfs://HOST:PORT/PATH_TO_FOLDER_ON_HDFS s3://BUCKET_NAME/DESTINATION_PATH 詳細については、「HDFS クライアントの使用」を参照してください。 — Jeff; ※AWS Import/Export Snowballは日本で未提供のサービスです。

Read More

Amazon Game Studios が新ゲームタイトル「Breakaway」を発表

Amazon Game Studios (AGS)は今年のTwitchConで新しいゲームタイトル「Breakaway」を発表しました。Breakawayは高速アクション、チームワークとライブストリーミング用に構築された神話をモチーフにした対戦アクションゲームです。AGSはまた、Twitchのために作成されたStream+, Twitch Metastream, Broadcaster Match Builder, Broadcaster Spotlight等の新機能を発表しました。 Breakawayについてもっと詳しく知りたければ、playbreakaway.com の確認と Twitterの@PlayBreakaway のフォローをお願いします。 翻訳はSA 森が担当しました。原文はこちらです。

Read More

週刊 AWS – 2016 年 9 月 27 日

今回の週刊 AWS の作成には AWS 内外から 14 人の寄稿者にご協力いただきました。自分もぜひ参加していみたいという方は (re:Invent でランチ無料の可能性あり)、GitHub の週刊 AWS をご覧ください。 月曜日 9 月 26 日 AWS Podcast が、Startup の Abby Fuller 氏へのインタビューのエピソード www.airtime.com を公開しました。 AWS Enterprise Blog が、クラウドの使用開始についてブログを公開しました。 AWS Security Blog が、暗号化された Amazon EBS スナップショットを使用してカスタム AMI を作成し、それを他のアカウントおよびリージョンと共有する方法に関するブログを公開しました。 AWS Government, Education, & Nonprofits Blog が、Exatype: HIV 薬物耐性テスト用のクラウドについてブログを公開しました。 [backspaceblog] が、Amazon CloudFront、EC2、および NodeJS を使用した超高速な動的ウェブサイト – パート […]

Read More

初年度のAlexa賞 – 250万米ドルを会話AI分野に投資

毎晩、日没の時間を Alexa に聞き、夕日のタイミングに合わせた 10 分前に散歩に出掛け、地平線に見えるオリンピック山脈の景色を楽しんでいます。 家族も友人達も、キッチンに置いてある Amazon Echo をとても気に入っています。先週は Alexa に冗談をリクエストしてみたり、日没の時間を聞いたり、音楽を掛けたり、次のシアトルシーホークスの試合時間をチェックしてもらいました。自宅に遊びに来る友人達も、すでに Alexa にリクエストすることに慣れたようです。まだ Alexa に慣れていない人でも、何度か練習するだけですぐにコツを掴んでいます。 すでに便利な Alexa ですが、これ以上に優れたものにできると Amazon は考えています。ユーザーの皆様が Alexa を搭載しているデバイスで短文ではなく普通の会話ができるようにしたいと思っています。今後 Alexa がスタートレックに登場する LCARS のようなコンピューターになることも夢ではありません。 Alexa Prize 高度な会話ができる人工知能 (AI) を現実にするため、Amazon では今年から Alexa Prize を毎年開催することにしました。会話 AI 分野の発展を目的とし毎年開催する大学生対象のこのコンテストで、Amazon は初年度において 250 万ドルを投資しました。 各大学のチーム (教授陣のスポンサーがリード) は Alexa Skills Kit (ASK) を使用して、人気の話題やニュースについて会話ができる「socialbot」を構築することができます。参加者である学生達に向けてコーパス提供に協力しているワシントンポスト紙など複数の情報源によるデジタルコンテンツのコーパスにアクセスすることができます。 Alexa を使用している何百万人というユーザーが、芸能人のゴシップや科学分野の飛躍的なニュース、スポーツ、テクノロジー (その他) といった幅広い範囲の内容について socialbot と会話を始めます。会話が終了すると、参加者達の socialbot […]

Read More

2017 年開始 – フランスの AWS リージョン

クラウドコンピューティングが世界中の組織で一般化するに伴い、その顧客ベースも着実に拡大し多様さを増しています。AWS では今後もさらに多くの AWS リージョンを構築しリリースする予定です。 ボンジュール ラ フランス 2017 年、フランスのパリに AWS リージョンがオープンします。この新しいリージョンは AWS パートナーとお客様がフランス国内でワークロードを実行しデータを保存できるようにします。 このリージョンは欧州で 4 番目の AWS リージョンになります。現在、欧州には 2 つのリージョンがあります – 欧州 (アイルランド)、欧州 (フランクフルト) そして今後数か月以内に英国にもリージョンを追加する予定です。これらのリージョンは AWS をご利用のお客様に合計 10 のアベイラビリティゾーン (AZ) を提供し、欧州内でデータを保存しながら耐障害性の高いアプリケーションを設計できるようにしています。 今回のリリースに伴い、AWS のグローバルインフラストラクチャは世界中の 13 か所に渡り 35 のアベイラビリティゾーンから構成されていることになります。さらに、来年はフランス、カナダ、中国、米国オハイオ州、英国で 5 つの AWS リージョン (および 12 のアベイラビリティゾーン) をリリースする予定です (詳しくは「AWS グローバルインフラストラクチャ」のページをご覧ください)。 引き続きフランスの新規および既存のお客様へのサービス提供と欧州全体に渡るパートナーと協力して参ります。もちろん新しいリージョンは新規のお客様だけでなく、すでに AWS をご利用いただいているお客様でデータをフランス国内で処理し保存したいという方々もご利用いただけます。 フランスの AWS リージョンに関する詳細はパリのチーム宛て aws-in-france@amazon.com にメールでお問い合わせください。

Read More

AWS Answers – AWS で不安を感じずに効率良く構築する

企業や団体が AWS Cloud に移行を決定しそのメリットを感じ始めたら、次のステップはアプリケーションを適切に構築することです。数々のお客様の様子を見て分かったのはベストプラクティス、具体的な設計パターン、既製のソリューション、高度な戦略的ガイダンスを探していることです。 そこで今日は新しい AWS Answers ページをご紹介します。 このページでは AWS アプリケーションのアーキテクチャや構築そして実行に関するよくある質問について分かりやすくお答えします。これにはアカウント、設定とインフラストラクチャ管理、ログ、移行、モバイルアプリケーション、ネットワーキング、セキュリティ、ウェブアプリケーションなどがあり、項目別にそれぞれのガイダンスを提供しています。経験豊富な AWS アーキテクトが情報を提供し、回答は Q&A 形式で掲載します。回答に協力したスタッフ全員がお客様と直接コミュニケーションを取り、プロセス時に集積した実際の経験をどの回答にも反映させています。 各回答は、ポイントを押さえて説明したブリーフィングまたは AWS CloudFormation を使用してデプロイできる自動化ソリューション、オンラインで閲覧可能もしくは PDF 形式でダウンロードできる実装ガイドなど、どの質問においても具体的な解決方法を提供しています。回答例は次をご覧ください。 AWS WAF を使用して構成済みの保護をデプロイするには? – 右側の図のように、構成済みの AWS WAF ルールとカスタムコンポーネント (honeypot を含む) をソリューションが設定します。 Amazon EC2 インスタンスを自動的に開始または停止するには? – 使用していない EC2 インスタンスを停止し必要に応じて再開するには、ソリューションが EC2 スケジューラを設定します。 Amazon Machine Image に含むべきものは? このブリーフィングではイメージ作成のベストプラクティスと一般的な 3 つの AMI 設計について紹介しています。 AWS で VPN モニタリングを導入するには? – […]

Read More