Amazon Web Services ブログ

Tag: Amazon EC2 Spot Instances

スポットプレイスメントスコアを利用した柔軟性のあるワークロードに最適な場所の選定

この投稿は、EC2 スポットのソリューションアーキテクトである Jessie Xie と EC2 Auto Scaling および EC2 フリートのシニアプロダクトマネージャー Peter Manastyrny によって書かれています。 Amazon EC2 スポットインスタンスによって、柔軟性、耐障害性、またはステートレスなアプリケーションを、オンデマンド料金に比べ最大 90% の割引で利用できます。2009 年にスポットインスタンスの提供を開始して以来、柔軟なコンピューティングのニーズに合わせてスポットインスタンスを簡単かつ効率的に利用できるようにするという単一の目標のもと、新しい機能を取り込んできました。 スポットインスタンスは、AWS クラウド内の Amazon EC2 サービスの空きキャパシティーを活用し、大幅な割引を提供します。ただし、スポットインスタンスには中断が発生するという特徴があります。他のお客様からのリクエスト増加に応じて Amazon EC2 サービスがキャパシティーを必要とするとき、スポットインスタンスとして使用されていたキャパシティーを返却してもらう動作を取ります。これがスポットインスタンスの中断です。利用可能な場所(リージョンまたはアベイラビリティーゾーン)と空きキャパシティーは常に動的に変化し、リアルタイムで変化します。これがスポットインスタンスを活用するワークロードが柔軟であるべき理由です。ワークロードが柔軟であるとはつまり、特定のインスタンスタイプに固定せず様々なインスタンスタイプを活用し、その時点で空きキャパシティーのあるところに速やかに移動できることを指します。スポットインスタンスは、EC2 フリートや Amazon EC2 Auto Scaling などのツールとともに利用でき、複数のインスタンスタイプで簡単にワークロードを実行できます。 AWS クラウドは 25 のリージョンにわたる 81 のアベイラビリティーゾーンにまたがっており、21 のアベイラビリティーゾーンと 7 つのリージョンをローンチする予定です。しかし、これまでスポット容量のニーズを満たす最適な場所を見つけるには、まずそこでスポットインスタンスを起動してみる必要がありました。今回、スポットプレイスメントスコアを発表します。スポットプレイスメントスコアは、スポットインスタンスでワークロードを実行するのに最適な場所を選定するのに役立つ新機能です。スポットプレイスメントスコアは、必要なターゲット容量とインスタンスタイプの要件に基づいて、最適なリージョンまたはアベイラビリティーゾーンを推奨する機能です。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON316 Amazon EKS における EC2 スポットインスタンスをもっと身近に

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON316 Amazon EKS における EC2 スポットインスタンスをもっと身近に」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 本セッションでは、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) において Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) スポットインスタンスをご活用いただく上で押さえておいていただきたいポイントを紹介しています。 EC2 スポットインスタンスは、オンデマンド料金に比べて最大 90% オフの節約が可能なインスタンス購入オプションです。スポットインスタンスは AWS クラウドの予備の EC2 コンピューティングキャパシティであるため、スポットインスタンスの中断や、必要なスポットインスタンスのキャパシティが確保できない可能性を考慮したオペレーションを推奨しています。本セッションでは、スポットインスタンスの中断やスポットインスタンスのキャパシティを確保できない状況への対応方法についてご紹介しています。 また、本セッションと合わせて「Amazon Elastic Container Service − EC2 / Fargate Spot ことはじめ (資料、動画)」も公開しております。Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) における EC2 スポットインスタンスおよび […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON303 Amazon Elastic Container Service − EC2 / Fargate Spot ことはじめ

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON303 Amazon Elastic Container Service − EC2 / Fargate Spot ことはじめ」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare にてご覧いただけます。 本セッションでは、Amazon Elastic Computing Cloud(EC2) の空きキャパシティを活用してオンデマンド料金に比べ最大 90% の割引料金でご利用いただける EC2 スポットインスタンス、そして通常の Fargate 料金の最大 70% 割引でご利用いただける Fargate Spot を Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) と組み合わせて活用していくことをご検討中のエンジニアの方に向けて、スポットリソースの特徴や注意点を短い動画やスライドでご紹介いたします。また、スポットリソースを組み合わせる上で関連する、 Amazon ECS のキャパシティやスケーリングを管理するための重要な概念である Amazon ECS Cluster Auto Scaling / Capacity Providers についても紹介しています。 EC2 […]

Read More
AWS Webinar - Cloud Optimization for Containers

【開催報告】「 クラウド最適化コンテナ編 ~コンテナ x Graviton2 x スポットインスタンスによるコスト最適化~」セミナー

EC2スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2021年8月26日にオンラインで開催された「クラウド最適化コンテナ編 ~コンテナ x Graviton2 x スポットインスタンスによるコスト最適化~」セミナーでは、150名近くの聴衆の方々にご参加いただき、AWSからの技術解説、またAmazon ECSとAmazon EKSそれぞれをお使いの2社のお客様による、Amazon EC2スポットインスタンスを使いこなすための具体的な活用方法をご紹介いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料をご紹介し、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。

Read More
スポットインスタンスの適用対象

株式会社ディー・エヌ・エー様におけるEC2スポットインスタンスの大規模活用のための工夫とコンテナ技術を用いた設計例の紹介

EC2スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。この記事では、スポットインスタンスを最大限に活用した事例として、多くの技術的な工夫をこらしてAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)インスタンスの費用の最適化に成功した、株式会社ディー・エヌ・エー様をご紹介します。またその考え方をコンテナ技術を用いて設計するとしたらどのようになるかを検討し、設計例を構築手順とともにご紹介します。

Read More

AWS Global Accelerator と Amazon GameLift FleetIQ を活用してプレーヤーエクスペリエンスを向上させる

インターネット経由で世界中のユーザーにサービスを提供するゲームを構築することは困難です。この2つのパートからなるシリーズでは、ゲーム開発者が世界中のプレイヤーエクスペリエンスを向上させ、より効率的に展開し、レイテンシーを短縮し、インゲームのパフォーマンスを向上させ、ゲームコンテンツをより速く配信する方法について説明します。 この最初の投稿では、AWS Global Accelerator を使用して、ゲームプレイやオンラインストアのトラフィックなどの動的コンテンツのパフォーマンスを向上させる方法について説明します。また、AWS Global Accelerator と Amazon GameLift FleetIQ を統合するためのリファレンスアーキテクチャも提示し、マルチプレイヤーゲーム用のクラウドサーバーを簡単にデプロイ、運用、スケーリングします。2番目のブログ記事である、Amazon CloudFront を使用してゲームバイナリやメディアアセットなどの静的コンテンツを配信することについては、近日公開予定です。

Read More

【開催報告】「AWSへのマイグレーションのその先に ~リフト&シフトからのクラウド最適化~」セミナー

EC2スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2021年6月3日にオンラインで開催された「AWSへのマイグレーションのその先に ~リフト&シフトからのクラウド最適化~」セミナーでは、200名を超える聴衆の方々にご参加いただき、AWSからの基調講演および技術解説、またリフト後のマイグレーションを成功裏に実施された、2社のお客様の具体的な事例をご紹介いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料をご紹介し、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。

Read More

【開催報告】「秋のスポットインスタンス祭り」セミナー

EC2スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2020年11月11日にオンラインで開催された「秋のスポットインスタンス祭り」セミナーでは、100名を超える聴衆の方々にご参加いただき、AWSのソリューションアーキテクトによる技術解説に加え、スポットインスタンスを効果的に活用されている2社のお客様の具体的な事例をご紹介いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料をご紹介し、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。 当日アジェンダと資料 13:00 ~ 13:45 自動スケールから始める EC2 スポットインスタンス 講師:滝口 開資(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューション アーキテクト) 概要:みなさまのシステム、自動スケール機能はお使いでしょうか。クラウドに移行したものの、EC2インスタンスはずっと立ち上げっぱなし。負荷の高いタイミングでも台数固定。そしてEC2の費用は慢性的に高止まり。こんな課題を抱えていらっしゃるみなさまに向けて、まず前半ではスケールする大規模処理での例としてWebサービス、機械学習、データ分析のワークロードを取り上げ、活用できる技術スタックの選定方針を紹介しました。 そして後半では、EC2インスタンスの自動スケールの仕組み、そしてそこにスポットインスタンスを組み合わせてコスト最適化を狙う方法をわかりやすくお伝えしました。 自動スケールから始める EC2 スポットインスタンス 13:45 ~ 14:15 実例から学ぶAWS Batch x スポットインスタンスによる大規模バッチ処理 講師:宮本 大輔(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューション アーキテクト) 概要:クラウドでは必要な時に必要な量の計算リソースを起動して処理を行うことができるため、HPC (High Performance Computing) やゲノム解析、大量の動画像の処理といった用途に適しています。そしてこのような大規模バッチ処理をコスト効率よく行うためにはスポットインスタンスの活用が重要なポイントとなります。本セッションでは、大規模バッチ処理に対してスポットインスタンスを適用する際に考慮しなければいけないことや、注意すべきポイントについて、AWS Batchを活用した実例を交えてご紹介いたしました。 実例から学ぶAWS Batch x スポットインスタンスによる大規模バッチ処理 14:15 ~ 14:45 スポットインスタンス/インスタンスフリートを活用した Amazon EMR のコスト最適化 講師:川村 誠(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューション アーキテクト) 概要:Amazon EMR はスポットインスタンスとインスタンスフリートを活用することで、コストを最適化することができます。直近のサービスアップデートでそれらの活用がより簡単に運用可能となりました。本セッションでは […]

Read More

アップデート — EC2 Auto Scalingのキャパシティリバランシング機能によるスポットインスタンスの事前置き換え

本記事は、EC2プロダクトサービスチームのDeepthi ChelupatiとChad Schmutzerによる寄稿です。 本日より、Amazon EC2 Auto Scaling のキャパシティリバランシング機能を提供するようになりました。これは、Auto Scaling グループで Amazon EC2 スポットインスタンスのライフサイクルをプロアクティブに管理するための新機能です。キャパシティリバランシングは、最も余裕のある空きキャパシティを自動的に選択する capacity-optimized 配分戦略 (英語記事)と、複数のアベイラビリティーゾーンにまたがって複数のインスタンスタイプを活用できるミックスインスタンスポリシー機能を補完する位置付けの機能です。キャパシティリバランシングは、スポットインスタンスが Amazon EC2 サービスによって中断される前に、 Auto Scaling グループのスポットインスタンスを自動的に置き換えます。これにより、お使いの Auto Scaling グループの可用性をより一層高めることができます。 スポットインスタンスの事前置き換えを実現するため、キャパシティリバランシングは EC2 サービスの新機能である、 EC2 インスタンスのリバランス通知を活用します。これは、スポットインスタンスが中断のリスクが高まった際に送信されるシグナルです。リバランス通知は、これまで提供してきた 2 分前のスポットインスタンス中断通知よりも早く提供されることが期待されるため、来たる中断に備え、ワークロードをプロアクティブにリバランスする機会を提供します。 EC2 Auto Scaling のキャパシティリバランシングは、スポットインスタンスのライフサイクルを踏まえ、その時点で必要な希望容量を維持するためのシームレスで自動化された仕組みを提供します。これには、リバランス通知の監視、また中断のリスクが高い場合の代替キャパシティーの事前起動、さらに必要に応じて Elastic Load Balancing からのデタッチや、設定されたライフサイクルフックの実行が含まれます。この記事では、スポットインスタンスを中心としたワークロードに対して、EC2 Auto Scaling でキャパシティリバランシングを使用して Auto Scaling グループを管理する方法の概要を説明し、お使いの環境でキャパシティリバランシングを活用するためのユースケースの例を紹介します。 EC2 Auto Scaling と スポットインスタンス — これまでのおはなし さてここで、スポットインスタンスが何であるか、また EC2 […]

Read More

【開催報告】「コンテナ × スポットインスタンス」 活用セミナー

スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2020年6月10日にオンラインで開催された「コンテナ × スポットインスタンス」 活用セミナーでは、200名を超えるご参加人数という大盛況のもと、AWSのソリューションアーキテクトによる技術解説と、各種コンテナ技術を最大限に活用してスポットインスタンスをご利用いただいている3社のお客様から、実際の事例についてお話いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料のご紹介、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。 当日アジェンダと資料 12:00~13:00 Amazon EC2 Auto Scaling によるスポットインスタンス活用講座 講師:滝口 開資(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューション アーキテクト) Amazon EC2 Auto Scaling によるスポットインスタンス活用講座 13:00~14:00 具体的実装に学ぶ、Amazon ECS × EC2 スポットインスタンス、Amazon EKS × EC2 スポットインスタンスによる低コスト & 高可用アーキテクチャ 講師:Hara Tori(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 シニアデベロッパー アドボケイト) Containers + EC2 Spot: 特性と実装パターンに学ぶ低コスト & 高可用アーキテクチャ / Practical Guide for Amazon EC2 Spot with Containers […]

Read More