Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS Competency Program

VMware Cloud on AWS で Amazon S3 VPC Endpoint を利用する際の設計上の考慮事項

この投稿は AWS Partner Solution Architect である Kiran Reid、同じく Specialist Solutions Architect である Ziv Klempner、Jordi Minguez Orozco が執筆したものの日本語訳バージョンとなります。元の英語記事はこちらです。 2021年初めにリリースされた AWS PrivateLink for Amazon S3 の一般提供により、お客様は仮想ネットワークのプライベート IP を使用して Amazon S3 とオンプレミスリソース間のプライベート接続を利用できます。この投稿では、Amazon S3 のインターフェイス VPC エンドポイント (AWS PrivateLink) を活用する方法と、VMware Cloud on AWS との統合について説明しています。これにより、VMware のエンタープライズクラスの Software-Defined Data Center (SDDC) ソフトウェアが AWS クラウドにもたらされます。

Read More

Pegasystems 社による Amazon API Gateway における WebSocket のマルチテナントレート制限の管理方法

この記事は Steven Warwick, Solutions Architect – AWS と Josue Lima, Director of Software Engineering – Pega による共著を翻訳したものです。 Pegasystems は、オートメーション、エンゲージメント、ローコード開発を通じて、最も複雑なビジネス課題を単純化する AWS パートナーです。 Pega Digital Messaging Service によって、カスタマーサービスアプリケーションは、Apple Messages for Business、Facebook、SMS、WhatsApp、Twitter、Web チャットなどのデジタルチャネルを介して、シンプルで一貫した形式でメッセージを送受信することができます。各顧客はシステムのテナントとみなされ、一意の識別子で定義された複数のセッションを作成でき、また各セッションは複数の接続を作成できます。

Read More

VMware Cloud on AWS のネットワーク接続をグローバルにスケーリング

AWS で Sr. Partner Solutions Architect を務める Schneider Larbi による記事です。 VMware Cloud on AWS の導入が世界中で増えていくにつれて、お客様のネットワークに対する要求も広がっています。アマゾン ウェブ サービス (AWS) では、お客様のネットワーク接続がスケールしていく際に必要となっていく要件をサポートしていきたいと考えています。 VMware Cloud on AWS は VMware と AWS が共同で開発したソリューションで、vSphere、NSX、vSAN などの VMware のソフトウェア定義データセンター (SDDC) テクノロジーを AWS グローバルインフラストラクチャにもたらします。 本稿では、AWS Direct Connect、VMware Transit Connect、AWS Direct Connect ゲートウェイ、および NSX のマルチエッジ機能を活用して、ネットワーク接続をグローバルにスケールさせる手法について紹介します。

Read More

小売業界パートナー対談:株式会社日立ソリューションズ「マーケティングにおけるDX」

パンデミックがまだまだ続く中、一番その打撃を受けている産業の一つは小売業界だと言っても過言ではありません。私たちは、AWS の小売業界パートナー企業の経営陣と対談し、この混乱を乗り越えるためのリーダーシップとイノベーションに関する考えをお聞きしました。このブログ連載をお楽しみください。 今回は AWSの リテールコンピテンシーパートナーを日本で初めて取得している株式会社日立ソリューションズ ビジネスイノベーション事業部 デジタルソリューション本部 本部長の内藤英樹氏に現在の小売業界における取組についてお話を伺いました。

Read More

Amazon SageMaker エンドポイントと IAM を使用した SaaS テナント分離の実装

この記事は、Implementing SaaS Tenant Isolation Using Amazon SageMaker Endpoints and IAM を翻訳したものです。 本投稿は、AWS の Sr. Solutions Architect である Michael Pelts と、DoiT International 社の Sr. Cloud Architect である Joshua Fox により寄稿されました。 マルチテナントの SaaS (Software-as-a-Service) プロバイダーが機械学習サービスの活用を検討する際には、異なるテナントからこれらのサービスに出入りするデータをどのように保護するかを検討する必要があります。 SaaS プロバイダーは、機械学習 (ML) サービスへのリクエストごとに、各テナントのデータがクロステナントアクセス (テナントの境界を超えた相互アクセス) から確実に保護されるような分離構造を導入する必要があります。 (原文寄稿者である) Michael は AWS にて、Joshua は DoiT International 社にて、それぞれデジタルネイティブな企業に対して支援を行うクラウドアーキテクトです。DoiT International 社は AWS アドバンスドコンサルティングパートナーであり、マネージドサービスプロバイダー (MSP) としてインテリジェントなテクノロジーと無制限のアドバイザリー、テクニカル、クラウドエンジニアリングのサポートを提供しています。 私たちの経験では、ML サービスプロバイダーの中には、テナントリソースを分離しているところもあれば、全てのテナントでリソースを共有しているところもあります。 […]

Read More

新たに SaaS Journey Framework ホワイトペーパーを公開しました

AWS で SaaS Business Lead を務める Oded Rosenmann による記事です。 SaaS(Software as a Service)提供モデルは、多くの企業にとってますます魅力的になっています。 新規および既存のアプリケーション・プロバイダが、この提供モデルで成功を収めたいと望んでいる一方で、SaaS への移行はビジネスに大きな影響を与える可能性もあります。 多くの企業にとって、SaaS への移行は大きな変化をもたらす出来事であり、企業は自社のビジネスをあらゆる側面から検討する必要があります。サービスとしてのビジネスを定義、構築および運用するためには、製品の販売、マーケティング、開発、サポート、収益化の方法など、評価しなければいけない検討事項がたくさんあります。

Read More