Amazon Web Services ブログ

Tag: ecs-anywhere

[AWS Black Belt Online Seminar] CON371 Amazon ECS Anywhere

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON371 Amazon ECS Anywhere」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 本セッションでは、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) の機能の一つである Amazon ECS Anywhere について、Amazon ECS Anywhere が登場した背景や Amazon ECS Anywhere のアーキテクチャ、利用開始の手順などを紹介しています。

Read More

Amazon ECS Anywhere における GPU ベースのコンテナアプリケーション実行

この記事は、Running GPU-based container applications with Amazon ECS Anywhere (2021/10/08 投稿) を翻訳したものです。 過去 10 年間で、数万ものお客様がオンプレミスのワークロードをクラウドに移行しています。一方で、単純にクラウドへ移行できないワークロードも数多く見てきました。それどころか、それらのワークロードは、データの保持要件やネットワークレイテンシー、規則やコンプライアンスなどの考慮事項により、オンプレミスで実行される必要があります。

Read More
Amazon ECS Anywhere のご紹介

Amazon ECS Anywhere のご紹介

この記事は、Introducing Amazon ECS Anywhere を翻訳したものです。 2014 年、AWS は EC2 インスタンス上で稼働する様々な規模のコンテナの管理を簡潔にするために Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) を発表しました。Amazon ECS の採用が増えるにつれて、お客様は「Undifferentiated Heavy Lifting」(差別化につながらない重労働) である、コンテナを実行するための EC2 インスタンスの管理を取り除くという新しい問題に対応していました 。そして 2018 年、AWS はコンテナを実行するためのインフラストラクチャの管理が不要なサーバーレスプラットフォームである AWS Fargate を発表しました。 この 2 年間、お客様は Amazon ECS を利用したコンテナのデプロイが、より多くの場所で行える柔軟性を求めていました。AWS リージョンの外部で、他の連携するサービスの近くでアプリケーションを実行するようなユースケースが増えていました。2019 年と 2020 年に、AWS は Amazon ECS のタスクを AWS リージョンの外部で実行可能にするオプションに関する一連の発表を行いました。AWS Outposts は、AWS が所有・管理するハードウェアを利用して、AWS のインフラストラクチャ、サービス、API、そしてツールをお客様のオンプレミス環境に拡張します。AWS Wavelength と AWS Local […]

Read More