Amazon Web Services ブログ

Category: AWS re:Invent

AWS Transit Gatewayにマルチキャストとインターリージョンピアリング機能を追加

AWS Transit Gateway は、1 つのゲートウェイを使用して、数千の Amazon Virtual Private Cloud(VPC)とオンプレミスネットワークを接続できるサービスです。 お客様は、このサービスがもたらす運用コストの削減と全体的なシンプルさを享受しています。 さらに、本日(2019/12/03) AWS Transit Gateway インターリージョンピアリングと AWS Transit Gateway マルチキャストという 2 つの新機能がリリースされました。 ピアリング お客様がAWSでワークロードを拡張するときに、複数のアカウントやVPCにまたがってネットワークを拡張する必要があります。お客様は、VPCピアリングを使用して VPC のペアを接続するか、PrivateLink を使用して VPC 間でプライベートサービスエンドポイントを公開することができます。 しかし、この管理は複雑です。 AWS Transit Gateway インターリージョンピアリングでは、これに対処し、複数のAWSリージョンにまたがるセキュアでプライベートなグローバルネットワークを簡単に作成できます。 インターリージョンピアリングを使用すると、組織内の異なるネットワーク間で一元化されたルーティングポリシーを作成し、管理を簡素化し、コストを削減できます。 インターリージョンピアリングを流れるすべてのトラフィックは匿名化、暗号化され、AWS バックボーンによって伝送されるため、リージョン間の最適なパスが常に最も安全な方法で確保されます。 マルチキャスト AWS Transit Gateway Multicast を使用すると、クラウドでマルチキャストアプリケーションを構築し、接続された数千の仮想プライベートクラウドネットワークにデータを配信することが容易になります。 マルチキャストは、単一のデータストリームを多数のユーザーに同時に配信します。 これは、ニュース記事や株価などのマルチメディアコンテンツやサブスクリプションデータをサブスクライバーグループにストリーミングするための好ましいプロトコルです。 AWS は、お客様がアプリケーションをクラウドに移行し、AWS が提供する伸縮自在性と拡張性を活用できるようにするネイティブのマルチキャストソリューションを提供する最初のクラウドプロバイダーです。今回のリリースでは、Transit Gatewayにマルチキャストドメインが導入されました。 ルーティングドメインと同様に、マルチキャストドメインを使用すると、マルチキャストネットワークを異なるドメインにセグメント化し、Transit Gateway を複数のマルチキャストルーターとして動作させることができます。 今すぐ利用可能 これら2つの新機能は準備ができており、今日あなたが試すことを待っています。 インターリージョンピアリングは、米国東部 (バージニア北部)、米国東部 […]

Read More

Amazon SageMaker Studio: 機械学習のための初の統合開発環境

2019年12月3日、Amazon SageMaker Studioという機械学習のための初の統合開発環境(IDE)を提供できることを非常に嬉しく思います。 2017年に Amazon SageMaker がリリースされてからしばらく経ち、このサービスをご利用いただいているお客様の数は増加しています。機械学習開発ワークフローには反復的なプロセスが必要ですが、機械学習ツールが成熟していないために開発者は大変な思いをしてきました。従来のソフトウェア開発時に開発者が当たり前に使用する多くのツール(デバッガ、プロジェクトマネジメントツール、コラボレーション機能、モニタリングツールなど)は、まだ機械学習用には存在していないのです。

Read More

Amazon SageMaker Experiments – 機械学習モデルの整理、追跡、比較、評価

2019年12月3日、機械学習(ML)実験とモデルバージョンの整理、追跡、比較、評価を可能にする Amazon SageMaker の新機能である、Amazon SageMaker Experiments を発表できて非常にうれしく思います。 機械学習では非常に多くの反復プロセスを含みます。1つのプロジェクトの過程で、データサイエンティストと 機械学習エンジニアは、最大限の精度を求めて数千の異なるモデルを定期的に学習を行います。実際、アルゴリズム、データセット、および学習パラメーター(別名ハイパーパラメーター)の組み合わせの数は無限に存在します。それはまさに「干し草の山の中にある1本の針を探す」ということわざのように無駄骨を折る苦労を伴います。

Read More

エキサイティングな新レース形式で、開発者がオブジェクト回避と直接対決モデルでの競争を可能にする AWS DeepRacer Evo が間もなく登場

AWS DeepRacer の発足以降、AWS DeepRacer モデルを構築し、AWS DeepRacer リーグに参加して 2019 AWS DeepRacer リーグチャンピオンの称号を得るため、世界中の何万人もの開発者が AWS マネジメントコンソールで強化学習の実践的な経験を積んでいます。リーグファイナルが今週、re:Invent 2019 にて開催されます。 直接対決レースなどが可能な AWS DeepRacer Evo の紹介 強化学習で駆動する 1/18 スケールの自立型走行車で、LIDAR とステレオカメラセンサーが新しく搭載された AWS DeepRacer Evo をご紹介します。 新しいステレオカメラと LIDAR (光検出および測距) センサーにより、ユーザーはオブジェクトの検出や他のマシンの回避を可能にするさらに高度な強化学習モデルのトレーニングができるようになります。ユーザーは、2020 年開催の新しい AWS DeepRacer League レース形式に参加可能なモデルを構築できるようになりました。新式レースでは、2019 年のタイムトライアル形式に加えて、オブジェクト回避とデュアルカーの直接対決レースがバーチャルと現実の世界の両レースに加わります。 開発者は、AWS DeepRacer コンソールの新しい「My Garage」セクションで、仮想マシンにステレオカメラとLIDARセンサーを追加することで、オブジェクト回避と直接対決モデルの構築を始めることができます。これらのセンサーで、レーストラックを独自の視点で見ることができます。マシンはステレオカメラでオブジェクトとの距離を検出でき、LIDAR は後ろから高速で接近しているマシンがいるかどうかを判断するのに役立ちます。センサーから受け取ったこれらの情報を、高度なアルゴリズムと最新の報酬関数と組み合わせることにより、開発者は障害物 (他のマシンを含む) を検出するだけでなく、追い越しのタイミングを決定したり、他のマシンをゴールライン際で抜かしたりできるようなモデルを構築できます。 AWS DeepRacer コンソールの新しい Garage セクションで、AWS DeepRacer Evo に新しいセンサーを追加します。 それだけではありません。AWS DeepRacer […]

Read More

まもなく登場 – Graviton2プロセッサ搭載の汎用、コンピューティング最適化、メモリ最適化インスタンス

昨年のre:Invent 2018では、ArmベースのGravitonプロセッサ搭載の初代EC2インスタンス(A1)を発表しました。以来、コンテナ化されたマイクロサービス、ウェブサーバー、ログ等のデータ処理といったスケールアウト型のワークロードに対して、何千もの顧客がA1インスタンスを活用しています。 ArmアーキテクチャとA1インスタンスは早期の段階から、OSベンダー、ソフトウェアベンダー双方のコミュニティの強い協力を得られています。今やA1インスタンスに対して、Amazon Linux 2, Ubuntu, Red Hat, SUSE, Fedora, Debian, FreeBSDといった複数のLinux/Unixディストリビューションを選択できます。 さらに稼働させるサービスとしてDocker, Amazon ECS,  Amazon Elastic Kubernetes Serviceといったコンテナサービスを選択できますし、他にも多くのシステムエージェントや、AWS Developer ToolsやJenkinsを始めとする様々な開発ツールも動作します。 これまでにA1インスタンスに寄せられたフィードバックは強力かつポジティブなものばかりで、特にCPUインテンシブあるいはメモリインテンシブなワークロードをどんどんArmベースのサーバーで稼働させていきたいという声を受け取っていました。 Graviton2 本日、次世代のARMベースのEC2インスタンスの登場を先行発表します。このインスタンスはAWS Nitro Systemをベースに、新しいGraviton2プロセッサを搭載したものです。このプロセッサは7nm(ナノメートル)製造プロセスによるAWS独自設計によるもので、64ビットARM Neoverseコアをベースとして、浮動小数点演算処理の2倍の性能向上を含め、最大でA1インスタンスの7倍の性能を発揮するものです。また追加のメモリチャネルと1コアあたり倍加したキャッシュにより、メモリアクセス速度は最大で5倍まで向上しました。 これらの改良は、これまでのM5, C5, R5といった第5世代のインスタンスタイプを上回る、極めて大きな性能向上をもたらします。vCPUあたりの性能をM5インスタンスと比較したとき、初期のベンチマーキングでは次のような結果が得られました。 SPECjvm® 2008: +43% (推定) SPEC CPU® 2017 integer: +44% (推定) SPEC CPU 2017 floating point: +24% (推定) NginxでのHTTPSロードバランシング: +24% Memcached: +43% かつレイテンシの短縮 X.264ビデオエンコーディング: +26% Cadence XcelliumによるEDAシミュレーション: […]

Read More

EC2 Image BuilderによるOSイメージビルドパイプラインの自動化

社会人になったばかりの頃、開発チーム向けのOSイメージビルドの仕事がアサインされたのを今でも思い出します。時間はかかるし、エラーはよく出るし、再作成とスナップショット再取得をなんども実行する必要がありました。さらに、ご想像のとおり、そのあとには大量の手動テストが控えていたのです。 OSを最新に保つことの重要性は現在も変わりません。場合によっては自動化スクリプトを開発してくれるチームがあるかもしれませんが、いずれにせよVMのスナップショットを手動で取得するという作業は、多くのリソースを消費し、都度エラー対処が要求される、時間のかかる作業であることに変わりはありません。今日ここで、EC2 Image Builderを発表できることを大変うれしく思います。これは、自動化されたビルドパイプラインによる、簡単、かつ高速にセキュアなWindows ServerおよびLinux OSイメージをビルドし保守していくためのツールです。EC2 Image Builderで作成されたイメージは Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)で用いることができ、また満たすべき情報セキュリティ基準を遵守できるよう、セキュリティを強化することができます。今後AWSは規制を受ける業界向けに、はじめの一手として使える“Security Technical Implementation Guide (STIG – セキュリティ設定チェックリスト)”に準拠したセキュリティ強化ポリシーを提供していきます。 EC2 Image Builderパイプラインに含めることのできる設定項目は、OSイメージのレシピ、基盤の構成、イメージの配布先、それからテスト構成です。さらに、セキュリティパッチを含むソフトウェアアップデートに応じて、イメージビルドを自動実行する機能も含まれます。パイプラインにより新たなイメージが作成されたタイミングで、各AWSリージョンにイメージを配布する前に検証すべきテストの自動実行を設定することもできます。またEC2 Image BuilderをEC2 VM Import/Export機能と併用することで、オンプレミスに存在するVMDK, VHDX, OVFそれぞれのフォーマットからなるVMイメージと連携することができます。自動テスト機能ではAWS提供のテストとユーザー定義のテストを組み合わせることもできます。 それでは、EC2 Image Builderの開始方法を見ていきましょう。 OSイメージビルドパイプラインの作成 AWSマネジメントコンソールのサービス一覧からEC2 Image Builderを選択し、EC2 Image Builderマネジメントコンソールに進みます。ここで”Create Image Pipeline”ボタンをクリックします。今回はAmazon Linux 2イメージをカスタマイズしてビルドすることにします。はじめの一歩はソースになるOSイメージを選択し、イメージに適用するビルドコンポーネントを指定し、実行するテストを構成するレシピを定義するところからです。 OSソースイメージの選択では、EC2 Image Builderの提供するAWS管理のイメージを選択しました(“Select managed images”).  この手順では他にも、自分で作成したAMIや共有されたAMIを選択することもできます。AMI IDを直接指定することができます。 “Browse images”ボタンを押すとAWS管理のイメージを選択する画面が開きます。イメージを選択するには、OS名のボックス右上のラジオボタンをクリックします。 続いてイメージに適用するビルドコンポーネントを指定します。これはインストールすべき追加ソフトウェアを指定する手順です。ウィザードの”Create build component”をクリックすると、ユーザー定義の新しいビルドコンポーネント作成のためのオプションを指定することができます。新規にビルドコンポーネントを作成するには、ビルドコンポーネントの名前(と説明書き), OS種別、コンポーネント暗号化のためのAWS Key […]

Read More

AWS re:Invent 2019 での Amazon Managed Blockchain および Amazon QLDB のブレークアウトセッション、ワークショップ、チョークトークの案内

AWS re:Invent 2019 がもうすぐ開催されます。 この記事には、AWS re:Invent 2019 で行われる Amazon Managed Blockchain および Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) のブレークアウトセッション、ワークショップ、チョークトークの完全なリストが記載されています。 今年は、7 つのブレイクアウトセッション、5 つのチョークトーク、6 つのビルダーセッション、4 つのワークショップなど、合計で 22 の Amazon Managed Blockchain および Amazon QLDB のセッションがあります。セッションの詳細と登録のためのリンクは下にあります。スポットを予約するには、必ず指定席のサインアップをしてください。 このトラックへの参加を検討する必要がある理由 BMW、DVLA、Nestle、Jinju Beer、Sony Music Entertainment Japan、Sage、Workday などの顧客と、ブロックチェーンおよび台帳技術のエンタープライズユースケースについて学ぶことができます。 製品およびエンジニアリングチームから直接、Amazon Managed Blockchain および Amazon QLDB の背後にある革新と機能の詳細について聞くことができます。 当社の専門家と一緒に実践的な体験をして、サンプルアプリケーションを構築することができます。 ブレークアウトセッション BLC203 – 台帳データベースが必要な理由: BMW、DVLA、Sage が語るユースケース 不変な台帳データベースが必要なのはなぜでしょうか? このセッションでは、Amazon Quantum Ledger […]

Read More

AWS re:Invent 2019 での Amazon DocumentDB (MongoDB 互換) をテーマとしたセッション、ワークショップ、チョークトークのご案内

AWS re:Invent 2019 がもうすぐ開催されます。 この記事には、AWS re:Invent 2019 で行われる、Amazon DocumentDB (MongoDB 互換) をテーマとしたセッション、ワークショップ、チョークトークの全リストを掲載しています。このページの情報を利用して、ラスベガスでの 1 週間のスケジュールを立て、Amazon DocumentDB の知識を蓄えてください。 セッション、ワークショップ、チョークトーク DAT326 – Amazon DocumentDB の詳細情報 (セッション) 開発者たちは、アプリケーションをより迅速に構築、進化させることができるという理由から、MongoDB API の柔軟なスキーマと表現力豊かなクエリ言語を導入しています。しかし、中にはデータベースの管理は時間がかかり、複雑であり、スケーリングが難しいことを認識している開発者もいます。Amazon DocumentDB (MongoDB 互換) で提供されている高速かつ信頼性が高いフルマネージド型 MongoDB 互換データベースサービスを使用すると、時間のかかるセットアップや管理タスクが排除され、開発者は高性能でスケーラブルなアプリケーションの構築に集中できるようになります。Amazon DocumentDB の詳細や、フルフィルメント by Amazon (FBA) における Amazon DocumentDB を使用したビジネス効率化の方法、および MongoDB ワークロードを大規模に運用する方法を知りたい方は、こちらのセッションにご参加ください。 DAT338-R – 実践的ワークショップ: Amazon DocumentDB への移行方法 (ワークショップ) Amazon DocumentDB は、高速で信頼性が高い、フルマネージド型の MongoDB 互換データベースサービスです。現在 MongoDB を使用している場合、ワークロードを Amazon DocumentDB […]

Read More

AWS re:Invent 2019 で開催予定の IoT セッションのご案内

re:Inventまで2週間を切りました。今年のre:Inventでは40を超える数多くのIoTセッション・ワークショップ・チョークトークが予定されています。この記事ではこれらの多くのセッションの中からいくつか紹介するとともに、セッション以外の楽しみ方についても紹介したいと思います。 SpotLight Session Transform tomorrow’s industries with AWS IoT(IOT305-L) AWS IoTを使用すると、組織は比類のないスケーラビリティ、エンドツーエンドのセキュリティ、および他のAWSサービスとの密な統合により、デバイスデータを安全に接続、管理、分析できます。 このセッションでは、AWS IoTのVPが、AWS IoTの新機能と、顧客が今日の洞察を解き放ち、明日の産業を変革する方法を共有します。 Transforming automotive manufacturing with Volkswagen(IOT339) デジタルプロダクションプラットフォーム(DPP)は、機械学習、分析、コンピューティングサービスなど、AWS IoTの広範かつ詳細なサービスカタログを使用して構築されたクラウドプラットフォームです。 このセッションでは、VolkswagenとAWSがDPPを使用して、プラント/デバイスの接続、データ管理とガバナンス、既存の産業およびエンタープライズシステムとの統合を含む共有サービスの共通セットを提供することにより、接続を加速し、生産プラントを最適化する方法を学びます。 また、パブリッククラウドとオンプレミスのAWS IoT展開にまたがる包括的なプラットフォームを通じてこれを達成する方法も学びます。 Digital transformation and IoT monetization(IOT207-R) AWS IoTは世界中の業界に大規模に展開されていますが、ビジネス上の結果はどうでしょうか? このセッションでは、一部のお客様がAWS上に構築されたIoTソリューションを収益化する方法について詳しく説明します。 また、予知保全、資産管理、自己最適化製品、自動的な在庫管理など、さまざまなユースケースにわたる製造業のデジタル変革の例を見ていきます。 Building smarter devices for a better life(IOT209-R) コネクテッドホームは、消費者の生活を改善する統合された自律的なエクスペリエンスのためにデバイスとサービスを結び付けます。 このセッションでは、家庭内の日常的なデバイスをインテリジェントなものに変える方法を学びます。 AWS IoTサービスの豊富なセットを使用して、これらのデバイスを大規模にリモートで監視、制御、およびセキュリティで保護する方法を学びます。 また、AWS IoTを使用して、これらのスマートデバイスからロック解除されたデータを分析し、適切なビジネス上の意思決定を行い、より良い製品を構築し、消費者体験を向上させる方法についても説明します。 Post-launch planning for IoT deployments(IOT210-R) IoTの真の力はデバイスを統合することです。 収集されたデータからの洞察をうけ、運用効率を実現し、カスタマーエクスペリエンスを向上させ、ビジネスの成果を向上させます。 このセッションでは、エッジからクラウドまでのさまざまなAWS IoTサービスを使用して、単一のデバイスから大規模な展開に移行しながら、IoT展開を管理および継続させる方法を知ることができます。 […]

Read More