Amazon Web Services ブログ

Tag: Application Load Balancer

Network Load BalancerのターゲットグループにApplication Load Balancerを設定する

この記事は Application Load Balancer-type Target Group for Network Load Balancer(記事公開日: 2021 年 09 月 28 日) を翻訳したものです。 Application Load Balancer(ALB)は、受信したトラフィックをAmazon EC2インスタンスなどの複数のターゲットにロードバランスする、フルマネージドなレイヤ7ロードバランサーサービスです。ALBは、HTTPヘッダやメソッド、クエリ文字列、ホスト、パスベースのルーティングなどのパラメータに基づく、高度なリクエストルーティング機能をサポートしています。また、ALBは、TLSターミネーション、HTTP/2、AWS Web Application Firewall(WAF)の統合など、重要な機能をオフロードします。 Network Load Balancer(NLB)は、TCPとUDPの両方のトラフィックをロードバランスするレイヤ4のロードバランサーサービスです。AWS PrivateLinkをサポートし、ロードバランサーのフロントエンドIPアドレスとして固定IPアドレスをAZごとに提供します。Network Load Blancerは、非常に低い遅延値を維持しながら毎秒数百万のリクエストを処理することができます。 ALBが自動的にスケールアップするのに伴い、ロードバランサーのIPアドレスは動的に変わります。以前、NLBを利用してPrivateLinkの統合やALBのIPアドレスを固定するための方法を提案するブログを公開しました。このソリューションを使用すると、お客様はAWS Lambda関数を活用してALBのIPアドレスをNLBのターゲットとして登録することができます。このソリューションでは、IPアドレスが変更されるとNLBのターゲットIPを更新して、更新されたALB IPアドレスに設定します。この回避策は有効ですが、お客様が管理するコードやサービスが増えてしまいます。 新機能:Network Load Balancerのターゲットグループに、Application Load Balancerを設定できるようになりました 本日、このプロセスを簡素化するために、NLBのターゲットとしてALBを設定できるようになりました。この新機能により、お客様はALBをNLBのターゲットとして直接登録することができ、ALBのIPアドレスの変更を管理する必要がなくなります。これは、新たに導入されたALB型のNLBのターゲットグループを利用することで実現しています。これにより、PrivateLinkとの連携やAZ毎の固定IPアドレス設定などのNLBのメリットと、ALBが提供する高度なルーティングを簡単に組み合わせて、アプリケーションへのトラフィックを負荷分散することが可能になります。

Read More

VMware Transit Connectを使用したサードパーティのファイアウォールアプライアンスとVMware Cloud on AWSの統合

AWSでSr. Specialist Solutions Architectを務めるSheng Chenによる記事です。 VMware Cloud on AWS は、Amazon Web Services(AWS)とVMwareが共同開発した統合ハイブリッドクラウドサービスです。 お客様がハイブリッドクラウドアーキテクチャに継続的に移行するにつれて、VMware Cloud on AWSとネイティブAWSの環境、オンプレミスデータセンター、およびインターネットの間で一元化されたセキュリティ検査ソリューションを持つためのネットワークセキュリティ要件に対処することがますます重要になっていきます。 AWS Marketplaceで提供されるサードパーティファイアウォールソリューションの幅広い選択により、お客様はオンプレミスと同じネットワークセキュリティソリューションをクラウドにデプロイでき、シームレスなユーザーエクスペリエンスを実現できます。 本稿では、VMware Transit Connectの機能を活用して、お客様が希望するサードパーティファイアウォールソリューションをVMware Cloud on AWSと統合する方法について学習します。ここではVMware Transit Connectを使用して、Palo AltoのファイアウォールアプライアンスをVMware Cloud on AWSと統合するための詳細なウォークスルーの例を紹介します。

Read More