Amazon Web Services ブログ

Category: Compute

Cloud Transformation Flywheel

『V1 AWS設計(AWS移行時の初期設計)』のための効果的な意思決定

自組織の既存のビジネスアプリケーション・ポートフォリオを確認して、『V1 AWS設計』すなわち、AWSへ移行するための最初のアーキテクチャ設計を作成する場合、しばしば進捗を阻む以下の2つの主要な事象への対処を検討しなければなりません。 技術チームは、モダナイゼーションとマイグレーションのバランスが取れた明確なパスを見つける必要があります。 プラットフォームを変革するための明確な基準を提供するとともに、既存のシステム上でも新しいビジネス・ケイパビリティ(機能のリリースなど)を提供し続ける必要があります。 クラウド化の流れを加速してV1 AWS設計を実装するには、確立された効率的な意思決定プロセスを持つことが極めて重要であることが分かってきました。このプロセスを成功させるには、スピードのバランスを取り、モダナイゼーションの足かせとなる技術的負債に対処し、優先度の低い最適化はシステムをAWS上に配置した後まで延期するアプローチが有効と言えます。 このブログでは、AWSへの初期移行(V1)の明確なパスの決定方法、アプリケーションとインフラのアーキテクチャおよび構成をどの程度変革するか、そしてアプリケーションをAWSに移行する際の段階的なデプロイ自動化の程度に関して、効果的な決定を行う方法を紹介します。

Read More

Amazon EC2でのAlphaFold v2.0の実行

この記事は、”Run AlphaFold v2.0 on Amazon EC2” を翻訳したものです。 DeepMindによるGitHub上のAlphaFold v2.0のオープンソースに関するNatureの論文の後、科学および研究コミュニティの多くは、DeepMindのAlphaFold実装を直接試してみたいと考えていました。Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)とNVIDIA GPUを介したコンピューティングリソースを使用すると、AlphaFoldをすばやく実行して自分で試すことができます。

Read More

顧客の関心に基づいて商品在庫の更新を自動化する

このブログ記事では、マーケティングメッセージをカスタマイズできるように、製品カテゴリに対する顧客の関心を捉えるプロセスを自動化するためのソリューションを紹介します。小売業の例を使用して、AWS のサービスを使用して、顧客に関連するコミュニケーションを生成する高度なプロセスを構築する方法を示します。このソリューションはモジュールごとに別れているため、ビジネスとユースケースに重要な部分のみを構成できます。

Read More

Coca-Cola Bottler が AWS で製造プロセスをデジタル化

Coca-Cola İçecek 社 (CCI 社) は、世界第 6 位の Coca-Cola 製品のボトラーです。トルコのイスタンブールに本社を置く CCI 社は、いくつかの印象的な数字をもたらしています。トルコ、アゼルバイジャン、イラク、ヨルダン、カザフスタン、キルギスタン、パキスタン、シリア、タジキスタン、トルクメニスタンの 10 カ国で事業を展開し、26 のボトリング工場で毎年 12 億ケースの飲料を製造して、4 億もの消費者に提供しています。 CCI 社は、デジタルプラントのレプリカ、つまりデジタルツインをクラウド上に構築することで、製造施設を近代化しています。高度な分析、人工知能(AI)、リアルタイム資産モニタリングで価値を引き出そうと考えています。実際、CCI 社は他のコカ・コーラのボトラー各社が同じデジタル製造ソリューションを施設に導入できるように、再現可能なプレイブックを構築しました。

Read More

AWSを活用した次世代型ハイブリッドおよびバーチャル臨床試験

この記事は “Running next generation hybrid and virtual clinical trials on AWS” を翻訳したものです。 CliniOpsは、AI、モバイル、分析、クラウド、センサー、コネクテッドデバイスを活用して、デジタル臨床試験をサポートする、ライフサイエンス業界向けのデータサイエンスプラットフォームを提供しています。遠隔医療を組み込んだこの斬新な統合プラットフォームアプローチは、被験者、医療機関、製薬企業向けにカスタム設計されており、低コストで高いデータ品質を保証します。また、このプラットフォームは非常に柔軟で協調性が高く、臨床オペレーション、データマネジメント、生物統計、薬事の各機能にわたるワークフローを合理化します。

Read More

Amazon EKS はマネージド型ノードグループでの Bottlerocket のネイティブサポートを追加しました

この記事は Amazon EKS adds native support for Bottlerocket in Managed Node Groups (記事公開日: 2021 年 10 月 28 日) を翻訳したものです。 2021 年 10 月 28 日、Amazon Elastic Kubernetes Services (Amazon EKS) は、マネージド型ノードグループにおける Bottlerocket のネイティブサポートを発表しました。Bottlerocket は、Amazon が専用に構築した Linux ベースのオープンソースオペレーティングシステムです。セキュリティと保守性に重点を置き、コンテナベースのワークロードに対して、信頼性が高く、一貫性のある安全なプラットフォームを提供します。Amazon EKS のマネージド型ノードグループでの Bottlerocket のサポートによって、マネージド型ノードのプロビジョニングとライフサイクル管理機能のシンプルさを活用しながら、本番環境でコンテナを実行するための最新のベストプラクティスを活用することができます。Bottlerocket ノードで Kubernetes ワークロードを実行することで、セキュリティの強化、クラスター利用率の向上、運用上のオーバーヘッドの軽減などのメリットを得ることができます。

Read More

AWS SAM Accelerateによるサーバーレス開発の加速

サーバーレスアプリケーションの構築は、開発者のコードテストの考え方を変えます。以前は、開発者はローカルで完全なインフラストラクチャをエミュレートし、テストの準備ができたコードのみをコミットしていました。しかしながら、サーバーレスでは、ローカルでのエミューレートがより複雑になる可能性があります 本ブログでは、AWS SAM Accelerateを利用して本番環境のサービスに対して、クラウド上でサーバーレスアプリケーションをテストすることで、ほとんどのローカルエミュレーションをバイパスする方法を紹介します。AWS SAM Accelerateの目的は、sam sync、インクリメンタルビルド、開発者向けの集約されたフィードバックにより、テストのためのインフラの精度を高めることです。AWS SAM Accelerateは、クラウドを開発者に誘うのではなく、開発者をクラウドに誘います。

Read More
hexagonal architecture

AWS Lambdaによる進化的アーキテクチャの構築

この投稿は、メディアとエンターテインメントのプリンシパルソリューションアーキテクトであるLuca Mezzaliraによって書かれました。 俊敏性により、必要に応じてワークロードを迅速に進化させ、新機能を追加したり、新しいインフラストラクチャを導入したりできます。コードベースでアジリティを実現するための主な特徴は、疎結合コンポーネントと強力なカプセル化です。 疎結合は、テストカバレッジを改善し、一貫したリファクタリングを作成するのに役立ちます。カプセル化を使用すると、実装ロジックを明らかにすることなく、サービスとのやり取りに必要なものだけを公開できます。 進化的なアーキテクチャは、設計の俊敏性を実現するのに役立ちます。「進化的アーキテクチャの構築」という本の中で、このアーキテクチャは「複数の次元にわたるガイド付きの段階的な変更をサポートする」アーキテクチャとして定義されています。 このブログ投稿では、AWS Lambda 関数のコードをモジュール方式で構造化する方法に焦点を当てています。ヘキサゴナルアーキテクチャパターンによって提供される進化的側面を取り入れ、さまざまなユースケースに適用する方法を示します。

Read More

Amazon CloudFront、Amazon S3、AWS Lambda を使用して圧縮された WebGL ウェブサイトを配信する

本ブログは “Serving compressed WebGL websites using Amazon CloudFront, Amazon S3 and AWS Lambda” を翻訳したものです。 この投稿では、圧縮された WebGL の Web サイトをエンドユーザーに配信する方法について説明します。要求されたウェブページ内のファイルが圧縮されると、転送サイズが小さくなり、ダウンロードが速くなり、クラウドストレージ料金が下がり、データ転送料金が下がります。読み込み時間の改善は、視聴者のエクスペリエンスとリテンションに直接影響し、ウェブサイトのコンバージョンと発見しやすさを向上させるのに役立ちます。 WebGL を使用すると、ブラウザーの URL を介してアクセスしながらも、ウェブサイトをより没入感のあるものにすることができます。ユースケースの例には、バーチャルリアリティ(VR)アプリケーション(オンライン教育、3D 製品ビジュアライゼーション、カスタマイズされた電子商取引など)、バーチャルツイン(機器や施設のオンラインレプリカの作成)などがあります。

Read More
AWS_Black_Belt-Container246_log

[AWS Black Belt Online Seminar] CON246 ログ入門 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON246 ログ入門」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 このセッションでは、コンテナを利用する上で必要となるログの取り扱いについて、ログの目的に応じたAWS各種サービスとのインテグレーション方法、Amazon ECS, Amazon EKS 環境からどのようにログを取得するのか、その取得方法についてご紹介します。 セッションは9分ほどの長さになります。 本資料や動画を通じて、より一層みなさまのコンテナワークロードが進むことを楽しみにしております。 今回の YouTube は AWS Black Belt オンライン AWS コンテナサービスシリーズの YouTube の再生リストにも追加しております。 また、AWS Black Belt Online Seminar 全体の資料は以下のとおりです。 AWS Black Belt Online Seminar オンデマンド動画 コンテンツ 一覧 AWS サービス別資料 (すべての過去資料が閲覧できます) 本記事、プレゼンテーション作成およびスピーカーはいずれも、ソリューションアーキテクトの成尾 (なりお) が担当しました。

Read More