Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS Fargate

NEW:サービスディスカバリのためのAWS Cloud Mapとのアプリケーション統合

By: Alexandr Moroz, Sr. Product Manager, Amazon Route 53; Madhuri Peri, Sr. IoT Architect, AWS Professional Services; Aaron Molitor, Sr. Infrastructure Architect, AWS Professional Services; and Sarma Palli, Sr. DevOps Architect, AWS Professional Services AWS Cloud Mapを利用するとクラウドをマッピングすることができます。Amazon S3のバケットやAmazon DynamoDBのテーブル、Amazon SQSのキュー Amazon EC2やAmazon ECS、Amazon EKSやAWS Lambda上で構成されたカスタムクラウドサービスの様な任意のリソースに対しても分かりやすい名前を定義できます。AWS SDKと認証されたAPIクエリを使って分かりやすい名前にてリソースの場所やメタデータを検出することができます。 デプロイメントステージやバージョンの様なカスタム属性によって、リソースをさらにフィルターし、検出することができます。

Read More

AWS CodeDeploy による AWS Fargate と Amazon ECS でのBlue/Greenデプロイメントの実装

AWS Fargate と Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) 上で稼働するサービスでの Blue/Green デプロイメントがサポートされます。 AWS CodeDeploy を利用し、 Blue/Green デプロイメントを行うことでアプリケーションの更新時のダウンタイムを最小限に抑えることが出来るようになります。 Blue/Green デプロイメントは、古いバージョンと新しいバージョンのアプリケーションを同時に起動し、新しいバージョンをテストしてからトラフィックをルーティングします。デプロイ状況を監視し、問題が発生した場合はすぐにロールバックすることも出来ます。 この新しい機能により、デプロイメント、テスト、トラフィックのカットオーバーが管理されたサービスを、AWS Fargate または Amazon ECS で作成することが出来ます。 サービスを更新すると、AWS CodeDeploy によってデプロイメントがトリガーされます。 このデプロイメントは、Amazon ECSと連携して、新しいバージョンのサービスを Green 環境用のターゲットグループにデプロイし、ロードバランサのリスナーを更新してこの新しいバージョンをテストできるようにし、ヘルスチェックが成功した場合にカットオーバーを実行します。

Read More