Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS App Runner

AWS App Runner の VPC ネットワーキングに Dive Deep する

この記事は Deep Dive on AWS App Runner VPC Networking を翻訳したものです。 2021 年に発表された AWS App Runner は、Web アプリケーションや API サーバーを稼働させるためのフルマネージドサービスです。App Runner はお客様の AWS アカウントのインフラストラクチャをほとんど(またはまったく)使用せずに、安全な Web サーバーアプリケーションを構築および実行するための手順を大幅に簡素化します。お客様のソースコードやコンテナイメージを使用して、AWS クラウド上でアプリケーションコンテナをビルド・デプロイし、バックグラウンドで自動的にコンテナ間のリクエストをスケーリング、ロードバランスしてくれます。お客様が意識するのは、HTTPS リクエストを受けるサービスの URL だけです。 先日、AWS は App Runner サービスの VPC サポートを発表しました。これまで App Runner でホストされているアプリケーションは、インターネット上のパブリックエンドポイントにのみ接続することが可能でした。この新しい機能により、アプリケーションは Amazon RDS データベース、Amazon ElastiCache クラスター、または VPC でホストされている他のプライベートサービスなど、VPC 内のプライベートリソースに接続できるようになりました。この記事では、App Runner のバックグラウンドを紹介し、App Runner でホストされているアプリケーションと VPC 間のネットワーク接続、特に VPC で作成されたネットワークインターフェースとその上を流れることが予想されるトラフィックフローの詳細について説明します。

Read More

AWS Copilot CLI を使用した永続性を持つ AWS App Runner サービスの継続的ワークフローの実現

この記事は Enabling continuous workflows for AWS App Runner service with persistency using AWS Copilot CLI を翻訳したものです。 AWS は最近、AWS App Runner と呼ばれる新しいサービスを開始しました。これは、コンテナ化されたステートレスな Web アプリケーションを AWS でビルドして実行する最も簡単な方法です。App Runner は、ビルドパイプライン、ロードバランサー、スケールインとスケールアウト、そしてもちろんその基盤となるインフラストラクチャなど、コンテナを実行するために必要なすべてのリソースをプロビジョニングおよび管理します。 App Runner は Web 層の優れた抽象化レイヤーとして機能し、ステートレスな Web アプリケーションを最も簡単にデプロイして実行することができますが、外部の依存関係が必要になる場合があります。例えば、Web アプリケーションは、DynamoDB テーブルや S3 バケットなど、データ層として他の AWS リソースを必要とするかもしれません。 その必要なリソースをプロビジョニングして管理するには、どのような選択肢があるでしょうか?マネジメントコンソールや AWS CLI を使って作成しますか?それも一部のユーザーには有効ですが、一貫したデプロイメントのためには、より優れた方法が必要かもしれません。CloudFormation や Terraform のテンプレートをスクラッチから書くのはどうでしょうか?これにより、リソースを高度に構成管理することができ、継続的に管理できますが、明らかに簡単な作業ではありません。App Runner のベータ版ユーザーの一部からは、App Runner と同じくらいシンプルに依存するリソースを管理する方法を探しているというフィードバックがありました。 そこで Copilot の出番です。Copilot は […]

Read More