Amazon Web Services ブログ

Tag: Microsoft

サポート終了を迎えたWindows Server用アプリケーションの延命を支援する新しいプログラム

by Martin Beeby | on 02 DEC 2019 | in AWS re:Invent, Enterprise Strategy, Launch, Migration, News | Permalink | Comments |  Share エンタープライズのお客様では、業務に必要な古いWindows Serverアプリケーションがあり、サポートされている新しいバージョンのWindows Serverに移行できない状態に陥ることがよくあります。 お客様は、これらの古いアプリケーションを移行できない多くの理由をお持ちです。アプリケーションはWindows Serverの特定のバージョンに依存しているか、そのアプリケーションに関する専門知識がなかったり、インストールメディアやソースコードが失われた状態になっているのかもしれません。 2020年1月14日に、Windows Server 2008および2008 R2のサポートは終了(EOS: End of Support)します。 これらのサポートされていないバージョンのWindows Serverでのみ実行できるアプリケーションがあると、セキュリティ更新プログラムが無償提供されなくなり、セキュリティとコンプライアンスのリスクに対して脆弱になるため問題があります。 またこのようなアプリケーションは、大幅な改修グなしでクラウドに移行することも困難です。 EOSを迎えたバージョンのWindows Serverでのみ実行される古いアプリケーションがある場合、延長サポートが検討される事があります。 ただし、OSのアップグレードと言う避けられないことを遅らせているだけであり、お客様は古いアプリケーションを将来にわたって保証する長期的なソリューションが必要だと語っています。 長期的な解決策 これ等の問題を支援するために、本日、 AWS End-of-Support Migration Program (EMP) for Windows Server プログラムを発表します 。 この新しいプログラムは、テクノロジと専門家のガイダンスを組み合わせて、Windows Serverの旧バージョンで実行されている古いアプリケーションを、AWSでサポートされている新しいバージョンのOS上に移行します。 […]

Read More