Amazon Web Services ブログ

Amazon Honeycode で学校の安全な開校を支援

(この記事は、 Helping schools open safely with Amazon Honeycode を翻訳したものです。) 2020年は物理的に人を集めなければならない組織、特に学校にとっては困難な時期でした。教師と生徒が安全に集まれるようにするための一般的なアプローチは、毎日子供が登校する前に保護者に情報提供を求めることです。この記事では米国ボストンの St Johns Nursery School で使用されている毎日の健康状態を確認するためのアプリを構築するにあたっての検討内容と手順を紹介します。

Read More

Amazon Honeycode を使ってコーディングなしで経費管理アプリケーションを作成する方法

(この記事は、 How to create an Expense Tracking App without coding using Amazon Honeycode を翻訳したものです。) 概要 アプリケーションを作るためにはプログラミングの経験が必要と思っている方も多いと思います。しかし、Gartner社によると「2024年までに、ローコードアプリケーション開発がアプリケーション開発の65%以上を占めるようになる」と言われています。これからのアプリ開発は技術的なバックグラウンドを持つ人も持たない人も、プログラミングやコードを必要とせずにアプリを作ることができるシンプルなインターフェイスになるということです。 AWSはユーザーフレンドリーな "ノーコード" アプリ開発プラットフォームである Amazon Honeycode を提供しています。Honeycode はモバイルやウェブ向けのカスタム生産性アプリケーションをプログラミングなしで構築することができます。 Honeycode は iOS と Android の両方に対応したアプリケーションの開発を無料で始めることができます。

Read More

2021 Gartner Magic Quadrant for Cloud Infrastructure & Platform Services (CIPS) において、AWS が 2021 年に 11 年連続でリーダーに選出

私は、AWS で仕事を進める際に、お客様のコスト削減、俊敏性の向上、迅速なイノベーションを支援することに重点を置いた、さまざまな素晴らしいチームと連携しています。これらの取り組みが、お客様と大手アナリストによって認識されていることは非常にやりがいのあることです。 昨年、Gartner は新しい Magic Quadrant for Cloud Infrastructure and Platform Services (CIPS) を導入しました。これは、Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service (IaaS) の範囲を拡大し、追加の Platform as a Service (PaaS) 機能を含めるようにするとともに、マネージドデータベースサービス、サーバーレスコンピューティング、デベロッパーツールなどの領域も対象とするように拡張しました。 本日は、2021 Magic Quadrant for Cloud Infrastructure and Platform Services において、AWS が 11 年連続でリーダーに選出され、実行能力およびビジョンの完全性の軸で最高評価を受けたことをお知らせします。

Read More
そろそろマネージド、クラウドネイティブで行こう!サーバーレスへのチャレンジ

【開催報告】そろそろマネージド、クラウドネイティブで行こう!サーバーレスへのチャレンジ

こんにちは アマゾン ウェブ サービス ジャパン 株式会社 ソリューションアーキテクトの安達です。 2021年7月14日に「そろそろマネージド、クラウドネイティブで行こう!サーバーレスへのチャレンジ」を開催いたしました。 本記事では、セミナーの内容や当日の資料を皆様にご紹介します。 前回のコンテナ編のイベント開催報告ブログは、こちらになりますので、こちらも是非ご覧ください。 開催の背景 マネージドやクラウドネイティブが気になっているけど、まだ手を出せていない方や、部分的には使っているけど、まだまだ現状の運用に負荷を感じている方、多くいらっしゃると思います。そのような方向けに、「そろそろマネージド、クラウドネイティブで行こう!」セミナーシリーズを作りました。本シリーズでは3回に渡って、コンテナ、サーバーレス、マネージド NoSQL DB にフォーカスした内容をお届けする予定です。 今回はその第2回目のサーバーレス編でした。本セミナーでは、新規にサーバーレスの導入を検討されている方、既存のアプリケーションをサーバーレスに移行を検討されている方、よりサーバーレスを活用していきたい方など、様々なフェーズの方々を対象に、実際に最前線でサーバーレスの活用をされているお客様の事例や、そこで学んだことなどを共有いただきました。また、AWSより、サーバーレスを使った段階的なモダンアプリケーション化の適用ステップについてもご紹介しました。

Read More

現代自動車、Amazon SageMakerを用いて自動運転のための機械学習モデルの学習時間を短縮

韓国のソウルに本社を置く現代自動車は、世界最大級の自動車メーカーです。彼らは、自動運転車の開発競争に多くの人的・物的資源を投資しています。 自動運転によく使われるアルゴリズムの一つにセマンティックセグメンテーションがあります。これは、画像のすべてのピクセルにオブジェクトクラスをアノテーションするタスクです。これらのクラスは、道路、人、車、建物、植生、空などです。通常の開発サイクルでは、現代自動車のチームは定期的に精度をテストし、特定の状況下で予測性能が不十分な場合は追加の画像を収集して補正します。しかし、新しいデータをすべて準備するには、モデルの学習に十分な時間を確保しつつ、予定された納期に間に合わせることができないことが多いからです。現代自動車は、Amazon ML Solutions Lab とともに、スケーラブルな AWS クラウドとデータ並列化のための新しい SageMaker ライブラリを含む、Amazon SageMaker を活用して学習を大幅に高速化することで、この問題を解決しました。

Read More

消費財企業と物流ベンダーがAWSデータレイクで車両管理を最適化する方法

この一連のブログのパート1 「消費財企業と物流ベンダーにとって車両管理データレイクが必要な理由」では、消費財企業と物流ベンダーが輸送と車両管理のためにデータレイクを必要とする理由を説明しました。 簡単に要約すると、データレイクは輸送と車両のデータを保存、管理、分析し、車両のメンテナンス、ドライバーの安全、配送ルート、小売業者や顧客の満足度を最適化し、コストと CO2 排出量を削減する理想的な方法です。 このフォローアップブログでは、さまざまなデータタイプとフォーマットにわたって、スケーラブルに簡単にデータを分析し、輸送車両を最適化できる AWS データレイクのアーキテクチャを説明します。

Read More

消費財企業と物流ベンダーにとって車両管理データレイクが必要な理由

消費財企業にとって輸送は重要なパズルのピースです。現材料と構成部品を製造施設に配送し、完成品を小売業者と消費者に届けることが重要です。これは、輸送と物流に問題が起こると、消費財企業が大きな影響を受けることを意味します。inboundlogistics.com によると、労働力不足や消費者の購入増加、世界中の輸送の課題、予測困難な気象イベント、COVID-19 パンデミックの全体的な影響のため、2021 年中は輸送はタイトになると予想されています。 これらの要因から考えるべきポイントは何でしょうか?消費財企業は、輸送のニーズを注意深く監視する必要があります。 さらにできれば、問題が発生した際に迅速に対応できるよう、インバウンドおよびアウトバウンドの輸送ニーズを積極的に管理するべきです。 輸送ニーズを積極的に管理するために何ができるのか、疑問に思われるかもしれません。答えは車両管理 (フリートマネジメント) のためのデータレイク構築です。 このブログでは、消費財企業と物流ベンダーが輸送と配送車両を管理するために、データレイクがどのように役立つかを示します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON141 コンテナ入門 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON141 コンテナ入門」を公開します。視聴は YouTubeから、資料閲覧は SlideShareから可能です。 本セッションでは、コンテナとは何か、コンテナの特徴とメリット、及びコンテナがもたらす価値について10分ほどで説明を行います。コンテナとは何かをこれから学習する方々のみならず、コンテナがビジネスにどのような影響を及ぼすかを知りたい経営者むけに作成しました。 7分45秒目付近では、コンテナ導入で「OpsとDevの境界分離」&「厳密な同一性を維持した形で、成果物がテストから本番環境まで稼働する」ことを可能にし、アプリ開発(Dev)にもインフラ運用(Ops)双方に意味があることを説明しています。 今回の YouTube も AWS Black BeltオンラインAWS コンテナサービスシリーズのYouTubeの再生リストに追加しています。こちらもご利用ください。 AWS Black Belt Online Seminar 全体の資料はこちらにあります AWS Black Belt Online Seminar オンデマンド動画 コンテンツ 一覧 AWS サービス別資料 (すべての過去資料が閲覧できます) プレゼンテーション作成およびスピーカー担当はAWSインターネットメディアソリューション部ソリューションアーキテクトの黄が、記事はAWSコンテナスペシャリスト プリンシパルソリューションアーキテクトの荒木が担当しています。

Read More

AWS IoT SiteWise アラームを使用した産業機器のリアルタイムモニタリング

はじめに AWS IoT SiteWise のアラーム機能を使用すると、デバイス、機器、プロセスのルールベースのアラートを設定、視覚化、および管理できます。機器データがしきい値に違反した場合、ほぼリアルタイムにSMSまたは電子メールでアラートを受信できるため、運用チームは計画外の機器のダウンタイムを削減するためのタイムリーなアクションを実行できます。AWS IoT SiteWise アラームは AWS IoT Events によって提供され、それに緊密に統合されているため、AWS IoT SiteWise コンソール、AWS IoT SiteWise 監視ウェブアプリケーション、または AWS IoT SiteWise SDK を使用してアラームを作成できます。本記事では、AWS IoT SiteWise と AWS IoT SiteWise モニターでの統合されたアラーム体験を紹介します。AWS IoT SiteWise でアラームを作成し、AWS IoT SiteWise と AWS IoT SiteWise モニターで監視します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON350 コンテナとサーバレスの使い分け 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON350 コンテナとサーバレスの使い分け」を公開します。先日開始した、AWS Black Belt オンラインセミナーのコンテナサービスのビデオ(13分ほど)です。視聴は YouTubeから、資料閲覧は SlideShareから可能です。 サーバレスには魅力が沢山あります。サーバ管理不要、柔軟なスケーリングが利用可能、アイドル時もリソース確保不要、高可用性が組み込み済みなど盛りだくさんです。コンテナスペシャリストとして仕事をしている私ですが、サーバレスは本当に魅力的です。知った上でコンテナを使いたいですよね。 AWSのソリューションアーキテクトとして仕事していると、多くのお客様やパートナーの方からコンテナとサーバレスを勉強はしてきたものの、コンテナとサーバレスをどのように使い分けたらいいのかがわからないので指針がほしいという声をしばしば聞きます。今回のセミナーはそのために作成しました。 説明の中では、3層構造のよくある Web サイト構築をコンテナとサーバレス(と、Amazon EC2)で行う場合について比較をしています。サーバレスでの構築では、Amazon API Gateway を使って、コンテナではロードバランサを使っています。外部からのHTTPリクエスト処理ひとつとっても完全に同じではないのでわかりやすい違いがあります。 どちらでも実装できるのだが、という場合に役に立つのは11ページ目です。コンテナでいくのか、AWS Lambda でいくのかというディシジョンツリーを解説しています。こちらもぜひ御覧ください。 今回の YouTube も AWS Black BeltオンラインAWS コンテナサービスシリーズのYouTubeの再生リストに追加しています。こちらもご利用ください。 AWS Black Belt Online Seminar 全体の資料はこちらにあります AWS Black Belt Online Seminar オンデマンド動画 コンテンツ 一覧 AWS サービス別資料 (すべての過去資料が閲覧できます) 本記事およびスピーカーはいずれも、AWSコンテナスペシャリスト プリンシパルソリューションアーキテクトの荒木が担当しています。  

Read More