日々ビジネスで増加していくデータを資産として活用する際、ビッグデータ分析が重要になってきます。BI ツールを使った分析を行う際、高速に計算処理を実現するためにはデータウェアハウスが必要となりますが、非常に複雑なため、準備に数ヶ月かかるだけでなく、多額の投資が要求され、データやハードウェアの保持にも労力が必要となります。

すでに BI ツールをお持ちの場合、AWS であれば、フルマネージド型のデータウェアハウスである Amazon Redshift を利用することで、設定や運用、拡張も簡単に行うことができるだけでなく、主要な BI ツールとシームレスに連携することができます。また、複数拠点でバックアップを自動的に行う Amazon S3 ストレージを利用することで、データの保全に不要な労力をかけることも必要なくなります。

ビッグデータ分析を AWS 上で迅速にスタートするためのテストも、無料利用枠を利用することで、非常に低額で行うことができます。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS の基本的なサポート機能を利用できます。

日本担当チームへお問い合わせ »
cdp-bigdata-30used_v4
Amazon Redshift (dc1.large)
$ 229.85
Amazon S3 $ 4.95
データ転送 $ 0.00
無料利用枠による無料分 - $ 230.01
月額(合計)
$ 4.79
  • BI ツールをすでにお客様がお持ちであることが前提のお見積りです。
  • Amazon Redshift への接続はインターネット経由を想定しています。VPN での接続料金は $ 35.15 / 月が必要となります。
  • Amazon S3 へのデータアップロードは標準で暗号化されます。
  • Amazon Redshift は、dc1.large の月額料金となります。
  • Amazon S3 にアップロードされるデータ容量は 150 GB 分として算出しています。
  • データ転送量は 1 GB として算出しています。
  • 最新料金によるお見積り金額は、こちらよりご覧いただけます。
  • 本構成例は一つの例です。個別のご計画についてご相談の場合は日本担当チームまでお問い合わせください。 お問い合わせはこちら ≫