Amazon Web Services ブログ

Tag: Retail Partner

InfosysEquinoxで小売業向けのマイクロサービスアーキテクチャを構築する方法

eコマースはより重要になってきている 2021年4月のこちらのForbesの記事によると、世界のeコマースの売上高は4.2兆ドルに達すると予想され、英国、日本、米国の消費者調査では、オンラインショッピングが食料品の買い物方法として、ますます多くの消費者から好まれつつあることが示されました。この記事では食料品の買い物に言及しているだけですが、消費者は他の製品にもおいてもeコマースを好むようになっていると考えて間違いありません。 主にCOVID-19の大流行による、消費者行動の劇的な変化により、多くの小売業者はデジタルコマースに重点を置くようになりました。 しかしながら、多くの小売業者は、単純にモノリシックなeコマースWebサイトを設置しているだけです。 さらに、消費者が小売業者と関わることが可能なデジタルタッチポイントは今日多くあります。加えて、買い物客の期待は音声、店舗、Web、ソーシャルメディア、その他チャネルに渡る一貫したオムニチャネルでのユーザー体験です。したがって、小売業者はモノリシックなWebサイトでは、eコマースビジネスを素早く拡大できません。 これを念頭に置いて、柔軟なマイクロサービスを利用するモダンなeコマースプラットフォームを作成するための重要な要素と、小売業者がモノリシックなウェブサイトからマイクロサービスアーキテクチャに移行するにあたり、AWS Retail Competency Partner である Infosys Equinox がどのようにサポートできるかについて説明します。

Read More

消費財パートナー対談:Amperity で有意義な消費者体験を生み出す

COVID-19 のパンデミックは、かつてない混乱をもたらしました。数日のうちに、私たちの世界は大きく変わりました。外出自粛、マスク着用義務、ソーシャルディスタンスが定着するにつれて、新しい購買パターンが急速に現れました。おそらく、パンデミックの劇的な影響を消費財 (Consumer Packaged Goods; CPG) 業界ほど強く感じた業界はないでしょう。しかし、リーダーたちは回復力、粘り強さ、イノベーションによって前進しています。AWS パートナー企業の経営陣と対談し、困難な時代におけるリーダーシップとイノベーションをご紹介します。 消費財パートナー対談ブログシリーズの今回の記事では、機械学習 (Machine Learning; ML) を活用してブランドが顧客データとアイデンティティを管理し、顧客 360 度ビューを獲得し、顧客インサイトを解き明かすカスタマーデータプラットフォーム (Customer Data Platform; CDP) のリーディングカンパニーである Amperity のグローバルパートナーシップおよびアライアンス担当 SVP である Marina Klusas と対談しています。この記事では、急速に変化する消費者行動や市場の混乱に対処するために、消費財企業にとってのファーストパーティデータの重要性について Marina 氏の見解を述べています。

Read More

多くのワインを売り、多くのペットに食べ物をやり、多くの顧客に影響を与える: JBS ソリューションと AWS が実現する新しい小売の世界

パンデミックが始まって以来、小売業の顧客の購買習慣は劇的に変化し、後戻りすることはありません。オンラインショッピングやカーブサイドピックアップ(訳注: 電話またはオンラインの注文した商品を店内に入ることなく車に乗ったまま店外で受けること)から、サプライチェーンの混乱によるブランドロイヤルティの変化、ソーシャルメディアの影響を強く受けた購入決定まで、小売業界は大きく変化しています。競争に勝つためには、小売業者はビジネスを改革して、パーソナライズされたサービス、カスタマイズされたレコメンデーション、シームレスな体験を大々的に提供する必要があります。

Read More