Amazon Web Services ブログ

Tag: クラウドトランスフォーメーション

tape-measure

トランスフォーメーションの成功を測定する

自社のクラウドジャーニーおよびデジタルトランスフォーメーションが成功しているかは、どのようにすれば分かるでしょうか?もしくは、デジタルイニシアチブ (訳注:デジタル化への取り組みや新規構想戦略) を計画する際には、どのようなメリットを期待するべきで、それらはどのように会社の業績に反映されるのでしょうか? 今日のビジネス環境の不確実性と変化を考えると、結果を測定するための安定したベースラインを見つけることが難しい場合があります。一方、クラウドと DevOps を活用すると、継続的な学習と調整が容易になります。つまり、すべての不確実性と変化に対処し、意図したメリットを実現できます。 このブログ投稿では、役立つと思われるいくつかのフレームワークをご提案します。

Read More

エンタープライズ戦略ブログ 2021 : 年末のまとめ

概要 年間を通じて私たちが話す AWS のカスタマーエグゼクティブにとって最も重要と思われるトピックについてブログに投稿しています。エンタープライズ戦略チームの私たち一人一人は、企業文化の変革、組織構造、企業ポリシー、ガバナンスモデル、投資戦略などのデジタルトランスフォーメーションにおける課題を支援するために、通常は最上級のエグゼクティブレベルで、年間 100 〜 200 回の顧客会議を開催しています。 それらの会議は私たちにお客様の関心事を聞く機会を与えてくれます。年末の静かな時期は 1 年を振り返り、どのようなパターンが現れたのかを確認する機会を与えてくれます。毎年恒例のブログ投稿まとめでは 1 年を振り返り、テーマ別にブログ投稿を整理します。

Read More

リフトアンドシフト:クラウドトランスフォーメーション中にサーバーを AWS にリホストする

訳注:本ブログにおいての「リフトアンドシフト」はリホストと同義としています。AWSではリフトとシフトは別のステップではなく、現行の物理サーバーや仮想サーバーの構成をそのままクラウドに移行することをリホストとしています。 クラウドを最大限に活用するには、大抵の組織でプロセス、ガバナンスモデル、およびテクニカルアーキテクチャを変更する必要があります。しかし、それは単にアプリケーションを「リフトアンドシフト」するだけでは価値がないという意味ではありません。「リフトアンドシフト」は、クラウドジャーニーの素晴らしい第一歩になりえます。アジャイルな作業方法に沿って、リスクを管理し、徐々に進捗させ、しかし迅速に利益を得られるようにするのはアイデアとして申し分ありません。まずは、リホストするだけでも、価値の向上の最初の段階として役立ちます。その後、クラウドネイティブアーキテクチャで再構築し、プロセスとガバナンスモデルを変更することで、(かなりの) 付加価値がもたらされます。このブログ記事では、ダミアン レナーとヤニフ エールリッヒが説明します。 −マーク

Read More

クラウドの1兆ドルの価値を解き放つ

クラウド移行のビジネスケース 私はこれまで、いくつかの企業がクラウドのビジネスケース(大きな投資や戦略的取り組みを行う際に、それによって組織が得られる価値や経済的利益を説明する文書のこと。実施の妥当性を判断するために利用される)を組み立てて精査するのに苦労しているのを見てきました。 直感的に、彼らはその投資が根拠のあるものであることを分かっています。しかしながら、彼らはインフラストラクチャのニーズを予測することに行き詰まり、クラウド化の推進を企業全体のより広範なROIに結び付けることに困難を感じています。幸い、クラウドから期待できる利益を明確にするためのより良い方法があります。あなたの会社の状況を、マッキンゼーのような専門家によって確立されたベースライン指標と比較することで、クラウド化による各種メリットを定量化し、それらのメリットの実現に向けてクラウド化を推進できます。

Read More

CCOEを構築するときに避けるべき7つの落とし穴

Cloud Center of Excellence (CCOE)を設立することは、多くの場合、企業のクラウドへの移行を迅速に開始し、ベストプラクティスと長期的な適合性を考慮して移行をガイドするための優れた方法です。 そういった企業は、クラウドのベストプラクティスに関する専門家のチームを編成し、彼らのスキルとクラウドへの情熱を利用して、その企業の残りのクラウドトランスフォーメーションに緊急性を与えています。 AWSでは、CCOEを設立するときに組織がうまくいかない可能性のあるいくつかのやり方を特定しました。 このブログ投稿では、AWSのシニアパートナーソリューションアーキテクトであるNéstor GándaraとEric Linが、これらの落とし穴を回避し、CCOEの可能性を最大限に引き出す方法を示します。 ―Mark

Read More
Cloud Transformation Flywheel

『V1 AWS設計(AWS移行時の初期設計)』のための効果的な意思決定

自組織の既存のビジネスアプリケーション・ポートフォリオを確認して、『V1 AWS設計』すなわち、AWSへ移行するための最初のアーキテクチャ設計を作成する場合、しばしば進捗を阻む以下の2つの主要な事象への対処を検討しなければなりません。 技術チームは、モダナイゼーションとマイグレーションのバランスが取れた明確なパスを見つける必要があります。 プラットフォームを変革するための明確な基準を提供するとともに、既存のシステム上でも新しいビジネス・ケイパビリティ(機能のリリースなど)を提供し続ける必要があります。 クラウド化の流れを加速してV1 AWS設計を実装するには、確立された効率的な意思決定プロセスを持つことが極めて重要であることが分かってきました。このプロセスを成功させるには、スピードのバランスを取り、モダナイゼーションの足かせとなる技術的負債に対処し、優先度の低い最適化はシステムをAWS上に配置した後まで延期するアプローチが有効と言えます。 このブログでは、AWSへの初期移行(V1)の明確なパスの決定方法、アプリケーションとインフラのアーキテクチャおよび構成をどの程度変革するか、そしてアプリケーションをAWSに移行する際の段階的なデプロイ自動化の程度に関して、効果的な決定を行う方法を紹介します。

Read More

デジタルトランスフォーメーション:誇大広告?それとも戦略的必然?

『デジタルトランスフォーメーション』という用語はつかみどころがなく、乱用されてきました。それにもかかわらず、それは多くのビジネスおよびテクノロジーエグゼクティブの優先事項であり続けています。このブログ投稿では、Amazon Web Services(AWS)プロフェッショナルサービス部門のシニアトランスフォーメーションアーキテクトであるDr. Saša Baškaradaが、デジタルトランスフォーメーションのドライバーとその3つの相互依存するステージについて説明します。結果として得られる概念モデルは、より効果的なトランスフォーメーション戦略の構築を容易にするでしょう。 ―Mark

Read More

アジャイルなクラウドトランスフォーメーションを採用すべき理由

テクノロジーに携わるエグゼクティブは一般に、アジャイルソフトウェア開発手法が効果的であることを理解し受け入れていますが、アジャイルなアプローチでクラウドトランスフォーメーションに取り組むことには躊躇する方もいます。彼らは、クラウドトランスフォーメーションはアジャイルが機能するには大きすぎて複雑すぎると信じています。このブログ投稿では、Amazon Web Services(AWS)Professional Servicesのシニア・クラウドトランスフォーメーション・アドバイザーであるSaša Baškarada博士が、クラウドトランスフォーメーションへのインクリメンタルかつ反復的、および適応的手法が、従来のプロジェクト管理よりも迅速に成功する結果をもたらす可能性が高い理由を説明します。 ーMark

Read More