Amazon Web Services ブログ

Category: CloudEndure Disaster Recovery

re:Invent でのバックアップおよびアーカイブのガイド

最近のブログ記事の 1 つで、カンファレンスでの時間を最大限に活用できるように、re:Invent でのオールインストレージについてのガイドを共有しました。ブレークアウトセッション、チョークトーク、ビルダーセッション、ワークショップなど、スケジュールを埋める価値があるストレージに関するセッションは 150 以上あります。席の予約は、10 月 15 日に始まりました。すぐにお気に入りのセッションのスポットを予約して、re:Invent でバックアップとアーカイブのセッションを必ずチェックしましょう。 データのシームレスなバックアップとアーカイブを支援する、ストレージサービスやベストプラクティスに関する最新情報を共有できることを楽しみにしています。AWS ストレージサービスを初めて使用する場合でも心配する必要はありません。チョークトーク、ビルダーセッション、ワークショップなどで AWS のサービスを開始し、質問をすることができます。 バックアップおよびアーカイブの詳しいセッションを選択する前に、ストレージリーダーシップセッションの席を予約してください。 STG201-L – リーダーシップセッション: ストレージの一般教書演説: このリーダーシップセッションでは、すべての AWS ストレージサービスにわたる最新のイノベーションに注目します。AWS のオブジェクト、ファイル、ブロックストレージ、ならびにハイブリッド、エッジ、データ転送サービスの新機能をご覧ください。また、主要な AWS ストレージのお客様が、AWS ストレージを使用してビジネスに競争上の優位性をもたらす方法について講演します。 ブレークアウトセッション STG341 – AWS Backup の詳細: 完全マネージド型でポリシーベースのバックアップソリューションである AWS Backup の詳細を掘り下げます。AWS Backup を使用すると、AWS Storage Gateway によって、クラウド内の AWS のサービス全体とオンプレミスのアプリケーションデータを簡単かつ自動的にバックアップできます。AWS Backup を使用すると、Amazon EBS ボリューム、Amazon EC2 インスタンス、Amazon RDS データベースおよび Aurora クラスター、Amazon DynamoDB テーブル、Amazon EFS ファイルシステム、Storage Gateway […]

Read More