Amazon Web Services ブログ

Tag: ADOT

カスタムリソースで指定された構成設定に基づく、ADOT Collector のライフサイクル

AWS Distro for OpenTelemetry の Amazon EKS アドオンを使用したメトリクスとトレースの収集

この記事は Metrics and traces collection using Amazon EKS add-ons for AWS Distro for OpenTelemetry (記事公開日: 2022 年 4 月 22 日) を翻訳したものです。 イントロダクション Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) は、Kubernetes のコントロールプレーンを管理するという負担の大きい作業を、ユーザーからオフロードするマネージドサービスです。これにより、ユーザーはデータプレーン上のアプリケーションワークロードを管理するために必要なツールを、柔軟にインストールできます。しかし、多くのお客様は、クラスターのいわゆる Day-2 オペレーションに不可欠なこれらのツールのいくつかを、AWS が管理することを望んでいます。これには、Amazon VPC CNI のようなクラスターネットワーキング用のツールや、ワークロードを監視するためのツールが含まれます。こうした運用ソフトウェアのライフサイクル管理を提供するために、2020 年 12 月に EKS アドオンが導入されました (日本語翻訳)。アドオンは EKS クラスターにおいて運用機能を提供するソフトウェアであり、ユーザーがプロダクショングレードのクラスターを安定して安全に運用することを容易にします。

Read More
EKS Fargate にデプロイされた ADOT コレクターインスタンスのパイプラインコンポーネント

AWS Distro for OpenTelemetry を使用した CloudWatch Container Insights の EKS Fargate サポートのご紹介

この記事は Introducing Amazon CloudWatch Container Insights for Amazon EKS Fargate using AWS Distro for OpenTelemetry (記事公開日: 2022 年 2 月 17 日) を翻訳したものです。 イントロダクション Amazon CloudWatch Container Insights は、お客様がコンテナ化されたアプリケーションやマイクロサービスからメトリクスやログを収集、集約、要約するのに役立ちます。メトリクスデータは、埋め込みメトリクスフォーマット (Embedded Metric Format, EMF) を使用したパフォーマンスログイベントとして収集されます。これらのパフォーマンスログイベントは、構造化された JSON スキーマを使用しており、カーディナリティの高いデータを大規模に取り込んで保存することが可能です。このデータから、CloudWatch はクラスター、ノード、Pod、タスク、および Service の各レベルで集約されたメトリクスを CloudWatch メトリクスとして作成します。Container Insights が収集したメトリクスは、CloudWatch の自動ダッシュボードで利用できます。

Read More