Amazon Web Services ブログ

Category: AWS re:Invent

AWS re:Invent 2021 で BugBust の歴史をともに作りましょう

当社では、今年の初めに AWS BugBust Challenge を立ち上げました。これは、100 万個のコードバグを修正し、1 億 USD を超える技術的負債を削減する世界初のグローバルコンペティションです。この取り組みの一環として、今年の AWS re:Invent カンファレンスで初の AWS BugBust re:Invent Challenge を11 月 29 日午前 10 時 (PST)~12 月 2 日午後 2 時 (PST) の日程で開催します。その際、ギネスワールドレコーズ認定の「最大のバグ修正コンペティション」の新しい世界記録を樹立したいと考えています。 これまで、AWS BugBust のイベントは、コードバグの数を減らし、外部の顧客に及ぶ影響を軽減したい組織によって内部的に実行されてきました。これらのイベントでは、組織内のイベント管理者が固有のリンクを介して共有 AWS アカウントで共同作業を行うよう社内のデベロッパーを招待し、チャレンジに参加できるようにします。これは組織にとって有益ですが、社内のバグのみに焦点を当てているため、イベントの範囲は限定的なものとなります。AWS BugBust イベントの影響力を強化するため、今年の re:Invent では、Java または Python の知識を持つすべての人が挑戦できるようにして、オープンソースのコードベースの修正をサポートする予定です。

Read More

AWS Distro for OpenTelemetry の新機能 – トレースのサポートが一般的に利用可能に

昨年の re:Invent の前、AWS でサポートされている OpenTelemetry プロジェクトの安全なディストリビューションである AWS Distro for OpenTelemetry のパブリックプレビューをご紹介しました。OpenTelemetry は、アプリケーションの動作とパフォーマンスをよりよく理解するために、テレメトリデータをインストルメント化、生成、収集、およびエクスポートするためのツール、API、および SDK を提供します。2021 年 9 月 22 日、アップストリームの OpenTelemetry は、そのコンポーネントのトレース安定性マイルストーンを発表しました。2021 年 9 月 23 日、トレースのサポートが AWS Distro for OpenTelemetry で一般的に利用可能になったことをお知らせします。

Read More

Amazon Managed Service for Grafana を始めよう

この記事は、Amazon Managed Service for Grafana – Getting Started を翻訳したものです。 Amazon Managed Service for Grafana (AMG) は、フルマネージドでセキュアなデータ可視化サービスです。このサービスでは、お客様は複数のデータソースからアプリケーションの運用メトリクス、ログ、トレースデータを即座に検索、関連付け、そして可視化することができます。AMG は、オープンソースの Grafana プロジェクトに基づいています。Grafana は、広く展開されているデータ可視化ツールであり、拡張可能なデータソースのサポートによって普及しています。Grafana Labsと共に開発したAMGでは、Grafana のプロビジョニング、セットアップ、スケーリング、メンテナンスをお客様自身で行う必要がありません。

Read More

AWS Fault Injection Simulator – 管理された実験を使用して復旧力の改善につなげる

AWS では、信頼性の高いシステムを構築するために必要とされるコンポーネントを各種提供しています。それらには、複数のリージョン (それぞれに複数のアベイラビリティーゾーンがあります)、Amazon CloudWatch (メトリック、モニタリング、アラーム)、Auto Scaling、Load Balancing、複数の形式のクロスリージョンレプリケーションを含む、多くの種類があります。これらのコンポーネントを、Well-Architected フレームワークに記載されているガイダンスに則って配置することで、個別のコンポーネントに障害が発生した場合でも、システムの連続稼働を期待できます。 しかし、適切な種類のテストを実行してみないことには、これらに確信を持つことはできません。カオスエンジニアリング (障害の達人こと Jesse Robbins が Amazon.com の初期の頃に行った先駆的な検証を基に、その後、Netflix のカオスモンキーによって強化された) の比較的新しい分野では、中断の原因となるイベントを作成しアプリケーションにストレスを加え、システムの応答を観察し、改善を行うということに専念します。カオスエンジニアリングは、改善の余地がある領域を指摘するだけでなく、追加のモニタリングやアラームを適用すべき盲点を発見し、目に付きにくい実装上の問題を明らかにします。さらに、ユーザーが運用スキルを向上させる機会を生み出すので、リカバリ時間の向上につなげられます。このトピックの詳細については、当社従業員の Adrian Hornsby による「Chaos Engineering – Part 1 (カオスエンジニアリング – パート 1)」を参照してください。 AWS Fault Injection Simulator (FIS) のご紹介 今回、当社は AWS Fault Injection Simulator (FIS) を発表いたしました。この新しいサービスは、AWS ワークロードに対し管理された形の障害を注入する実験を実施して、その場合の反応を確認するのに役立ちます。お客様は、さまざまな種類の障害にシステムがどのように反応するかを検証でき、障害モードをより良く把握することができます。運用前の環境での実験から開始して、その後 CI/CD ワークフローの一部として実行できるようにステップアップし、最終的には実稼働環境の中に移行できます。 AWS Fault Injection Simulator (FIS) による実験では、特定の AWS リソースのセットがターゲットになり、それらに対して一連のアクションが実行されます。このサービスの現在のサポート対象は、Amazon Elastic Compute Cloud […]

Read More

Amazon Connect Customer Profilesを使ってパーソナライズされた顧客体験を提供する

顧客がコンタクトを取りに来るシナリオでは、コンタクトセンターに到達する前に彼らのジャーニーを理解することは、パーソナライズされたセルフサービスおよびエージェント体験を提供するのに非常に役立ちます。過去の保留時間、顧客感情、最近のビジネストランザクションなどのデータは、効果的な顧客解決と顧客満足度スコア(CSAT)の向上において大きな役割を果たします。しかし、この顧客データを、異なるビジネスアプリケーションから単一のプロファイルに統合することは、困難で複雑で、コストがかかり、継続的なメンテナンスを必要とします。 Amazon Connect Customer Profiles は、すべての顧客データを単一のプロファイルインターフェースに統合することで、この課題を解決します。顧客プロファイルには、名前、住所、Eメール、購入履歴、および出荷状況、訪問したウェブページ、カスタマーサービスのコンタクト履歴などのマーケティングデータなどの関連情報を含めることができます。Customer Profiles は、Amazon Connect 内の過去のやり取りと、顧客関係管理 (CRM) システム、マーケティングオートメーションソリューション、業務アプリケーションなどのサードパーティアプリケーションからのデータを組み合わせて、統一された顧客プロファイルを提供します。Amazon Connect からのデータには、以前のキュー期間、保留数、エージェントへの連絡手順、会話記録、顧客の感情など、顧客の連絡履歴が含まれます。同様に、サードパーティアプリケーションのデータの例には、お客様の電話番号、住所、過去のトランザクション、チケットの詳細などがあります。 Salesforce、ServiceNow、Zendesk、Marketo用に用意されている事前構築されたコネクタを活用して、わずか数クリックで、サードパーティのアプリケーションからデータを取り込み、統一された顧客プロファイルを作成できます。お客様は、Amazon Connect Customer Profiles API を使用して、自社開発のアプリケーションとデータストアを統合することもできます。

Read More

【開催報告】2020年 AWS re:Invent Recap ヘルスケア・ライフサイエンス

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 インダストリー事業開発部 片岡です。 ヘルスケア・ライフサイエンス領域でクラウド活用を検討頂いているお客様を幅広く対象として、2021年1月28日に「2020年 AWS re:Invent Recapインダストリー編 ヘルスケア・ライフサイエンス」をウェビナーで開催しました。 本記事では、セッションの中でお伝えしました、最新事例や最新サービスを含む当日の資料・動画を皆様にご紹介します。

Read More

【開催報告】AWS re:Invent Recap Analytics 〜新サービスアップデート&クイックデモ〜

こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの平間です。 2021年1月29日に、2020年 AWS re:Invent Recapシリーズのひとつとして、分析サービスのRecapセミナーを開催いたしました。2020年 AWS re:Invent では、AWSの分析サービスに関して、新しいサービスおよび多くのアップデートが発表されました。本セッションでは、新しく発表されたサービスやアップデートを中心に共有させていただくとともに、お客さまの課題や問題をどのように解決できるのか、クイックデモを交えてご紹介させていただきました。

Read More

【開催報告&資料公開】放送業界向け InterBEE 2020 / re: Invent 2020 Recap セミナー

1 月 28 日に放送業界のお客様向けに、昨年開催された InterBEE 2020 と AWS re:Invent 2020 の Recap セッションを実施しました。 ■InterBEE 2020 Recap アマゾンウェブサービスジャパン ソリューションアーキテクト 門田 梓 [Slide] ソリューションアーキテクトの門田より、InterBEE 2020 で発表した AWS を活用した放送業界の AWS 活用事例を紹介しました。2020 年は新型コロナウイルスの感染拡大が番組制作に非常に大きく影響した年でした。登壇いただいたお客様は、この困難に立ち向かうため、AWS のサービスとツールを活用して コストを必要最小限に、ゼロから作るより迅速に、拡張性や可用性のメリットを手に入れています。本セッションでご紹介した概要は以下の通りです。

Read More

【開催報告&資料公開】新聞・出版業界向け re: Invent 2020 Recap セミナー

1 月 28 日に新聞・出版業界のお客様向けに AWS re:Invent 2020の Recap セッションを実施しました。 クラウドコンピューティングの分野で世界最大規模の「学習型」カンファレンスである AWS re: Invent は、例年 12 月に 1 週間程度いただいてラスベガスで開催しておりました。しかし、昨年はコロナウィルス感染拡大の影響により、11 月末からの 3 週間に拡大して完全オンライン(参加無料)で開催されました。およそ 50 万人の方にご登録いただき、5 つの基調講演と 500 以上のセッションをご提供、期間中は 200 以上の新機能・新サービスを発表しました。

Read More

AWS SaaS Boost を利用したモノリスアプリケーションの SaaS 移行

AWS SaaS Factory で Principal Partner Solutions Architect を務める Tod Golding による記事です。 SaaS (Software-as-a-Service) モデルへの移行は多くの企業にとって魅力的ですが、新しいマルチテナントアーキテクチャへの移行に必要な時間、労力、投資は大きな障壁となる場合があります。 多くの企業にとって、SaaS への移行には、新しいテクノロジーの習得、マルチテナント構造の実装、新しい運用ツールの作成、新しい課金体型の採用、といった作業を伴います。 こういった障壁は、SaaS への移行がビジネスを成長させ将来の成功の鍵になると考えている企業にとって、特に深刻な問題になる可能性があります。そのような企業の多くは、わざわざアプリケーションの再構築やコードの書き換えを行うことなく、そして時間やコストも奪われることなく、SaaS への移行を加速する方法を模索しています。 そういったニーズに対応するために、アマゾンウェブサービス (AWS) では、AWS SaaS Boost をリリースしました。

Read More