Amazon Web Services ブログ

Category: Gateway Load Balancer

[AWS Black Belt Online Seminar] Gateway Load Balancer 資料及び QA 公開

先日 (2021/03/31) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Gateway Load Balancer」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20210331 AWS Black Belt Online Seminar Gateway Load Balancer AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. エンドポイントと GWLB 間は従来の PrivateLink を使用しているとの事ですが、UDP の通信は通りますか? A. はい、通ります。TCP/UDP は関係なくIP 通信であれば問題ございません。(現状は IPv4 のみサポート) Q. トラフィックフロー例 1 の Public IP はどこに付与された IP になるのでしょうか? A. トラフィックフロー例 1 は Customer VPC 内の Instance 自身が Public […]

Read More

AWS Gateway Load Balancerが東京リージョンに対応しました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 AWS Gateway Load Balancerが東京リージョンに対応しましたのでお知らせいたします。 Virtual Private Cloud (VPC)では、インターネットゲートウェイ (IGW) または Virtual Private Gateway (VGW)  において、すべての発着信トラフィックを、特定の Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスの Elastic Network Interface にルーティングさせる機能を用いることで、トラフィックをターゲットの EC2 インスタンスに中継する前に、バーチャルアプライアンスなどをインストールした別のEC2インスタンスを用いて、疑わしいネットワークトラフィックを検査またはブロックすることができます。 さらにこの機能を活用することでセキュリティ系ツールを提供しているパートナーは、検査を行うソフトウェアが起動しているEC2を動作させる専用VPCを起動し、AWS PrivateLink 経由で検査対象のEC2が存在しているVPCと連携させることで、VAaaS (Virtual Appliance as a Service) ビジネスを展開することが可能になりました。 このような構成をとる場合、仮想アプライアンスが動作しているEC2の高可用性、スケーラビリティは非常に重要となります。時として、ピーク時の負荷と高可用性を処理するために仮想アプライアンスのためにEC2を過剰にプロビジョニングするか、トラフィックに基づいてアプライアンスを手動でスケールアップ/ダウンするか、等の対応を行う必要がありましたが、Gateway Load Balancer を用いることで、簡単かつ費用効果の高い方法で、デプロイ、スケーリング、管理が可能となります。 AWS Gateway Load Balancer (GWLB)の仕組み こちらのBlog記事にその詳細がありますので、合わせて読んでみてください。以下はその抜粋です。 VPC のルートテーブルで簡単な設定更新を行うことで、トラフィックを GWLB に送信することができるようになります。GWLB を使用すると、仮想アプライアンスのフリート間でトラフィックの負荷分散を行うことで、仮想アプライアンスを自在にスケーリングできます。GWLB […]

Read More