Amazon Web Services ブログ

Category: Compute

Graviton Challenge で実現するワークロード移行

2021年6月21日より、アプリケーションを AWS Graviton2 に移行して実行する Graviton Challenge への参加募集が始まりました。個人デベロッパーや小規模なチームを対象としたチャレンジは、移行を経験されたお客様の実例に基づいています。アプリケーションを準備、移植、最適化し、 Graviton2 インスタンスにデプロイするために 8 つのチャンク (それぞれ約 4 時間) のフレームワークが提供されます。このチャレンジのメリットは Graviton2 上でアプリケーションを実行できることと、向上した料金パフォーマンスを体験できることだけではありません。チャレンジを完了した方には賞品とプレゼントが贈られます。

Read More

Amazon ECS でのデーモンサービスの改善

この記事は、Improving daemon services in Amazon ECS を翻訳したものです。 Amazon EC2 を Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) クラスターのコンピュートキャパシティに使用する場合、お客様がよく行うパターンはタスクの単一インスタンスをクラスター内のすべてのノードまたは一部のノードでスケジュールすることです。このタスクには Fluentd や DataDog エージェントなどのログやメトリクスの収集を処理するタスク、ノード監視、セキュリティエージェント、またはカスタムの自社サービスが含まれます。ユースケースに関わらず、自分たちだけでこれを実現するのは難しいため、手間のかかる作業をスケジューラに頼っています。この要件をサポートするために、Amazon ECS には、サービスを定義するときにデーモンの配置戦略を使用してタスクをスケジュールする機能が含まれています。デーモンの配置戦略は、クラスターで指定されたタスク配置制約をすべてを満たすアクティブなコンテナインスタンスごとに 1 つのタスクを配置します。またサービススケジューラは実行中のタスクのタスク配置制約を評価し、配置制約を満たさないタスクを停止します。この配置戦略を使用する場合、希望するタスク数やタスク配置戦略を指定したり、サービスの Auto Scaling ポリシーを使用したりする必要はありません。デーモンのスケジューリングの詳細については、Amazon ECS のドキュメントを参照してください。

Read More

Amazon EventBridge を利用した Amazon Elastic Container Service Anomaly Detector

この記事は Amazon Elastic Container Service Anomaly Detector using Amazon EventBridge を翻訳したものです。 この記事は Ugur KIRAと Santosh Kumar によって投稿されました。このコンセプトは大規模な ECS クラスターの管理に関する Skyscanner UKとの議論から生まれました。 Amazon EventBridge はサーバーレスのイベントバスで、独自のアプリケーション、統合された SaaS (Software-as-a-Service) アプリケーション、AWS サービスからのデータを使用して、アプリケーション同士を簡単に接続することができます。 EventBridge は Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) などのイベントソースからリアルタイムまたはそれに近いデータのストリームを配信し、そのデータを AWS Lambda や Amazon Simple Notification Service などのターゲットにルーティングします。これにより、AWS サービスを自動化し、アプリケーションの可用性の問題やリソースの変更などのシステムイベントに自動的に対応することができます。EventBridge の Amazon ECS イベントを使用すると Amazon ECS クラスターの現在の状態に関する通知をほぼリアルタイムに受け取ることができます。タスクが Fargate 起動タイプを使用している場合は、タスクの状態を確認できます。タスクが […]

Read More

EC2 で Grafana をセットアップして Amazon Managed Service for Prometheus のメトリクスをクエリする

最近ローンチされた Amazon Managed Service for Prometheus (AMP) は、Prometheus メトリクスを取り込み、クエリ、保存するための、可用性の高いセキュアな環境を提供します。Amazon Managed Service for Grafana (AMG) 、セルフホスト型の Grafana サーバー、または HTTP API を使用して AMP 環境からメトリクスをクエリできます。 この記事では、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) でセルフホスト型の Grafana サーバーを構成し、AMPデータソースからダッシュボードを作成する方法を紹介します。

Read More

Amazon ECS on AWS Fargate を利用したコンテナイメージのビルド

この記事は Building container images on Amazon ECS on AWS Fargate を翻訳したものです。 コンテナイメージのビルドのプロセスは、アプリケーションのコード、ライブラリ、および依存関係を再利用可能なファイルシステムにパッケージ化することです。開発者は自分たちのコードと一緒に、コンテナイメージを組み立てるためのすべてのコマンドを含む Dockerfile を作成します。この Dockerfile は、Docker Engine に組み込まれているようなコンテナイメージのビルドツールを利用して、コンテナイメージを作成するために使用されます。ビルドされたコンテナイメージは、Amazon ECS や EKS のようなコンテナの実行環境でコンテナを作成するために使用されます。開発ワークフローの中では、開発者は例えばローカルの Docker Engine に対して docker build コマンドを実行して、コンテナイメージを各自のローカルマシン上でビルドします。

Read More

AWS Global Accelerator と Amazon GameLift FleetIQ を活用してプレーヤーエクスペリエンスを向上させる

インターネット経由で世界中のユーザーにサービスを提供するゲームを構築することは困難です。この2つのパートからなるシリーズでは、ゲーム開発者が世界中のプレイヤーエクスペリエンスを向上させ、より効率的に展開し、レイテンシーを短縮し、インゲームのパフォーマンスを向上させ、ゲームコンテンツをより速く配信する方法について説明します。 この最初の投稿では、AWS Global Accelerator を使用して、ゲームプレイやオンラインストアのトラフィックなどの動的コンテンツのパフォーマンスを向上させる方法について説明します。また、AWS Global Accelerator と Amazon GameLift FleetIQ を統合するためのリファレンスアーキテクチャも提示し、マルチプレイヤーゲーム用のクラウドサーバーを簡単にデプロイ、運用、スケーリングします。2番目のブログ記事である、Amazon CloudFront を使用してゲームバイナリやメディアアセットなどの静的コンテンツを配信することについては、近日公開予定です。

Read More

Amazon ECR’s credential helper が Amazon ECR Public をサポートしました

この記事は Amazon ECR’s credential helper now supports Amazon ECR Public を翻訳したものです。 amazon-ecr-credential-helper は Amazon Elastic Container Registry (ECR) をより簡単に利用できる Docker デーモンの credential helper です。ECR credential helper を設定すると、 AWS CLI および AWS SDK と同じ認証情報を自動的に利用してリポジトリへの安全なアクセスのための ECR の認証トークンを最初に取得し、次に docker push や docker pull などの使い慣れた Docker コマンドを使用するときに Docker デーモンにこのトークンを利用させます。これにより Docker CLI を利用する開発者やビルドスクリプトは、コンテナイメージをプッシュやプルする前に ECR API を明示的に使用してセキュアトークンを取得したり、トークンを使用して docker login を呼び出したりする必要がなくなりました。

Read More

【開催報告】「AWSへのマイグレーションのその先に ~リフト&シフトからのクラウド最適化~」セミナー

EC2スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2021年6月3日にオンラインで開催された「AWSへのマイグレーションのその先に ~リフト&シフトからのクラウド最適化~」セミナーでは、200名を超える聴衆の方々にご参加いただき、AWSからの基調講演および技術解説、またリフト後のマイグレーションを成功裏に実施された、2社のお客様の具体的な事例をご紹介いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料をご紹介し、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。

Read More

Amazon EKS 1.20 がリリースされました

この記事は Amazon EKS 1.20 Released を翻訳したものです。 Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) チームは、Kubernetes 1.20 のサポートを発表できることを嬉しく思います。私は 2020 年の 9 月から 12 月まで、このリリースのアップストリームのリリースチームを務めるという特権に恵まれました。Amazon EKS のお客様が “The Raddest Release” (訳注: 最高のリリース) のその素晴らしさを体験できることを楽しみにしています。

Read More

Amazon GameLift FleetIQ adapter for Agones のご紹介

本投稿は、Principal Specialist SA, Containers の Jeremy Cowan と Senior Solutions Architect の Trevor Roberts による記事を翻訳したものです。 新しいゲームタイトルのローンチにはある程度のリスクが伴い、かなりの投資が必要になり、大量のコンピューティングパワーが必要になる場合があります。それらはワクワクすることかもしれませんが、ゲームが大ヒットするかどうかを常に知ることはできません。クラウドは、かつて設備投資となっていたものを運用コストに変換できるため、そのリスクの一部を軽減できます。ゲームスタジオとしては可能な限り支出を削減したい、つまり可能な限り低いコストで優れたプレイヤー体験を提供したいと考えています。そのためには、最高の信頼性を提供するゲームサーバーが必要です。Amazon EC2 スポットインスタンスを使用すると、AWS クラウド内の使用されていない EC2 キャパシティーを大規模かつ簡単に活用できます。また、既存のオンプレミスでのデプロイと比較して、EC2 の支出を70%も削減できます。ゲームセッションが途中で終了する可能性を最小限に抑え、ゲームホスティングにおいて低コストのスポットインスタンスを利用できるとしたらいかがでしょうか?

Read More