Amazon Web Services ブログ

Tag: Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)

Kubernetes バージョンに対する Amazon EKS の延長サポートの料金

2023 年 10 月 4 日、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) は、Kubernetes バージョンに対する延長サポートのパブリックプレビューを発表しました。これは Kubernetes のマイナーバージョンのサポート期間を 12 ヶ月延長します。そして本日、延長サポートの料金設定を発表します。

Amazon EKS Pod Identity を利用した Amazon Bedrock アプリケーションの実行

このブログでは、 Amazon EKS 上で動作するアプリケーションに対して、Amazon EKS Pod Identity を利用して Amazon Bedrock への IAM ロール 権限を追加する方法をご紹介します。 Amazon EKS Pod Identity を利用して ServiceAccount との IAM ロールのアソシエーションを行うと、 ServiceAccount を Pod に指定するだけで、 IAM ロールベースのアクセス権限を簡単に付与することができます。

Kubernetes アプリケーションの公開 Part 3: NGINX Ingress Controller

連載「Kubernetes アプリケーションの公開」では、Kubernetes クラスターで実行されているアプリケーションを、外部からのアクセスのために公開する方法に焦点を当てます。連載の Part 3 では、Ingress コントローラーのまた別のオープンソース実装である NGINX Ingress Controller に注目します。その機能の一部や、AWS Load Balancer Controller との違いについてウォークスルーします。

Kubernetes アプリケーションの公開 Part 2: AWS Load Balancer Controller

連載「Kubernetes アプリケーションの公開」では、Kubernetes クラスターで実行されているアプリケーションを、外部からのアクセスのために公開する方法に焦点を当てます。連載の Part 2 では、Service と Ingress 両方のコントローラーの AWS のオープンソース実装である AWS Load Balancer Controller の概要を説明します。このコントローラーのセットアップ、設定、想定されるユースケース、制限事項について説明します。

Kubernetes アプリケーションの公開 Part 1: Service と Ingress リソース

連載「Kubernetes アプリケーションの公開」では、Kubernetes クラスターで実行されているアプリケーションを、外部からのアクセスのために公開する方法に焦点を当てます。連載の Part 1 では、Kubernetes クラスターでインバウンドトラフィックの制御を定義する 2 つの方法である Service と Ingress リソースタイプについて探ります。Service コントローラーと Ingress コントローラーによるこれらのリソースタイプの処理について説明し、その後、いくつかのコントローラーの実装バリエーションの利点と欠点について概要を説明します。

Amazon EKS 5 周年おめでとう!

今日は、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の 5 周年を祝うことができてわくわくしていますし、これまでの道のりを振り返る絶好の機会でもあります。2018 年の発表以来、Amazon EKS は、回復力があり、安全で、スケーラブルなコンテナベースのアプリケーションを実行することで、世界中の何万ものお客様にサービスを提供してきました。アップストリームの Kubernetes を使用する Amazon EKS は、AWS、オンプレミスのデータセンター、およびエッジで Kubernetes を実行するための最も信頼性の高い方法です。

Kubernetes as a platform vs. Kubernetes as an API

Kubernetes とは何ですか?私はこの技術に初期から取り組んできましたが、8 年経っても、この問いにハッキリと答えられません。Kubernetes をコンテナオーケストレーターとして定義する人もいますが、その定義は果たして、Kubernetes を正しく表現できていると言えるでしょうか。私はそう思いません。この記事では、Kubernetes について、従来の考え方にとらわれない考え方や、技術の伸びしろを探ってみたいと思います。
Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) は、お客さまに代わって、Kubernetes クラスターを運用をする AWS のマネージドサービスであり、非常に大規模で幅広いお客様にご愛用いただいております。彼らのようなお客様が、Amazon EKS をどのように活用しているか、またどのように考えているかという価値観はさまざまです。Kubernetes を「プラットフォーム」として考えている人もいれば、AWS サービスを管理するためのファサードと考えている人もいます。
つまり、完全に自分達の中でコントロールするという意見から、完全なマネージドサービスであるという意見まで、幾つもの考え方が存在します。
それでは、これからそれぞれの考え方について詳しく見ていきましょう。そのために、バックエンドのデータベースを持つ簡単なアプリケーションを AWS 上の Kubernetes へデプロイするために使用できるさまざまなモデルを探ります。また、この記事の最後には、表現された概念を着地させ、実践的に実証するためのデモがあります。

Amazon EKS が Kubernetes 1.27 のサポートを開始

Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) チームは、Amazon EKS および Amazon EKS Distro の Kubernetes バージョン 1.27 のサポートを発表できることを嬉しく思います。Amazon EKS Anywhere (リリース 0.16.0) も Kubernetes 1.27 をサポートします。この記事では、Kubernetes バージョン 1.27 の注目すべき変更点について説明し、利用可能な最もエキサイティングな機能のいくつかを紹介します。