Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS Compliance

“医療情報システム向け「Amazon Web Services」利用リファレンス”の公開:APN パートナー各社

医療情報システム向け「Amazon Web Services」(以下「AWS」)利用リファレンスが AWS パートナーネットワーク のパートナー(以下、APN パートナー)各社のサイトを通じて公開されましたので、お知らせさせていただきます。医療情報を取り扱うお客様がこの文書を活用することにより、医療情報システムの安全で効率的な構築が AWS 環境で可能となることを目指し、AWS は APN パートナー各社の皆様を継続して支援させていただいています。   -医療情報システム向け「AWS」利用リファレンスとは 日本において医療情報システムの構築・運用を行う上で遵守すべき厚生労働省、総務省、経済産業省の 3 省が定めた各ガイドラインに AWS 環境上で対応するための考え方や関連する情報を APN パートナー各社で整理検討したリファレンス文書となります。   -医療情報に関連したガイドラインおよび背景 日本では全ての医療行為は医療法等で医療機関等の管理者の責任で行うことが求められており、クラウドサービスを利用する場合も、医療情報システムの構築や運用に関連して、安全かつ適切な技術的及び運用管理方法を確立し、安全管理や e-文書法の要件等への対応を行う必要があります。こうした医療情報システムのデータは、個人情報保護法における「要配慮個人情報」に該当し、医療情報の取扱いにおいても、「収集」「保管」「破棄」を通じて、諸法令をはじめ、通知や指針等に定められている要件を満たす適切な取扱いができる仕組み作りが必要です。     医療情報システムでは、2018 年の現在において、厚生労働省、総務省、経済産業省の 3 省が定めた医療情報システムに関する各ガイドラインの要求事項に対して、医療情報に係る関連事業者や責任者が必要に応じて各種対策を施す必要があります。クラウド環境の導入を検討する場合には、これらのガイドラインの要求事項を整理検討し、必要となる対策項目の洗い出しや対応する情報、実施策の検討等を行う必要があります。     -AWS と APN パートナー様の取り組み Amazon Web Services(以下「AWS」)は、AWS の環境において、医療情報を取り扱うシステムを構築する際に参照される各種ガイドラインに対応するための「医療情報システム向け AWS 利用リファレンス」の文書の作成にあたり、AWS パートナー各社様をHIPAA等実績に基づき支援してきました。AWS は米国における HIPAA に対応した医療情報システムのクラウド基盤として多くの事業者に利用された実績を有し、セキュアで柔軟かつ低コストのクラウドサービスを実現可能なAWS環境において、医療情報システムの様々な要件に対応するため各種サービスや関連情報を提供しています。AWS はお客様の医療情報システムにおける AWS 環境の活用を今後も支援していく予定です。     -「医療情報システム向け AWS 利用リファレンス」のダウンロード先 […]

Read More

AWS のセキュリティ動画(日本語)の公開について

セキュリティは、AWS の最優先事項です。AWS は、お客様のデータを保護することを何よりも重視しており、お客様のフィードバックを AWS サービスに継続的に取り入れ、迅速なイノベーションに取り組んでいます。お客様に AWS のこうした取り組みについて、よりご理解いただくために、この度、AWS のセキュリティやコンプライアンスについて紹介する動画の公開を開始しました。   ・AWS の責任共有モデルのご紹介動画 IT インフラストラクチャーを AWS に移行する際は、責任共有モデルを考慮いただく必要があります。AWS の責任範囲はクラウド環境自体のセキュリティ、お客様の責任範囲はクラウド環境上のセキュリティとなります。お客様は、お客様のシステムと全く同じように、コンテンツ、プラットフォーム、アプリケーション、システム、ネットワークを保護するためのセキュリティを設計いただく必要があります。AWS の責任共有モデルについては、下記よりご視聴ください。     ・AWS のデータセンターのご紹介動画 AWS は AWS のデータセンターのデジタルなツアーを既に公開していますが、AWS のデータセンターの一部についてツアーのようにご覧いただける動画をお客様に公開いたしました。AWS は自然災害や人為的なリスク等から AWS のインフラストラクチャーを保護するための AWS のデータセンターシステムについて、継続したイノベーションに取り組んでいます。膨大な数の実際にご利用いただいているお客様を保護するためのセキュリティ上の取り組みについて紹介しておりますので、下記よりご視聴ください。     ・Amazon GuardDuty のご紹介動画 Amazon GuardDuty は、インテリジェントな脅威検出サービスとなり、悪意のある操作や不正な動作に対してAWS アカウントおよびワークロードを継続的に監視します。Amazon GuardDuty について紹介しておりますので、下記よりご視聴ください。     ・Amazon Inspector Amazon Inspector は、AWS に展開されたアプリケーションのセキュリティとコンプライアンスを向上させるための、自動化されたセキュリティ評価サービスです。脆弱性やベストプラクティスから優先順位付けしたセキュリティに関する所見の詳細リストを生成します。Amazon Inspector について紹介しておりますので、下記よりご視聴ください。     – […]

Read More

すべての AWS のサービスが GDPR に対応

この度、AWS のサービス全てが GDPR (EU 一般データ保護規則) に準拠しましたことをご報告致します。この準拠によって、お客様は、AWS がサービスのセキュリティを維持する目的で、すでに講じているさまざまな対策から得られるメリットに加え、GDPR に準拠する計画の重要な構成要素として AWS のサービスを導入できるようになります。 この発表は、GDPR サービス準備状況に対する監査がすべて完了したことを示しており、これはすなわち、GDPR がデータ処理者に要求するプライバシーに関する高いハードルとデータ保護基準に対し、一般的に利用可能な AWS のすべてのサービスと機能が準拠したことを示しています。この作業は、GDPR の施行開始日となる 2018 年 5 月 25 日の 2 か月前に完了しています。これにより、独自の GDPR 準拠の製品、サービス、ソリューションを、自信を持って構築できる環境をお客様や APN パートナーの皆様に提供するものです。 AWS が GDPR サービスの準備を完了したことは、今回の発表内容の一部に過ぎません。私たちは GDPR への準拠を支援するため、お客様と APN (AWS Partner Network) の皆様との協力を継続していきます。この発表に加え、お客様自身が GDPR 準拠への取り組みを加速するために AWS がどのようにお役に立てるかについて、以下に例を挙げ、ご紹介いたします。 個人データのセキュリティ GDPR サービス準備状況に対する監査では、AWS が GDPR に従って個人データを保護する目的でデータ処理者に対し技術的および組織的措置を効果的に講じていることを、私たちのセキュリティと法令遵守の専門家が確認しています。私たちにとってセキュリティは依然として最優先事項であり、イノベーションを継続させ、あらゆるグローバルオペレーションにおいてセキュリティと法令遵守のための高い基準を達成できるように投資していきます。私たちが持つ業界最高レベルの機能では、国際的に認知されているさまざまな認証や認定の基盤を提供し、厳しい国際規格に準拠できることを実証しています。準拠している国際規格には、技術的な対策に関する ISO 27001、クラウドセキュリティに関する ISO 27017、クラウドプライバシーに関する ISO 27018、SOC […]

Read More

AWS データセンターのセキュアな設計について

AWS は AWS のデータセンターのデジタルなツアーを公開しました。AWS が世界中で運用しているデータセンターをいかにセキュアに保護しているのか初めてお客様にご紹介するものです。このデジタルなツアー内のビデオ、写真および情報は、データセンターの設計、グローバルの統制および AWS のカルチャーがセキュリティの本質であることを解説しています。 このツアーにご参加いただくことで、AWS データセンターのセキュリティストラテジーが、お客様の情報を保護するためにスケーラブルな統制と複数の防御レイヤーによって成り立っていることを理解いただけます。例えば、AWS は潜在的な洪水や地震活動のリスクを慎重に統制しています。 AWS は境界防御レイヤー、保安要員、侵入検知システムおよびその他の電子システムを用いてデータセンターへのアクセスを制限しています。AWS はシステムのバックアップを実施し、定期的に装置やプロセスのテストを行い、継続的にAWSの従業員にトレーニングを行うことで予測不能な事態に備えています。 データセンターのセキュリティを検証するために、年間を通して、外部の監査人が2,600以上もの基準や要求事項に沿ったテストを行っています。そのような独立したテストが、セキュリティ基準が継続的に満たされている、もしくは基準を上回っている事を証明するために役立っていることになります。その結果、AWS は世界中の最も厳しい基準を有する監査機関からお客様のデータ保護に関して信頼を得ています。 データセンターのセキュアな設計の詳細についてはこちらのツアーにご参加ください。 – Chad Woolf, AWS Security Assurance (翻訳:AWS セキュリティ・アシュアランス本部 戸内加奈。原文はTake a Digital Tour of an AWS Data Center to See How AWS Secures Data Centers Around The World)

Read More

AWS FinTech リファレンス・アーキテクチャー日本版の公開について

アマゾン ウェブ サービス(以下 AWS )は、日本の金融機関の皆様が参照される FISCのガイドライン や PCI DSS, ISO27001, ISO27017 などの様々な統制やセキュリティ基準への対応をしてきました。現在ではグローバルに世界各国の金融機関やFinTech のお客様にAWS のサービスをご活用いただいております。この度そうした知見や実績を活かし、日本の金融機関やFinTechのお客様が主に参照される各種のガイドラインの主要な要求事項と技術的検討が必要な項目を網羅的に確認し、「AWS FinTech リファレンス・アーキテクチャー 日本版」を作成し、本日AWSコンプライアンスWEBサイトの日本のFinTech向けのページにて公開しました。お客様は、このアーキテクチャーを活用することにより、 AWS 上に FinTech サービスの環境の構築を迅速に実現する、あるいは、既存環境に関連したセキュリティや統制についての確認を行うことが可能となります。 今回の取り組みは「AWS FinTech リファレンス・アーキテクチャー日本版のホワイトペーパー」、「AWS FinTech リファレンス・ガイド 日本版」、「AWS FinTech リファレンス・テンプレート 日本版」の3つの要素で構成されています。

Read More