Amazon Web Services ブログ

re:Invent 2020: AWS Containers Track

re:Inventは11月30日 (月) 〜12月18日 (金) の3週間を通して開催される無料かつ完全オンラインのカンファレンスです。 今週より、登録済みのお客様は多岐に渡るAWSサービスに関するライブ及びオンデマンドのセッションへアクセスすることができます。本記事ではコンテナサービスのトラック、例えば Amazon ECS、Amazon EKS、AWS Fargate、Amazon ECR、AWS App Meshに関連するセッションについてご紹介させていただきます。また、お客様のフィードバックに基づき、今年は過去人気の高かった“Getting Started”セッションやリーダシップトーク、お客様事例のセッションを復活させました。 去年のre:Invent 2019からの進化をお客様へご共有できること、心より嬉しく思います。是非ご登録いただき、アジェンダよりご覧になりたいセッションをカレンダーへ追加してください。 ローンチセッション An introduction to Amazon ECS Anywhere, Massimo Re Ferre, Principal Technologist Amazon ECS キャパシティプロバイダーは、コンテナ化されたワークロードをさまざまなタイプのコンピュートキャパシティで実行できるようにする柔軟なルール定義機能およびそのキャパシティのスケーリング管理機能を提供するものです。本セッションでは、“オンプレミス”キャパシティプロバイダーがどのようにして多種のキャパシティ上で起動するAmazon ECSタスクやサービスを統一されたAPIを使って、コントロールプレーンの追加的ソフトウェアが必要なく管理できるかを見ていきます。オンプレミス、或いは別のクライド上でコンテナをAmazon ECSからオーケストレーションする方法についてご案内します。 セッション詳細 12月9日 2020 | 7:30 AM – 8:00 AM JST 12月9日 2020 | 3:30 PM – 4:00 PM JST 12月9日 2020 | […]

Read More
AWSデジタルトランスフォーメーション

【開催報告 & 資料公開】 AI/ML@Tokyo #8 エンタープライズにおけるDXとAI/ML 開催報告

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 機械学習ソリューションアーキテクトの伊藤です。AWS Japan では、AI/ML 関連情報を発信するイベント「AWS AI/ML@Tokyo」を定期的に開催しています。2020年11月26日にオンラインで開催された AWS AI/ML@Tokyo #8では、AWSのAI/ML事業開発シニアスペシャリストより、エンタープライズ企業におけるAI/機械学習プロジェクトの進め方をご紹介し、ソリューションアーキテクトより、手軽に導入できるAIサービスを活用した実際のユースケースのご紹介をいたしました。また、お客様活用事例として、株式会社 JAL インフォテック様、三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社様 におけるAIサービスや Amazon SageMaker を活用したDX事例をお話しいただきました。

Read More
週刊AWS

週刊AWS – 2020/11/30週 (re:Invent 特別編集号)

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの下佐粉です。 今週も週刊AWSをお届けします。 先週からAWSの年次イベント AWS re:Invent 2020 が開催になりましたね。今回はオンライン開催、無料で参加可能、かつ3週間に渡っての開催と初の試みが多いre:Inventになっています。去年と同様、re:Invent期間中は特別編集号とさせていただき、筆者らが独断と偏見でピックアップした重要アイテムを紹介する形でお送りします。今号はKeynote (Andy Jassy)で発表されたものを中心にピックアップしてご紹介します。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More
EKS Managed Addons

Amazon EKS add-ons のご紹介: Kubernetes 運用ソフトウェアのライフサイクル管理

この記事は、Introducing Amazon EKS add-ons: lifecycle management for Kubernetes operational software を翻訳したものです。 当初から、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の目標は、Kubernetes クラスター管理の専門家ではなくても AWS 上で Kubernetes を簡単に実行できるフルマネージドサービスを構築することでした。Amazon EKS が最初にローンチしたとき、それはフルマネージドな Kubernetes コントロールプレーンを意味していました。やがて、お客様からはクラスターに必要なコンピュートパワーの管理を支援してほしいという要望が出てきました。1 年前には、EKS Managed Node Groups と AWS Fargate のサポートを導入しました。 お客様からはさらなる改善のご要望をいただいていました。本日は、フルマネージドな Kubernetes クラスターを提供するための主要なステップである新機能、EKS add-ons について紹介したいと思います。EKS add-ons を使用すると、Kubernetes アプリケーションをサポートするための重要な機能を提供する運用ソフトウェアまたはアドオンを構成、デプロイ、更新することができます。これらのアドオンには、Amazon VPC CNI のようなクラスタネットワーキングのための重要なツールのほか、可観測性、管理、スケーリング、セキュリティのための運用ソフトウェアが含まれます。 本日より Amazon VPC CNI plugin から、Amazon EKS では、新しいクラスターを作成するとき、またはクラスターの実行後いつでもアドオンを有効にできるようになりました。EKS は、クラスター上でアドオンソフトウェアを起動し、1 […]

Read More

AWS Marketplace がプロフェッショナルサービスの提供を開始しました

AWS Marketplace では、お客様がサードパーティーソフトウェアだけでなく、計画、デプロイメント、およびサポートを含めたこれらの製品のライフサイクル全体をサポートするために必要なプロフェッショナルサービスも検索して購入することができるようになりました。これにより、プロバイダーとの関係と調達プロセスの管理といったタスクを含めたソフトウェアサプライチェーンがシンプル化されるとともに、請求と請求書も 1 か所に統合されます。 お客様はこれまで、AWS Marketplace を使用してソフトウェアを購入した後、プロフェッショナルサービスの契約に個別のプロセスを使用していました。多くのお客様には、サードパーティーソフトウェアの購入時にプレミアムサポート、実装、またはトレーニングなどの追加のプロフェッショナルサービスが必要になります。異なる調達プロセスをサポートするための追加の作業は、お客様のプロジェクトのスケジュールに影響を及ぼし、組織をより一層複雑にしてしまいます。 昨年、AWS は AWS IQ を発表しました。これは、AWS のプロジェクト作業のために、お客様が AWS 認定のサードパーティーエキスパートを活用することを支援するサービスです。今年は、それをさらに一歩前進させて、お客様が現在 AWS Marketplace から購入するすべてのサードパーティーソフトウェアソリューションに対するプロフェッショナルサービスを見つけるお手伝いをします。 購入者 購入者は、AWS Marketplace を使用して、複数の信頼できる出品者からのプロフェッショナルサービスを見つけ出し、ソフトウェアとサービスからの請求書と支払いをまとめて管理して調達時間を短縮し、このプロセスを数か月から数日に短縮することができるようになります。 この新しい機能では、購入者が、コンサルティングパートナー、マネージドサービスプロバイダー、および独立系ソフトウェアベンダーからの評価、実装、プレミアムサポート、マネージドサービス、およびトレーニングなどのさまざまなプロフェッショナルサービスから選択することが可能になります。 プロフェッショナルサービスの検索と購入を開始するには、まず適切なサービスを見つける必要があります。特定のソフトウェアに関連付けられたプロフェッショナルサービスをお探しの場合は、AWS Marketplace の検索ツールを使用してソフトウェアを検索でき、関連するプロフェッショナルサービスが検索結果に表示されます。Delivery Methods (提供方法) を使用して結果をフィルタリングし、結果をプロフェッショナルサービスに絞り込みます。 お探しのサービスを見つけたら、サービスの詳細ページにアクセスして、サービスの詳細情報を確認することができます。そのサービスを購入する場合は、[Continue] をクリックしてください。 クリックすると、Request service (サービスのリクエスト) フォームが表示され、これを使って出品者に連絡し、サービスをリクエストすることができます。出品者が通知を受け取ると、成果物、マイルストーン、料金、支払いスケジュール、およびサービス条件などの業務範囲について合意するために、お客様に連絡することができます。 具体的な契約詳細のすべてについて出品者と合意すると、出品者がプライベートオファーを送信します。すると、オファーページには、サービスのリクエストフォームではなく、プライベートオファーの詳細が表示されるようになります。この料金、支払スケジュール、および契約条件を確認して、契約を作成できます。 AWS Marketplace でプライベートオファーを確認して承諾すると、サービスのサブスクリプションが開始されます。また、AWS Marketplace からの請求書も送信され、購入者のマネジメントコンソールでサブスクリプションを追跡できます。サービス購入の明細は AWS の請求書に記載されるので、支払いとコスト管理がシンプルになります。 出品者 この AWS Marketplace の新機能は、出品者がそのプロフェッショナルサービスを出品することによってビジネスを成長させ、新規顧客を獲得することを可能にします。プロフェッショナルサービスは、ソフトウェアとは別の料金、支払いスケジュール、およびサービス条件を使用して、AWS Marketplace に個別の製品として出品、または既存のソフトウェア製品とともに出品することができます。 AWS Marketplace では、見込み購入者に表示される、出品者としての情報のすべてが記載された出品者ページを作成します。 公開されたプロフェッショナルサービスは検索可能で、出品者のプロファイルに表示されます。お客様からは、出品した各サービスに対するリクエストを受け取ります。サービス契約の詳細についてお客様と合意したら、お客様にプライベートオファーを送信します。 […]

Read More

お客様と ISV のライセンスの追跡と配布を効率化する AWS License Manager の Managed Entitlements

AWS License Manager は、アマゾン ウェブ サービス (AWS) およびオンプレミス環境の全体で、Microsoft、SAP、Oracle、および IBM などのベンダーからのソフトウェアライセンスを簡単に管理できるようにするサービスです。ライセンス契約に基づいてルールを定義して、使用可能な数を超えるライセンスの使用などのライセンス違反を防ぐことができます。ルールは、ライセンス違反の防止に役立てる、または違反を通知するように設定できます。AWS License Manager は、BYOL (Bring Your Own License) の使用状況の自動検出も提供しています。これは、環境全体におけるソフトウェアのインストールとアンインストール状況を把握しておくことを可能にし、ライセンス違反に関するアラートを発行します。 License Manager は、ソリューションを構築し、ビジネスを運営するためのサードパーティーのソフトウェア、データ、およびサービスを簡単に検索、購入、デプロイ、および管理できるキュレーションされたデジタルカタログ、AWS Marketplace で購入したライセンスを管理することができます。Marketplace には、セキュリティ、ネットワーキング、ストレージ、機械学習、ビジネスインテリジェンス、データベース、および DevOps などの人気カテゴリの独立系ソフトウェアベンダー (ISV) から数千個におよぶソフトウェアが出品されています。 AWS License Manager の Managed entitlements 本日から、AWS License Manager の新機能である Managed entitlements をご利用いただけます。この機能は、AWS Organizations 全体でのライセンスの配布、ソフトウェアデプロイメントの迅速な自動化、およびライセンスの追跡をすべて単一の中央アカウントから実行することを可能にします。これまでは、各ユーザーがそれぞれ独自の AWS アカウントから個別にライセンス条項に同意し、サブスクライブする必要がありました。これは、ビジネスが成長し、拡大するにつれて、ますます非効率的になります。 お客様は、AWS Marketplace の 1,600 を超えるベンダーから購入できる 8,000 を超える出品を管理するために Managed Entitlements 使用でき、AWS […]

Read More

新機能 – AWS Well-Architected Tool の SaaS レンズ

安全性、耐障害性、および効率性に優れた高パフォーマンスソリューションの AWS での構築を支援するため、AWS は 2015 年に AWS Well-Architected Framework を一般公開しました。これは、1 部のホワイトペーパーとしてスタートしましたが、ドメイン固有のレンズ、ハンズオンラボ、およびワークロードを定期的に評価し、高リスク問題を識別して、改善点を記録するメカニズムを提供する AWS Well-Architected Tool (AWS マネジメントコンソールから無料でご利用いただけます) に拡大されました。 ワークロード固有のアドバイスをより多く提供するため、2017 年には「レンズ」の概念でフレームワークを拡張し、一般的な見解の枠を超えて、特定のテクノロジー分野に参入しました。現在、Software-as-a-Service (SaaS) ソリューションの構築を促進するために、AWS SaaS Factory チームが新しい AWS Well-Architected SaaS レンズ を構築する取り組みを先導しています。 SaaS は、ソフトウェアがプロバイダーによって一元的に管理およびホストされ、サブスクリプションベースで顧客に提供されるライセンス供与/デリバリーモデルです。このモデルの使用により、ソフトウェアプロバイダーは迅速に革新し、コストを最適化して、運用効率性を向上させることができます。それと同時に、顧客側もシンプル化された IT 管理、スピード、および使用分の料金だけを支払うというビジネスモデルのメリットを活かすことができます。 Well-Architected SaaS レンズは、SaaS ワークロード向けにカスタマイズされ、SaaS ワークロードの開発と運用に対するクリティカルシンキングを促進することを目的とした質問をツールに追加します。各質問にはベストプラクティスのリストがあり、各ベストプラクティスにはそれらを実施するために役立つ改善計画のリストがあります。何千人ものソフトウェアデベロッパーや AWS パートナーと連携してきた AWS SaaS Factory Program の AWS ソリューションアーキテクチャは、これらの Well-Architected パターンを AWS で SaaS アーキテクチャを構築して運用するための重要な要素として認識しています。 Well-Architected Tool […]

Read More

正式リリース – Amazon WorkSpaces Streaming Protocol (WSP)

様々なデバイスから、場所を問わずにクラウド上のデスクトップにアクセスできるマネージド型でセキュアなサービスとしてのデスクトップ(DaaS)ソリューションであるAmazon WorkSpacesは、日本でも普及・浸透が進むリモートワーク(テレワーク)での活用など、多くのお客様にご利用いただいています。 この記事では、12月1日に正式リリースが発表されたAmazon WorkSpaces Streaming Protocol (WSP)をご紹介します。WSPはネットワーク環境に影響されづらい一貫した仮想デスクトップ体験と、リモートワーク時代に即したWebカメラサポートなどの新機能を提供するクラウドネイティブなストリーミングプロトコルとして開発されました。

Read More

SAP HANA監視: Amazon CloudWatchを使用したサーバレスアプローチ

はじめに 以前のブログ記事で、Amazon CloudWatchを使用してSAP NetWeaver ABAPベースの環境を監視する方法を紹介しました。 これにより、アプリケーションレベルでSAPワークロードを監視する簡単な方法を提供し、監視ダッシュボードとアラームをお客様独自の要件に合わせられるようにします。このブログ記事では、SAP HANA用にAmazon CloudWatchとAWS Lambdaを基にした同様のサーバレスアプローチを提供することで、このソリューションを完全にします。

Read More

現在準備中 – 2020年に 3 つ、2021年には 12 のさらなる AWS ローカルゾーンが開設

私たちは、昨年 12 月にロサンゼルスで最初の AWS ローカルゾーン を立ち上げ、2020 年 8 月に 2 つ目のローカルゾーン (ロサンゼルス) を追加 しました。私は最初の記事で、より多くの地理的な領域へのローカルゾーンの追加を検討することになるだろうという Andy Jassy の発言を引用しました。 お客様は、これらのゾーンの EC2 インスタンスおよびその他のコンピューティングサービスを使用して、特にアーティストワークステーション、ローカルレンダリング、スポーツ放送、オンラインゲーム、金融取引処理、機械学習の推測、バーチャルリアリティ、拡張現実アプリケーションなどをホストしています。これらのアプリケーションは、地理的な近接性によって可能になる極めて低いレイテンシーの恩恵を受けます。 追加のローカルゾーン 本日、さらに 3 つのローカルゾーンを開設し、2021 年にはさらに 12 のローカルゾーンが開設予定であることをお知らせできることを嬉しく思います。 ボストン、ヒューストン、マイアミのローカルゾーンがプレビューフォームで利用できるようになりました。今すぐアクセスをリクエストできます。2021 年には、ニューヨーク市、シカゴ、アトランタなどの主要都市および大都市圏にローカルゾーンを開設する予定です。 米国本土の大多数のユーザーに 1 桁のミリ秒のレイテンシーでアクセスを提供することを目標として、ターゲットとなる都市を選択しています。アプリケーションの最もレイテンシーの影響を受けやすい部分をローカルゾーンにデプロイすることで、ユーザーに素晴らしいパフォーマンスを提供できます。上記のユースケースに加えて、まだ想像や構築されていないさらに多くのものが見れることを期待しています。 ローカルゾーンの使用 最初の投稿では、ローカルゾーンを使用するプロセスをステップスルーしました。そこで述べたすべてが引き続き適用できます。するべきことは、次のとおりです。 プレビューへのアクセスをリクエストし、返信を待ちます。 ローカルゾーンの新しい VPC サブネットを作成します。 EC2 インスタンスを起動し、EBS ボリュームを作成して、アプリケーションをデプロイします。 知っておくべきこと ここでは、新しいローカルゾーンおよび今後のローカルゾーンについて知っておくべきことをいくつか紹介します。 インスタンスタイプ – ローカルゾーンには、C5、R5、T3、G4 など、さまざまな EC2 インスタンスタイプがあります。 モデルの購入 – コンピューティングキャパシティをローカルゾーンにおいてオンデマンドで使用できます。また、Savings Plan を購入して、割引を適用できます。一部のローカルゾーンは、スポットインスタンスの使用もサポートしています。 AWS […]

Read More