Amazon Web Services ブログ

Tag: Amazon Kinesis Data Firehose

AWS Game Tech

Amazon GamesのシームレスなMMO「New World」を支えるユニークなアーキテクチャ

この記事は、”The Unique Architecture behind Amazon Games’ Seamless MMO New World” を翻訳したものです。 Amazon EC2 を利用したワールドとマイクロサービスの革新的な組み合わせにより、スケールの難しい要求に応えた没入できるゲームを実現しました。 New World は、Amazon Games が制作し、2021年9月にリリースされた大人気 MMO (多人数同時参加型オンライン)ゲームです。プレイヤーはカスタムキャラクターを作成し、 Aeternum と呼ばれる広大で神秘的な世界に入り、他の何千人もの冒険者たちと交流します。セッション型のゲームとは異なり、プレイヤーはログアウトしてもその成果を失うことはありません。その代わり、アイテムや仲間との出会い、探検のスキルなど、時間の経過とともにキャラクターは成長していきます。プレイヤーにとっては、画面のロードなどの待ち時間がなく、非常に没入感のあるゲーム体験ができます。これは「シームレス」と呼ばれるもので、開発者が提供できる貴重な特性です。 New World の開発者は、 Amazon Web Services(AWS) のソリューションを利用して、このシームレスなユーザー体験を実現するとともに、24時間365日グローバルにゲームを提供できるバックエンドシステムを維持・運用しています。

Read More

ジオテクノロジーズ株式会社の位置情報データレイクにおけるAWSの活用

こんにちは、ソリューションアーキテクトの齋藤です。本稿では、ジオテクノロジーズ株式会社 デジタル本部 ビッグデータ&アナリティクスG マネージャー 加瀬氏と共同でAWSサービスを活用したジオテクノロジーズの位置情報データレイクの取り組みについてご紹介します。 ジオテクノロジーズ株式会社について カーナビ向けのデジタル地図データ提供から事業を開始したジオテクノロジーズ(旧社名:インクリメントP)株式会社は、1995 年に PC 向けの地図ソフト『MapFan』を提供開始。その後、地図検索サイトを展開するなど、個人から法人までさまざまなデジタル地図サービスを提供しています。2020 年 10 月からは移動するとポイントが貯まるアプリ『トリマ』を提供し、2022 年 3 月末現在で 850 万ダウンロードを獲得するなど注目を集めています。 同社は、精度や鮮度の高い地図データだけではなく、交通情報の生成・予測といった顧客にとって価値のある位置情報サービスを提供することを目指しています。そのためには、所有する様々な地図に関するデータを掛け合わせることが必要になります。 位置情報データレイクのコンセプト

Read More

Amazon OpenSearch Serviceを利用したVMware Cloud on AWSワークロードのモニタリング

2021年9月8日:Amazon Elasticsearch ServiceはAmazon OpenSearch Serviceに名称変更されました。詳細を確認する。 AWSでSpecialist Solutions Architectを務めるDrew Rutledgeによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、VMwareとAWSが共同で開発したソリューションで、vSphere、NSX、vSANなどのVMwareのSoftware-Defined Data Center (SDDC) テクノロジーをAWSグローバルインフラストラクチャ上で提供します。 Amazon OpenSearch Service (Amazon Elasticsearch Serviceの後継サービス) を利用すると、インタラクティブなログ分析、リアルタイムのアプリケーションモニタリング、ウェブサイト検索などを簡単に実行できます。Amazon OpenSearch Serviceは、Elasticsearchから派生した、分散型のオープンソース検索および分析スイートです。

Read More

【開催報告】AWS Data Lake ハンズオンセミナー (+個別案件相談会)

こんにちは。AWS ソリューションアーキテクトの八木達也 (@ygtxxxx) です。 6月14日に、「AWS Data Lake ハンズオンセミナー (+個別案件相談会)」を開催いたしました。前回行ったワークショップの二回目となります。前回も盛況でしたが、今回も60名を超すお客様にご参加頂きました。 はじめに、AWSにおけるデータ活用のベストプラクティスであるAmazon S3を中心とした Data Lakeについて解説し、ビッグデータ分析基盤の考え方として有名なラムダアーキテクチャの解説を行いました。 当イベントでは、AWSサービスを駆使して実際にラムダアーキテクチャを構築してみる、というのがゴールです。とはいえすべてを構築し切るのはボリュームが大きいため、今回から、コース別に取り組めるようにハンズオンコンテンツを用意しました。最初にコースの説明を行い、出席いただいたお客様ご自身の課題に合わせてコースを選択頂き、ハンズオンを行っていただきました。 アンケートでは以下のようなお声を頂き、満足頂けた方が多かったように思えます。 ・お客様の声 「非常にわかりやすいテーマと資料でした。すぐ実践できそうな内容で満足でした。」 「個々のサービスのサンプルは御社サイトから読めますが、今回のように組み合わせた具体的なサンプル提示は大変助かります。」 「わかりやすいハンズオンでした。実践的に提案する場合でも利用できる内容なので、提案時に勧めたいです。」 また、ハンズオン後にはソリューションアーキテクトによる個別案件相談会(事前登録制)も実施致しました。相談者の方々には具体的なソリューションを持ち帰って頂くことができたと思います。 次回は秋ごろに開催予定です。ご参加お待ちしております。

Read More