Amazon Web Services ブログ

Tag: Network and Content Delivery

Network Load BalancerのターゲットグループにApplication Load Balancerを設定する

この記事は Application Load Balancer-type Target Group for Network Load Balancer(記事公開日: 2021 年 09 月 28 日) を翻訳したものです。 Application Load Balancer(ALB)は、受信したトラフィックをAmazon EC2インスタンスなどの複数のターゲットにロードバランスする、フルマネージドなレイヤ7ロードバランサーサービスです。ALBは、HTTPヘッダやメソッド、クエリ文字列、ホスト、パスベースのルーティングなどのパラメータに基づく、高度なリクエストルーティング機能をサポートしています。また、ALBは、TLSターミネーション、HTTP/2、AWS Web Application Firewall(WAF)の統合など、重要な機能をオフロードします。 Network Load Balancer(NLB)は、TCPとUDPの両方のトラフィックをロードバランスするレイヤ4のロードバランサーサービスです。AWS PrivateLinkをサポートし、ロードバランサーのフロントエンドIPアドレスとして固定IPアドレスをAZごとに提供します。Network Load Blancerは、非常に低い遅延値を維持しながら毎秒数百万のリクエストを処理することができます。 ALBが自動的にスケールアップするのに伴い、ロードバランサーのIPアドレスは動的に変わります。以前、NLBを利用してPrivateLinkの統合やALBのIPアドレスを固定するための方法を提案するブログを公開しました。このソリューションを使用すると、お客様はAWS Lambda関数を活用してALBのIPアドレスをNLBのターゲットとして登録することができます。このソリューションでは、IPアドレスが変更されるとNLBのターゲットIPを更新して、更新されたALB IPアドレスに設定します。この回避策は有効ですが、お客様が管理するコードやサービスが増えてしまいます。 新機能:Network Load Balancerのターゲットグループに、Application Load Balancerを設定できるようになりました 本日、このプロセスを簡素化するために、NLBのターゲットとしてALBを設定できるようになりました。この新機能により、お客様はALBをNLBのターゲットとして直接登録することができ、ALBのIPアドレスの変更を管理する必要がなくなります。これは、新たに導入されたALB型のNLBのターゲットグループを利用することで実現しています。これにより、PrivateLinkとの連携やAZ毎の固定IPアドレス設定などのNLBのメリットと、ALBが提供する高度なルーティングを簡単に組み合わせて、アプリケーションへのトラフィックを負荷分散することが可能になります。

Read More

AWS Global Acceleratorのカスタムルーティングアクセラレータのご紹介

AWS Global Accelerator ではカスタムルーティングアクセラレータがサポートされるようになりました。新しく追加されたこの機能を利用することにより、Global Accelerator の利点を活用しつつ、独自のアプリケーションロジックを使用して複数のユーザーの宛先を特定の Amazon EC2 にルーティングできるようにします。 Global Accelerator は、 AWS グローバルネットワークインフラストラクチャを使用して、インターネットユーザーのパフォーマンスと可用性を向上させるネットワーキングサービスです。Global Accelerator の自動ルーティング最適化により、パケット損失、ジッタ、レイテンシーを一貫して低く抑えることができます。現在提供されているアクセラレータ機能は、ユーザーに最も近い正常なエンドポイントにトラフィックを自動的にルーティングします。これは、A/B テスト、ブルーグリーンのデプロイ、API アクセラレーション、ライブビデオのインジェストなど、さまざまなユースケースに使用できます。

Read More