Amazon Web Services ブログ

Tag: Broadcast

jpmne-fujitsus-network-error-correction-protocol-available-in-aws-elemental-mediaconnect

富士通のネットワークエラー訂正技術を AWS Elemental MediaConnect でサポート

※この投稿は富士通株式会社 社会システム事業本部 都市環境システム事業部マネージャー有村陽介氏に提供いただきました。本投稿の内容や意見は、第三者である執筆者のものであり、 AWS は本投稿の内容や正確性について責任を負うものではありません。 AWS Elemental MediaConnect は、ライブビデオ用の高品質なトランスポートサービスで、AWS Media Services スイートの一つのサービスです。この度、富士通のネットワークエラー訂正技術プロトコルである Fujitsu QoS の MediaConnect でのサポートが発表されました。富士通が IP ネットワーク向けに開発した Fujitsu QoS は、低遅延、高スループットの独自プロトコルであり、富士通映像伝送装置から MediaConnect へ、また MediaConnect から富士通映像伝送装置への転送を可能にします。このプロトコルは FEC と ARQ という 2 つの誤り訂正技術を組み合わせたハイブリッド方式で、一定帯域幅でより高い誤り耐性が強化されています。Fujitsu QoS は、世界中の多くの市場で放送局や映像関係者に使用されている富士通 IP シリーズのビデオエンコーダー/デコーダー( IP-900 、IP-920 、IP-HE950 、近日発売予定の IP-HE900 など)に実装されています。これらの映像伝送装置を MediaConnect で使い始めるために特別なソフトウェアは必要なく、AWS のアカウントがあれば利用することができます。これらのエンコーダーと MediaConnect サービスを組み合わせることで、世界中の富士通のお客様により柔軟で信頼性の高いライブ映像伝送と映像配信が可能になります。

Read More
automatically-compare-two-videos-to-find-common-content

2つのビデオを自動的に比較し共通のコンテンツを探し出す

2つのビデオを比較し、共通している点、異なっている点を特定することはさまざまに役立ちます。2つのビデオソースの間で共通のコンテンツを探し出すことは、次のような多くの興味深いアプリケーションへと可能性を広げます。 自身のコンテンツの、サードパーティビデオによる不正使用を調査する 1組(2つ)のビデオストリームについて、コマーシャルが異なる場合でも確実に同じ番組が流れていることを確認 2つのビデオを比較して、どれくらい共通のコンテンツが存在するかを調べる

Read More
broadcast monitoring

AWSの機械学習を活用したライブ・放送ビデオモニタリングの自動化

放送およびオーバーザトップ(OTT)ライブストリームのサービスプロバイダーは、大量コンテンツの品質チェックを行う必要があります。品質チェックの範囲は、低レベルの信号エラーからコンテンツ自体のエラーなど高レベルの問題にまで至ります。従来のライブメディア解析ソフトウェアは、ETSI TR 101 290 プライオリティチェック1および2など、信号レベルでの品質チェックに重点を置いています。番組内容、字幕、音声言語の検証など、より高レベルな品質チェックは、放送ストリームで問題がないか人間のオペレーターによって常にモニタリングが行われています。放送ビデオストリームの数が増加するにつれて、追加のチャンネルや番組をサポートするために、手動のモニタリング作業をスケールすることは困難であり、コストもかかります。

Read More