Amazon Web Services ブログ

Category: Events

re:Invent セッションプレビュー – Under the Hood at Amazon Ads

私の同僚は、2021 年 11 月 29 日 (月) ~ 12 月 3 日 (金)まで開催されている AWS re:Invent におけるセッションのコンテンツの作成、レビュー、および改善に何か月もの時間を費やしてきました。特別扱いしないようにベストを尽くしますが、最近私の目に留まったものについてお話ししたいと思います! セッション ADM301 (Under the Hood at Amazon Ads) は、11 月 30 日 (火) 午後 2 時に(米国時間)始まります。このセッションでは、私の同僚が Amazon Ads をご紹介し、大規模な広告システムの構築に伴う課題について概説するとともに、複数の AWS のサービスを使用してこれらの課題をどのように解決したかをご説明します。私はこのセッションのプレゼンテーションの最終版に近いバージョンをレビューする機会に恵まれました。この投稿は、そのレビューから知り得たことに基づいています。

Read More

新機能 – 環境を問わず、Kubernetes クラスターをデプロイできる AWS Marketplace for Containers Anywhere を発表

現在、300,000 を超えるお客様が AWS Marketplace を利用して、Amazon マシンイメージ (AMI)、SaaS (Software-as-a-Service)、コンテナとしてパッケージ化されたサードパーティー製ソフトウェアを見つけ、サブスクライブし、デプロイしています。お客様は AWS Marketplace からコンテナ化されたサードパーティー製アプリケーションを見つけてサブスクライブし、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) と Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) にデプロイできます。 AWS で Kubernetes アプリケーションを実行する多くのお客様は、レイテンシーやデータガバナンスの要件などの制約から、Kubernetes アプリケーションをオンプレミスでデプロイしたいと考えています。また、Kubernetes アプリケーションをデプロイした後は、ライセンスの追跡、課金、アップグレードを通じてアプリケーションを管理するための追加のツールが必要になります。 2021 年 11 月 29 日(米国時間)、AWS Marketplace for Containers Anywhere を発表しました。

Read More

AWS Data Exchange for APIs の発表: 一貫した認証でサードパーティー API を検索、サブスクライブ、利用が可能に

データは、機械学習モデルのトレーニングに使用される大規模なデータセット、リレーショナルデータベース、API ベースの統合など、多くのプロセスや製品の中心にあります。AWS Data Exchange では、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) を介して、Reuters、Foursquare、Change Healthcare、Vortexa、IMDb などのサードパーティーが提供する何百ものファイルベースのデータセットを検出し、サブスクライブし、使用できます。さらに、AWS Data Exchange for Amazon Redshift では、手作業による処理や変換を行うことなく、Amazon Redshift データウェアハウスにサードパーティーのデータを簡単に取り込むことができるようになります。 しかし、多くの場合、データプロジェクトでは静的データセット以上のものが必要です。これは、少量の情報を頻繁に同期的に取得する必要があるためです。例えば、1 時間ごとに株価を取得する必要がある場合などです。データ API を使用すると、大量のデータセットを取り込み、処理、分析するためのアドホックデータパイプラインを構築することなく、特定の質問にすばやく回答できます。しかし、各 API プロバイダーには独自の使い勝手、SDK、ドキュメント、認証メカニズムがあり、必要以上に困難になっています。 2021 年 11 月 29 日(米国時間)、AWS Data Exchange for APIs の一般提供を開始したことをお知らせします。

Read More

re:Invent 2021 .NET セッション

AWS での.NET アプリケーションの実行はかつてないほど素晴らしいものであり、今年の re:Invent でのセッションは、その興奮を反映しています。すべてのセッションは、アプリケーションにすぐに適用できる実際の洞察とコーディング例を求めているビルダーを対象としています。ラスベガスに行けない人のためのバーチャルオプションもあります。今年は AWS 上の .NET にとって素晴らしい年になるでしょう!

Read More

re:Invent 2021 DevOps and Developer Productivity(開発者の生産性)トラックの参加者ガイド

AWS re:Invent は、グローバルなクラウドコンピューティングコミュニティ向けに Amazon Web Services (AWS) が主催する「学習型カンファレンス」です。ぜひ 10回目の re:Invent へご参加いただき、AWS のリーダー達から最新情報を得て、深く学び、開発方法をご理解いただきたいと思います。記念すべき10回目のマイルストーンは、ラスベガス(11月29日~12月3日)とバーチャル(11月29日~12月10日)で開催されます。お客様とパートナーの健康と安全は引き続き最優先事項です。詳細については、健康対策のページをご覧ください。バーチャルフォーマットの詳細については、バーチャルセクションをご覧ください。まだ登録していない場合は、登録してお気に入りのセッションを保存することをお忘れなく。 re:Invent の AWS DevOps and Developer Productivity(開発者の生産性) トラックでは、アプリケーションやサービスを高速で提供する組織の能力を高めるカルチャー、プラクティス、ツールを組み合わせたセッションを提供しています。セッションレベルは中級(200)からエキスパート(400)までさまざまで、ビジネスイノベーションのペースを加速するのに役立ちます。このブログ投稿では、見逃せない AWS DevOps and Developer Productivity(開発者の生産性)トラックのセッションを紹介します。

Read More
新聞社による AWS を活用した DX 事例セミナー

【開催報告】新聞社による AWS を活用した DX 事例セミナー

はじめに 2020年10月、アマゾン ウェブ サービス(AWS)国内初となる新聞・出版業界に特化した事例紹介イベント「新聞・出版業界におけるAWS事例オンラインセミナー」を開催致しました。140社、200名を超える皆様にご参加頂き、大盛況のうちに幕を閉じました。それから約一年、2021年11月17日 DXをテーマとして「新聞社による AWS を活用した DX 事例セミナー」と題して、国内新聞社様の事例に特化したオンラインセミナーを開催させて頂きました。今回の参加者は350名を超え、新聞業界の皆様からのAWSへの注目が急速に高まっていることを感じます。

Read More

re:Invent 2021 クラウドオペレーショントラックの参加者ガイド

AWS re:Invent は、グローバルなクラウドコンピューティングコミュニティ向けに Amazon Web Services (AWS) が主催する「学習型カンファレンス」です。ぜひ 10回目の re:Invent へご参加いただき、AWS のリーダー達から最新情報を得て、深く学び、開発方法をご理解いただきたいと思います。記念すべき10回目のマイルストーンは、ラスベガス(11月29日~12月3日)とバーチャル(11月29日~12月10日)で開催されます。お客様とパートナーの健康と安全は引き続き最優先事項です。詳細については、健康対策のページをご覧ください。バーチャルフォーマットの詳細については、バーチャルセクションをご覧ください。まだ登録していない場合は、登録してお気に入りのセッションを保存することをお忘れなく。 re:Invent の クラウドオペレーション (Cloud Operations) トラックでは、AWSに標準で備わったガバナンス制御の仕組みによって、クラウド環境を迅速にセットアップ、プロビジョニング、オペレーションするために役立つセッションを提供しています。セッションレベルは中級(200)からエキスパート(400)までさまざまで、ビジネスイノベーションのペースを加速するのに役立ちます。この投稿では、見逃せない クラウドオペレーショントラックのセッションを紹介します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS re:Invent 2021 速報 ライブ配信のご案内 (2021 年 12 月 3 日 18 時開始)

こんにちは!AWS Webinar チームです。 12 月 3 日 18 時(日本時間)からの AWS Black Belt Online Seminar シリーズでは、毎年恒例 AWS re:Invent 速報セッションを、AWS ソリューション アーキテクトの小林がライブ配信にてお届けいたします。

Read More

AWS re:Invent2021のインダストリーセッション

AWS re:Invent 2021へご参加ください このブログは2021年11月5日に投稿された“Manufacturing and Industrial at re:Invent 2021”をデジタルトランスフォーメーションアーキテクトの戸田が翻訳したものです。 AWS re:Inventの開催10周年にあたる今年も1週間にわたってワークショップ、ブートキャンプ、デモ、お客様同士のネットワーキングセッションなど多くのコンテンツを予定しています。今年は2021年11月29日から12月3日にラスベガスで開催予定で現地での参加が困難な方向けにバーチャル開催も行います。 AWS re:Invent 2021の数百にも及ぶセッションの中で50がインダストリー向けのセッションです。これらのセッションでは先進的な取組をされている製造業、自動車、電力、エネルギーのお客様がAWSのエキスパートと共にクラウドテクノロジーを活用してデジタル化、可視化そして現場業務の最適化を実現している事例を学ぶ事が出来ます。

Read More

【開催報告】 「AWSで実現するクラウドHPC ~最新CPUとカスタマー事例から学ぶ HPC on AWS の現在~」セミナー

ソリューションアーキテクトの宮本です。2021年10月20日に「AWS で実現するクラウド HPC ~最新 CPU とカスタマー事例から学ぶ HPC on AWS の現在~」をオンライン開催しました。本セミナーでは、Amazon Web Services 上で実行する HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)につきまして AWS 上で利用可能な最新CPU アーキテクチャや、実際の活用事例を中心にご紹介しました。セミナーの前半では、AWS からクラウド HPC の全般的な解説だけでなく、インテル様、AMD 様より各社の最新 CPU アーキテクチャについてご紹介いただきました。 後半では、製造や金融の領域で、実際に HPC を AWS 上で利用されているお客様・ソフトウェアベンダー様にご登壇いただき、「実際のところ」をお話いただきました。 本記事では、発表内容の概要と、発表資料を掲載しています。

Read More