Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS Media Services

MediaTailor_Channel_Assembly

AWS Elemental MediaTailorの新機能Channel Assemblyで既存ソースから仮想チャンネルを立ち上げる方法

放送局やOTT(Over-the-Top)チャンネルの運営者は、既存の複数のオンデマンドソースから番組を集め、それらをリニアプレイリストにブレンドすることで、仮想チャンネルを作成することができるようになりました。 これまでは、オンラインストリーミング用にメディアをトランスコードするコストや、カタログ内の既存メディアを検索してキュレーションする複雑さのために、少数の視聴者グループ(興味や地域性に基づく視聴者のカテゴリーなど)向けにカスタマイズされたチャンネルを作成するには、莫大な費用がかかっていました。

Read More

re:Invent 2020ストリーミング配信の裏側

re:Inventは、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)とAWSイベントテクノロジーチームのメンバーにとって、最大の年次イベントです。リーダーシップセッションのライブストリームは、他のAWSイベントよりも視聴者数は約500%多くなっています。 2020年、COVID-19の影響により、re:Inventは初めて対面式からオンライン開催へと転換しました。これにより、大規模で信頼性の高いコンテンツ配信を実現するための、ライブストリーミングサービスとハードウェアがさらに重要視されるようになりました。本ブログ記事では、すべてのre:Invent 2020ライブコンテンツのライブコンテンツを提供することを可能にした、最新のクラウドワークフローと現地でのエンコーディングとアーキテクチャについて説明します。

Read More
me.magazine2

メディア&エンターテインメント業界向けデジタルマガジン「me.magazine 2」をリリースしました

メディア&エンターテインメント業界向けデジタルマガジン 第二弾 『 me.magazine 2』日本語版をリリースしました。 AWSを活用して構築した、新しいワークフロー、新しいビジネスモデル、新しい技術ソリューションについてM&E 業界お客様のストーリーを集めたオンラインマガジンです。 お客様がクラウドをどのように活用して、カスタマーエクスペリエンスの向上、商品やサービス価値を高め、ビジネスチャンスや収益拡大の機会を得ることができたか 是非、me.magazine 2 をご覧ください。

Read More

ビデオストリーミング急増に伴う課題を解決したAWSがテクノロジー&エンジニアリング・エミー賞を受賞

2020年の混乱の中、何百万もの人々がオンラインビデオでニュース、情報、スポーツ、エンターテイメントを求めていました。 このことは、オンデマンド配信で世界中の視聴者数が39%増の7億7,000万人という記録的な伸びを示したことからも明らかです。ビデオストリーミングはすべての地域で増加し、 Conviva によれば、2020年第4四半期のストリーミングの時間は2019年と比較して44%跳ね上がりました。

Read More
aws cdi

コンテンツ制作と配信の将来のためにAWS CDIが意味するもの

Media & Entertainment(M&E)におけるそれぞれの新しい技術進化は、業界をコンテンツの作成と消費について再考するよう推進しています。例えば、SDI(Serial Digital Interface)ファミリーのデジタルビデオインターフェースや、インターネットプロトコル(IP)を介したビデオ転送などのイノベーションは、テレビ放送やコンテンツ制作の仕組みに多大なる影響を与えました。クラウドの果たす役割の増大により、オーバーザトップ(OTT)やインターネットプロトコルテレビ(IPTV)の普及は促進され、これまでのテクノロジーにはなかったようなコスト効率と拡張性が実証されています。しかし、放送局やライブプロダクションの専門家たちは、主にオンプレミスワークフローに最適化されたアプリケーション間の低レイテンシーと高帯域幅の接続に依存しているため、クラウドの可能性を最大限に活用できていませんでした。なんとしてもこのギャップを埋めるため、Amazon Web Services(AWS)のチームはAWS Cloud Digital Interface(AWS CDI)を導入しました。

Read More

自動化 ABRでよりスマートなビデオエンコードを行う方法

はじめに 今日使用されているオーバーザトップ(OTT) 配信形式の中で最も一般的なものは、ABR(アダプティブビットレート)技術を使用した、ビデオの提供に基づいています。ABRパッケージには、一定範囲のビットレートと解像度でエンコードされたコンテンツの、複数のレンディションが含まれています。 HTTPライブストリーミング(HLS)やHTTP上のダイナミックアダプティブストリーミング(DASH)などの形式は、同じビデオにおける、複数のレンディションを持つラダーの作成方法を定義します。それぞれ異なるフレームサイズまたはビットレートでエンコードされ、ウェブプレーヤー、モバイルデバイス、スマートテレビへと提供されます。各プレーヤーは、ディスプレイ設定と現在利用可能な帯域幅に合った、適切なレンディションを動的に選択できます。 その目的は、必要に応じてレンディションを切り替えることにより、コンテンツをスムーズに再生することです。

Read More

日本テレビ放送網株式会社、日テレ系ライブ配信トライアルにおいて AWS を利用した Cloud Playout を実現

Cloud Playout 導入の背景 放送/配信業務において映像を送出する Playout システムは LIVE 映像が配信されている LIVE フィードと事前に準備済みの映像ファイルである Asset の切替、番組進行 / 編成管理、緊急切替といった様々な処理を行います。そして LIVE フィード / Asset の切替や映像の “フタ被せ” ( 権利の関係から映像配信できない場合に別映像を被せる ) は該当の映像区間のみに対して処理をするため、フレーム精度 ( 後述 ) での対応が求められます。そのため Playout システムの構築には専用ハードウェアの組み込みや数年単位での検討/構築期間、多くのコストが掛かる事が従来は一般的でした。 日本テレビ放送網株式会社 ( 日本テレビ ) は2020 年 10 月より始めた地上波プライムタイムのライブ配信トライアル ( 日テレ系ライブ配信トライアル ) において、これらの課題を解決し、迅速にサービスを実現するために株式会社 PLAY ( PLAY ) の Cloud Playout サービス “ PLAY KRONOS ( KRONOS […]

Read More