Amazon Web Services ブログ

Tag: Serverless Architecture

そろそろマネージド、クラウドネイティブで行こう!サーバーレスへのチャレンジ

【開催報告】そろそろマネージド、クラウドネイティブで行こう!サーバーレスへのチャレンジ

こんにちは アマゾン ウェブ サービス ジャパン 株式会社 ソリューションアーキテクトの安達です。 2021年7月14日に「そろそろマネージド、クラウドネイティブで行こう!サーバーレスへのチャレンジ」を開催いたしました。 本記事では、セミナーの内容や当日の資料を皆様にご紹介します。 前回のコンテナ編のイベント開催報告ブログは、こちらになりますので、こちらも是非ご覧ください。 開催の背景 マネージドやクラウドネイティブが気になっているけど、まだ手を出せていない方や、部分的には使っているけど、まだまだ現状の運用に負荷を感じている方、多くいらっしゃると思います。そのような方向けに、「そろそろマネージド、クラウドネイティブで行こう!」セミナーシリーズを作りました。本シリーズでは3回に渡って、コンテナ、サーバーレス、マネージド NoSQL DB にフォーカスした内容をお届けする予定です。 今回はその第2回目のサーバーレス編でした。本セミナーでは、新規にサーバーレスの導入を検討されている方、既存のアプリケーションをサーバーレスに移行を検討されている方、よりサーバーレスを活用していきたい方など、様々なフェーズの方々を対象に、実際に最前線でサーバーレスの活用をされているお客様の事例や、そこで学んだことなどを共有いただきました。また、AWSより、サーバーレスを使った段階的なモダンアプリケーション化の適用ステップについてもご紹介しました。

Read More
AWS-CPG-DTC-Modernization

DTC e コマースサイトをモダナイズするための3つのステップ

筆者(Danny Yin)は15年以上にわたって、多くの革新的な消費者ブランドの e コマースプラットフォームの設計を支援してきました。特に消費者向け(Direct To Consumer; DTC)e コマースサイトにおける顧客体験の向上と運用効率向上を支援することが、AWS における筆者の役割です。 レガシーアーキテクチャに多額の投資を行っている消費財企業からも、クラウドベースの e コマースプラットフォームのメリットをどうすれば実現できるのかよく聞かれます。このブログでは、e コマースサイトをモダナイズするための3つの戦略について、その概要を紹介します。 DTC eコマースサイトの典型的なレガシーアーキテクチャはおわかりになりますね。オンプレミスのデータセンターに配置されたモノリシックアプリケーションで、DBA チームが巨大なウェブサイトを管理、チューニングしています。特にホリデーシーズンの購買ピーク時には、コストがかかる上に、拡張は難しく、管理にも時間がかかっていました。ここではこの点についてこれ以上深追いはせず、3 つのモダナイゼーションを見ていきましょう。

Read More