Amazon Web Services ブログ

Category: Serverless

AWS AppSyncの紹介 – リアルタイムおよびオフライン機能を備えたデータ駆動型アプリケーションの構築

現在、モバイルデバイスや便利なアプリケーションは私達の生活にとって欠かせないものになっています。モバイルデバイスへの依存が高まるにつれ、私たちの注目を集めて何百万ものアプリケーションが爆発的に増加しています。これはモバイルデベロッパーにとって、高品質かつリアルタイムなユーザーが求めるアプリケーションを構築する必要があることを意味します。これにより、モバイルアプリケーションは、ユーザー間でのデータ同期、オフラインサポート、データディスカバリーなどの機能が実装されていることが必須になってきています。いくつかの記事、(InfoQ、DZone、モバイル開発ブログAlleviateTech)によると前述の機能を提供するうえで重要な要素の1つはクラウド型モバイルアプリケーションと言われています。 モバイルデータの同期やデータストレージなどに関しては特にこれが言えるようです。 このような背景から、クラウド上のデータ集約サービスを使って革新的なモバイルアプリケーションを開発するための新サービスを発表するのに最適なタイミングだと考え、AWS AppSync を紹介します。AWS AppSync は、フルマネージドなサーバーレスGraphQL サービスで、リアルタイムデータクエリ、同期、通信、およびオフラインプログラミングの機能を提供します。使い慣れていない人たちのために、GraphQL 仕様に関する情報を簡単に紹介しましょう。

Read More

見逃していませんか? 最近公開された AWS サービスの概要

目を疑うほどの数のリリースやクラウドの最新技術が開発されています。今回のブログでは、この夏から秋の終わりまでにリリースされた優れたサービスや機能の近況報告の概要を紹介します。 今回ご紹介するサービスと機能: RDS MySQL と Amazon Aurora で行うデータベースユーザー認証の AWS IAM Amazon SES 評価ダッシュボード Amazon SES オープンおよびクリックのトラッキングメトリクス ソリューションビルダーチームによるサーバーレスイメージハンドラ ソリューションビルダーチームによる AWS Ops Automator では、詳しい内容を見てみましょう。 RDS MySQL と Amazon Aurora で行うデータベースユーザー認証の AWS IAM AWS IAM を使用して、Amazon RDS データベースインスタンスやクラスターへのアクセスを管理したいと思ったことはありませんか?なんと、それを実現できるようになりました。Amazon RDS はユーザーが IAM を使用して MySQL や Amazon Aurora DB の Amazon RDS へのデータベースアクセスを管理できるようにする機能をリリースしました。 このサービス機能の良い所は、使用開始が実に簡単なことです。IAM を使用してデータベースユーザー認証を有効にするには、DB インスタンスまたはクラスターの作成、変更、復元を行う際に [Enable IAM DB Authentication] […]

Read More

AWS SAM Local(ベータ版) – サーバーレスアプリケーションをローカルに構築してテストする

今回、新ツール、SAM Local のベータ版がリリースされました。これにより、簡単にサーバーレスアプリケーションをローカルに構築してテストできるようになります。この記事では、SAM Local を使用し、クイックアプリケーションの構築、デバッグ、デプロイを実行します。これにより、エンドポイントに curl コマンドを使用してタブやスペースで投票できるようになります。AWS は サーバーレスアプリケーションモデル(SAM)を昨年導入しました。これにより、デベロッパーはサーバーレスアプリケーションをより簡単にデプロイできるようになっています。SAM の基本にまだなじみがない場合は、私の同僚である Orr が SAM の使用方法について書いた素晴らしい記事を参照してください。5 分ほどで読めます。基本的に、SAM は AWS CloudFormation 上に構築された強力なオープンソース仕様で、サーバーレスインフラストラクチャをコードとして簡単に保持できるようにすることを目的としています。また、可愛いマスコットもついてきます。 SAM Localでは、SAM の優れた点をすべてローカルマシンで利用できます。 以下を使って、AWS Lambda 関数をローカルに開発してテストすることができます。 sam local Docker Amazon Simple Storage Service(S3)、Amazon DynamoDB、Amazon Kinesis、Amazon Simple Notification Service(SNS)など、既知のイベントソースからの関数の呼び出しをシミュレートできます。 SAM テンプレートからローカルな Amazon API Gateway を開始し、ホットリロードで関数を素早く繰り返すことができます。 SAM テンプレートを素早く検証し、さらに、その検証を linters や IDE で統合できます。 Lambda 関数についてインタラクティブなデバッグサポートを利用できます。 SAM Local のインストール方法はいくつかありますが、NPM を使用するのが一番簡単です。 […]

Read More

サーバレス JavaScript アプリケーションで SAML: Part I

このブログ記事は AWS の Richard Threlkeld, Gene Ting, Stefano Buliani によって AWS Compute Blog に投稿された「SAML for Your Serverless JavaScript Application: Part I」の翻訳記事です。 このブログ記事に掲載したコードや SAM テンプレートの全体は samljs-serverless-sample GitHub レポジトリにあります。手動でリソースを作成する事もできますが、GitHub レポジトリにある SAM テンプレートを使ってリソースを作成することを強くお勧めします。 SAML 認証連携を実現したくありませんか? AWS プラットフォームで使うことができる一時的なセキュリティ認証情報の発行を、短期間の SAML アサーションを交換で実現できます。 エンタープライズ Web アプリケーションを構築する時は、認証や認可が一貫して行われ業界のベストプラクティスに沿っている事が必須事項です。AWS では、ユーザに一意のIDを作成し、AWS のサービスにアクセスできる短期間の認証情報を使えるようにできる Amazon Cognito と呼ぶサービスを構築しました。これらの認証情報は、IAM ポリシーに基づくロールと関連付けて、異なるリソースへのアクセスを許可や拒否する事ができます。 この記事では、Amazon Cognito で SAML プロバイダと認証連携を行う異なる方式を紹介していきます。応用すると、異なるタイプの認証プロバイダ (IdP) と連携させることができます。Facebook、Twitterやその他のサードパーティのソーシャルメディアを IdP にする事もできます。Amazon Cognito […]

Read More