Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Connect

Amazon Connectのスケジュールされた レポートを自動的に送信する

コンタクトセンターではデータが重要です。 スーパーバイザとマネージャは、レポートを使用して、チームのパフォーマンスを確認し、要員配置の計画を立てます。 必要なときに必要なデータを人々に提供することは不可欠です。 このブログ記事では、レポートの生成を有効にしてEメールで自動的にユーザーに送信する方法について説明します。 以下のサービスを使用します。 Amazon S3 AWS Lambda Amazon SES Amazon CloudWatch with Amazon Connect このブログでは、 AWS CloudFormationを使用してデプロイを簡素化する方法についても説明します。 このブログのソリューションでは、 Amazon Connectのネイティブレポート機能を使用してレポートを設定およびスケジュールします。 そのスケジュール設定されたレポートは、Amazon Connectの設定で指定したS3バケットに作成されます。 レポートがS3に作成されると、Lambda関数を起動するイベントが発生します。 Lambda関数はイベントを読み取り、S3からレポートを取得して、指定されたEメールアドレスに送信します。 すべてのアクティビティは追跡目的でCloudWatchに記録されます。 では始めましょう。 このセットアップを完了するには、次のものが必要です。 アクティブなAWSアカウント us-east-1(バージニア北部)またはus-west-2(オレゴン)のいずれかにあるAmazon Connectインスタンス。 Amazon SESはこれらのAmazon Connectリージョンでのみ使用可能であるため、この設定ではこれら2つのリージョンのみがサポートされています。 インスタンスを作成したら、電話番号を取得します。 詳細については、Amazon Connect の使用開始を参照してください。 あなたのアカウントに設定されたAmazon SES。 このソリューションでは、Amazon SESを使用してレポートを指定の受信者にEメールで送信します。 SESを使用してEメールを送信するには、送信元アドレスを確認して、自分が所有者であることを示します。 サンドボックスにいる場合は、 送信先アドレスも確認する必要があります。 あなたは、Eメールアドレスまたはドメイン全体を確認することができます。 検証プロセスについては、Amazon SES のIDの検証を参照してください。 アカウントをサンドボックスから削除する方法については、Amazon SES サンドボックスの外への移動を参照してください。 このCloudFormationテンプレートを実行するための適切なIAM権限。 これには、IAMロールとLambda関数を作成する権限が含まれます。 […]

Read More

Elasticsearch と Kibana を使って Amazon Connect のデータをリアルタイムに活用する

このブログポストでは、Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) と Kibana を使って、どのように Amazon Connect コンタクトセンターでリアルタイムなデータ分析を行うかを紹介します。問い合わせ対応時間やサービスレベル、問い合わせの効率具合、エージェントのパフォーマンス、顧客満足度など、様々なサービス・メトリクスを改善するためにコンタクトセンターのパフォーマンスをモニタリングできます。 加えて、Amazon ES を使って問い合わせ追跡レコード (CTR) 、エージェントのイベント・ストリーム、Amazon CloudWatch で取得できる問い合わせフローログを処理し、Kibana を使ってリアルタイムに近い形で可視化するソリューションも紹介します。Elasticsearch はオープンソースの、分散システムの検索と分析のエンジンで、ログ分析や全文検索に利用されています。Kibana はデータ集約と可視化のツールです。Amazon ES と Kibana を用いて、リアルタイムにデータを検索、可視化、分析、洞察することができます。 Amazon Connect は顧客とのやり取りで発生したイベントの詳細をリアルタイムに問い合わせフローログとして提供します。問い合わせフローとは顧客が問い合わせを行ったときの顧客体験を定義したもので、再生するプロンプトや顧客からの入力、問い合わせキューの転送などを定義します。 さらに、Amazon Connect は 分析用にデータをエクスポートするために CTR を Amazon Kinesis Data Firehose に、エージェントのイベントを Amazon Kinesis Data Streams にストリーミングできます。CTR は Amazon Connect インスタンスで発生するイベントや、属性、キュー、エージェントのやり取りをキャプチャーしたものです。エージェントのイベントは、Amazon Connect インスタンスにて起こる、ログイン、ログアウト、ステータスの変更といったエージェントのアクティビティを記録したものです。 ソリューション概要 以下の図は Amazon Connect からの問い合わせフローログや CTR、エージェントのイベントを処理し、Amazon […]

Read More

Amazon Connectで作るセキュアなIVRソリューション

Amazon Connectで作るセキュアなIVRソリューション Amazon Connectの問い合わせフローを使用して、ダイナミックな自動音声応答(IVR)ソリューションを作成できます。 Amazon Connectを使用すると、適切に個人情報を収集し、IVRによる顧客体験をカスタマイズすることができます。 個人情報として、社会保障番号、クレジットカード情報、および住所などが考えられます。 コンプライアンス上の理由から、個人情報など機密性の高い情報は通信時および保管時に暗号化する必要があります。 常に個人情報は暗号化しましょう。 このブログでは、Amazon Connectの[顧客の入力を保存する]ブロックを使用して機密な個人情報を収集し、ご自身でお持ちの暗号化キーを使用してデータを自動的に暗号化する方法について説明します。 この機能により、暗号化の要求に応えることができます。 この目的のために、Amazon ConnectはAWS Encryption SDKを使用して顧客提供データを暗号化します。 SDKはエンベロープ暗号化アプローチを使用します。 これにより、生データとそれらの暗号化に使用されるデータキーの両方が保護されます。 AWS Encryption SDKの機能の詳細については、Envelope Encryptionを参照してください。 この記事では、以下の手順を説明しています。 クレジットカード番号を収集するようにAmazon Connectを設定します。 クレジットカードの番号を暗号化します。 ご自身でお持ちの復号化キーを使って復号化するために、バックエンドのAWS Lambdaに暗号化されたクレジットカード番号を送信します。 次の図に示すAmazon Connect問い合わせフローを使用します。 セキュアなIVRの作成 このセキュアなIVRを作るために、以下を実施する必要があります。 新しい暗号化キーと復号化キーを作成するか、既存のものをインポートします。 復号化キーをAWSパラメータストアに安全に保存する 収集した番号を復号化するためのAWS Lambda関数を作成します。 収集したクレジットカード番号を暗号化するために、Amazon Connectに公開鍵をアップロードします。 前のセクションで説明した問い合わせフローを作成します。 注意 セキュアなIVRを作るために、AWS Command Line Interface(AWS CLI)がインストールされ、セットアップされ、Amazon Connectインスタンスと同じリージョンに設定されていることを確認しましょう。 ターミナルウィンドウから“ aws configure”を実行できることを確認し、デフォルトのリージョンパラメータに正しい値が設定されていることを確認します。 Amazon Connectの顧客入力を暗号化する機能は、ご自身でお持ちの公開鍵を使用してデータを暗号化するように設計されています。 これにより、自分の秘密鍵を使用してデータを復号化し、データを後続処理に利用できます。 顧客だけが知っている秘密鍵を使用すると、要求されるプライバシーを保護するのに役立ちます。 既存の鍵ペアを使用することも、新しい鍵ペアを作成することもできます。 鍵情報が利用可能であるかぎり、このプロセスは変わりません。 […]

Read More

Amazon Connectインスタンスへの迷惑電話を特定し対処する

我々はAmazon Connectによって強化されたコンタクトセンターを展開してきました。 あなたは今、顧客から電話で問い合わせを受けています。 素晴らしいことです。 ただし、迷惑電話が増えてきていることにも気付いています。 それはあまり素晴らしいことではありません。 このブログでは、発信者の番号に基づいてこの不要な着信通話の発信者を識別するソリューションを構築する方法をご紹介します。 着信を識別して対処するステップ まず、Amazon DynamoDBに電話番号のリストを作成し、Amazon Connectにすべての着信呼び出しについてこのリストをチェックさせます。 Amazon Connectがこのリストにアクセスするために、AWS LambdaをAmazon Connect問い合わせフローと統合します。 その後、すべての着信呼び出しに対してそのLambda関数を実行します。 AWS Lambdaは、着信呼び出しの番号についてデータベースを検索します。 一致したレコードが見つかった場合に問い合わせフロー内で別のパスへルーティングできるようにするために、AWS Lambdaはレコードの一致を示す値を返します。 このプロセスの4つのステップは以下のとおりです: Amazon DynamoDBにテーブルを作成する AWS Lambdaを使用して番号データベースを検索する 問い合わせフローでAWS Lambdaを使用するようにAmazon Connectを設定する Amazon Connectに返される値を確認する ステップ1:Amazon DynamoDBにテーブルを作成する Amazon DynamoDBコンソールを開きます。 テーブル作成を選択します。 [テーブル名]に、filteredNumbersと入力します。 プライマリキーにphoneNumberと入力します。 デフォルト設定を使用をチェックしたままにして、作成を選択します。 テーブルを作成したら、ブロックする電話番号を追加します。filteredNumbersを選択し、項目タブを選択し、「項目の作成」を選択します。 国際的に認められたE.164形式で電話番号を入力してください。 たとえば、北米の場合は+ 15551234567などです。 ブロックする番号を入力してから、保存を選択します。 ブロックするすべての番号について手順6を繰り返します。 注意 電話番号を入力するこれらの手順では、番号を個別に入力する必要があります。 電話番号をまとめて追加する方法については、DynamoDB CLIリファレンスを参照してください。 ステップ2:AWS Lambdaを使用して番号リストを検索する AWS Lambdaは、Amazon ConnectとAmazon DynamoDBテーブルをつなぐパイプの役割を果たします。 Amazon […]

Read More

Amazon ConnectとSalesforce Service Cloudによる自動化されたAIエクスペリエンスの構築

昨年我々 は Salesforce のAmazon Connect CTIアダプタの最初のリリースを発表しました。我々 は、多くの企業のお客様が革新的な顧客体験を提供するこのインテグレーションを活用するのを見てきました。お客様からのフィードバックに基づいて、以下の追加機能を備えた CTI アダプタのバージョン 2(訳注)もすでにリリースされています: 訳注)本日時点で最新のCTIアダプタのバージョンは3.1です。 Salesforce 画面ポップアップの機能追加:Caller IDに加え、Amazon Connectの問い合わせフローで設定したコンタクト属性に基づいてポップアップさせる機能をサポート。 Salesforce オムニチャネルのサポート:Amazon Connectの音声チャネルをSalesforceチャット、電子メール、SMS チャネルと連携させることが可能に。 ロギングと録音のサポート:自動的にAmazon Connectの通話をログに記録し、Salesforce の通話記録に表示します。 Lambdaによるデータ活用:事前に構築済みのLambdaファンクションを使うことによってSalesforceの顧客データをカスタマーエクスペリエンスの向上のために活用することが出来ます。 SSO/SAML サポート:シームレスなシングル サインオンをAmazon Connectと Salesforce で有効に出来ます。 Aamzon Connectをはじめてセットアップする場合は、こちらのgetting started guideをご覧ください。また、CTIアダプタインストールガイド ではSalesforce AppExchangeのCTIアダプタの設定方法についてご案内しております。本ブログでは、作成済みのAamzon Connectインスタンスに対して設定済みのCTIアダプタがSalesforceインスタンスにセットアップされていることを前提にしております。また、Amazon Lex ボットのセットアップについての一定の知識も前提にしております。 CRMエージェントルーティングによる自動化されたAIエクスペリエンスの構築 あなたは小規模な再生可能エネルギー関連企業におけるコンタクトセンターの責任者だとしましょう。そのコンタクトセンターでは、エージェントはセールスについてとサービスについての両方の問い合わせを受けることとします。両方の問い合わせを受けるため、エージェントは顧客が問い合わせをしている理由を知る必要があり、また、ケースや連絡先情報のようなキーとなる情報がスクリーンにポップアップする必要があります。 Amazon Connectインスタンスでは、Amazon Lex ボットを活用したシンプルな問い合わせフローを設定します。この問い合わせフローは、顧客が問い合わせをしている理由、つまりインテントとしてAmazon Lexに定義するもの、が何かを尋ねるためのものです。顧客の言葉に応じて、Amazon Lexはその言葉を定義済みのインテントの一つにマッチさせます。セールスについての問い合わせか、サービスについての問い合わせかが確定したら、ケース番号を尋ねてそれをスロットに格納します。ボットがデータを収集したら、Amazon Connectはそれをその顧客の既知の何らかの情報とともにスクリーンにポップアップし、エージェントに伝えます。 初めのステップは二つのAmazon Lexボットの作成です:GetCustomerCallReasonとGetCaseNumberです。GetCustomerCallReasonは二つのインテントを持っています:SalesCallとSupportCallです。いずれのインテントについても、それぞれの問い合わせの理由についての発話をこれらのインテントにあてはめたいと思うでしょう。以下のスクリーンショットはそれぞれのインテントについての作り方を示すものです。 SalesCall インテント   SupportCall インテント これらのボットとインテントの名前は問い合わせフローの中で参照しますので、上の図と同じ名前で作成するようにしましょう。つぎに、Amazon LexボットGetCustomerCallReasonを作成し、発行します。ここで、prodというエイリアスを使用しました。 […]

Read More

Amazon Connect S3バケットへのアクセスを制限する

このブログでは、Amazon S3へのカスタマーアクセスポリシーを作成する方法について説明します。 これらのバケットはデフォルトでは公開されていません。このブログではさらに踏み込んで、Amazon Connectのレポートと通話録音が保存されているバケットをAmazon Connectにロックします。 Amazon Connectアカウントに割り当てられた適切な権限を使用することで、スケジュールされたレポートと保存されたレポートを表示したり、Amazon Connectインターフェイスから通話録音を再生したりできます。 セキュリティとデータのプライバシーは多くの顧客にとって最優先事項であるため、組織やプライバシーの要件を遵守することが重要です。 そのためには、IAMポリシーを使用して、Amazon S3に格納されているAmazon Connectアーティファクトのセキュリティをさらに強化することができます。 これは、顧客情報を危険にさらす可能性があるデータ漏洩または侵害を回避するのに役立ちます。 これにより、顧客のプライバシーを維持するためのセキュリティが強化され、ローカルの規制を遵守するのに役立ちます。 警告 セキュリティ設定を変更するときは注意してください。 これらの変更は恒久的なものであり、あなた自身のアクセスを制限してしまうかもしれません。まずはテストバケットで試すことをお勧めします。 もし間違えると、管理しようとしているリソースへのすべてのアクセスが失われるかもしれません。 これは、Amazon Connectインスタンスの動作に悪影響を及ぼす可能性があります。本番環境で行う前に、テストS3バケットでアクセス制限を試してみることを検討してください。 この記事で説明する次の手順は、S3バケットへのアクセスを制限するために必要です。 インスタンスに使用されているS3バケットを特定する Connectに使用されているIAMロールを特定する コマンドラインを使ってロールIDを特定する S3バケットポリシーを作成する S3バケットへのアクセスを確認する それでは始めましょう。 S3バケットを特定する Amazon Connectインスタンスに関連付けられているバケットを特定します。 インスタンスの作成時に既存のS3バケットを使用しなかった場合は、新しいバケットが作成されています。 次の例に示すように、Amazon Connectダッシュボードで、Amazon Connectに使用されているバケットを見つけることができます。 私のインスタンスの例で使用されているバケット名は、connect-25fd0a3be3ef です。 IAMロールを特定する Amazon Connectサービスに使用されているIAMロールを特定します。Amazon Connectインスタンスでの権限は、IAMロールにより許可されています。 注:Amazon ConnectはService-linkedロールを導入しました 。 この記事の手順は、2018年10月17日にService-linkedロールが導入される前に作成されたAmazon Connectインスタンスに適用されます。 近日中に、この記事をService-linkedロールに関する情報で更新する予定です。 Amazon ConnectサービスのIAMロールを見つけるには IAMコンソールを開きます。 Amazon Connectインスタンスを作成したときに作成されたロールを見つけます。 複数のインスタンスを作成した場合は、作成時間を確認することで、どのロールが各インスタンスに関連付けられているかを判断できます。 作成時間の列が表示されていない場合は、ページの右上隅にある歯車のアイコンから追加できます。 どのロールがどのインスタンスに対応しているか判断できない場合は、ロールがアクセス権を持つS3バケットが、そのインスタンスで使用されるバケットと一致するかを確認します。 正しいロールを使用していることを確認する […]

Read More

Amazon Lex を組み合わせた Amazon Connect でダイヤルボタンの数字選択と発話入力を使う

あなたは公共の場所に座っていて、電話でカスタマーサポートに問い合わせる必要があるとします。あなたは移動中で、予約の確認か変更をしたい、もしくは口座の残高照会をする必要があるかもしれません。そしてあなたはアカウントのパスワードをリセットする必要があります。なぜならあなたはいつも電話ではなくタブレットから自身のアカウントにアクセスしているためです。私たちはみなそうしてきました。 そこで、あなたはカスタマーサポートに電話をかけます。しかし、あなたが公共の場所にいて機密の個人情報を入力したいとき、それを声に出すことは安全ではないかもしれません。あなたのまわりの誰もがあなたが話すことを聞こえるからです。もし、あなたがまわりの騒音の中で話そうとするときは特にそうです。 さて、あなたが喜ぶために、カスタマーサポートがあなたの個人情報をダイヤルボタンを使って数字入力できるようにすることを想像してみてください。あなたは何も言う必要はありません。 Amazon Lex のチャットボットを組み合わせた Amazon Connect は、問い合わせフローを使用した場合に顧客がキーパッドを押した数字を入力としてキャプチャーできます。Amazon Lex はキーパッドで押された数字をプッシュ信号 (DTMF) として解釈します。Lex はあなたが発話を話すときと同じ方法で、その入力に基づいてインテントと一致させます。これにより、顧客がコンタクトセンターと対話する柔軟性が向上します。これはまた、風邪のためか前の歯医者の予約によるためのどちらでも、話すことが難しい誰にとってもより容易になります。 お客様は、キーパッドに個人情報やアカウント番号などの機密情報を入力する方法を選択できるようになり、Amazon Lex の背後にある自然言語理解エンジンを使用して Amazon Connect を通じて Amazon Lex ボットと会話できるようになりました。 このブログポストでは、Amazon Connect の問い合わせフローの中で使うための Amazon Lex のボットを作成する方法を説明します。あなたも、リアルタイムで私のバージョンを試すことができます。 概要 このソリューションは以下のタスクを含みます。 Amazon Lex のボットを作成する ― 名前を指定し、ボットのその他設定を選択する ボットを構成する―ボットがどのように動くかを定義するために設定を更新する。これは以下のステップを含みます。 インテントを作成する ― インテントとは、口座残高の取得など、お客様が実行したいアクションです。ボットは1つ以上のインテントを持つことができます。 スロットを追加する ― スロットは、顧客が意図を満たすために提供しなければならないデータを定義します。 インテントを構成する ― 入力に基づいて、顧客の意図に一致する発話とスロットのコレクションを選択し、次に何が起こるかを決定します。 ボットのエラーハンドリングを構成する ― 呼び出し元の発話が理解できない場合など、ボットがエラーを処理する方法を設定します。 ボットをビルド、テストする ― ボットが意図したとおりに動くか確認します。 ボットを公開し、エイリアスを作成する ― ボットを公開し、対話を可能にします。 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Connect 資料及び QA 公開

先日 (2018/12/14) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「おまたせしました! 東京リージョンローンチ 記念! Amazon Connect アップデート」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon Connect from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q1. 0~abj番号を使えるようになりますか? A:ブラックベルト資料の「よくある質問」の中の「電話番号の制限事項(東京リージョン)」をご参照ください。 Q2. 03番号は取得できますか? A:東京リージョンにて取得可能です。ブラックベルト資料の「東京リージョンで利用できる電話番号」をご参照ください。 Q3. 現在使っている電話番号を継続して使う場合はどうしたらいいですか? A:番号の持ち込みは現時点で未対応となっております。ブラックベルト資料の「電話番号の制限事項(東京リージョン)」をご参照ください。 Q4. NTT等で取得済みのフリーダイヤルはそのまま使用、もしくは転送する事は可能でしょうか?? A:ブラックベルト資料の「電話番号の制限事項(東京リージョン)」をご参照ください。 Q5. セキュリティプロファイルは追加できますか? A:追加可能です。Connectインスタンスからメニューを「ユーザー」→「セキュリティプロファイル」とたどることで新しいセキュリティプロファイルを追加することが出来ます。 Q6. 任意の権限種類を追加できるかどうか知りたいです A:セキュリティプロファイルを追加する事で可能です。Q5の回答をご参照いただけますでしょうか。 Q7. ソフトフォン以外にも対応していますか? A:ハードフォン(デスクフォン)をご利用できますが、各AgentのCCPにて、転送する外線電話番号を設定する事で、Amazon Connectからハードフォンに外線転送する方式となります。 内線電話機をSIP等で直接接続する事はできません。 Q9. ハードフォンが使えるというのは、そのハードフォンのPSTNへAmazon […]

Read More

Amazon Connect が東京リージョンに対応しました。Webinarも緊急開催!

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 Amazon Connect が東京リージョンに対応しました。 Amazon Connect は、セルフサービスのクラウド型コンタクトセンターであり、大型のインフラ投資なしでコールセンターを立ち上げることができるサービスです。 セルフサービス式のグラフィカルインターフェイスを用いることで、対応フローの設計、スタッフの管理、業績指標の追跡が簡単にできます。 Amazon Connectはオーストラリアリージョンで、日本向けのサービスが今まで提供されており、050,0800の番号が利用可能でしたが、新たに0120が利用できるようになっています。 0AB〜J番号の「03」は利用者(企業もしくは本人確認)の確認が必要となるため、Support Caseから申請を上げていただく必要があります。こちらからお願いいたします。 ハンズオンイベントの開催なども企画しておりますので、また皆さんにご案内したいと思います。取り急ぎ、以下のWebinarにご登録ください。 東京リージョンでのご利用価格はこちらにあります。   【AWS Black Belt Online Seminar】おまたせしました! 東京リージョンローンチ 記念! Amazon Connect アップデート 2018 年 12 月 14 日 | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆ Amazon Connect は、セルフサービスのクラウド型コンタクトセンターサービスです。長らくお待たせしておりましたが、12/11、遂に東京リージョンにローンチしました!これに合わせて、Amazon Connectの基本機能、最近のアップデート情報、東京リージョン関連機能についてデモを交えてご紹介します。 対象者 コールセンターの構築・移設を検討されている方。 そのようなプロジェクトに関わるエンジニアの方。 本セミナーで学習できること Amazon Connectの概要とそのメリット、機能/価格体系、最新Update、よくあるご質問 […]

Read More

Amazon Connect が数ヶ月以内に東京リージョンで利用可能に

Amazon Connectはサービス開始以降、利用可能なリージョンを増やしてきましたが、数ヶ月以内に東京リージョンでも利用できるようになることを、2018年10月10日に発表いたしました。Amazon Connectは簡単に利用でき、セルフサービスで設定可能なクラウド型のコンタクトセンターサービスであり、顧客体験をより良くするために活用できます。 お客様の声により、私達は次のAmazon Connectの展開先を東京リージョンにすることに決めました。東京リージョンで利用可能となると、Amazon Connectの管理画面にて東京リージョンを選択可能となり、Amazon Connectインスタンスが起動できるようになります。Amazon Connectのセットアップ手順については、getting started guideをご覧ください。 東京リージョンでAmazon Connectとともに利用できるサービスとしては、Amazon PollyやAWS Lambdaなどがあります。Amazon Lex※1など、他のリージョンで利用可能なサービスについてはクロスリージョンサポート※2によって利用することが可能です。 ※1 Amazon Lexは2018年10月10日現在では、日本語でのご利用はできません ※2 Amazon Connectと別リージョンにあるAmazon Lexに接続するための機能   Amazon Connectの東京リージョンローンチに向けて既に準備いただいているお客様もいらっしゃいます。一例としてトランスコスモス株式会社はAmazon Connectチームと共に、別のリージョンでPoCを行っていただいています。 またパートナーである株式会社アドバンスト・メディアは、彼らのコールセンターソリューションとAmazon Connectのインテグレーションを我々と進めています。これによって、お客様は彼らが持つ日本語の音声解析技術を利用したソリューションを利用する事ができるようになります。これに加えて、Amazon Connect認定を受けたISVパートナーのサービスもAmazon Connectと組み合わせて東京リージョンでご利用いただくことが可能となります。 現時点でAmazon Connectが稼働しているAWSリージョンはこちらからご覧になれます。Amazon ConnectおよびセルフサービスについてはAmazon Connect websiteをご覧ください。 翻訳は SA 石橋が担当しました。原文はこちらです。  

Read More