Amazon Web Services ブログ

Tag: customer experience

ライブストリーム・ショッピング:パーソナリティ付きの e コマースをデリバリーするには

中国ライブコマースにおける 34 歳のトップインフルエンサーである Viya は、中国ではその名を聞いたことのない人はいないと思われるほどの知名度をもっています。彼女はオンライン販売で化粧品、家電製品、衣類から車や家まで、あらゆるものを販売しています。最近では、彼女のライブストリーミングを視聴するために 3700 万人を超えるユーザーがログインしており、これは「ゲーム・オブ・スローンズ」の最終回の視聴者数を上回る人数です。

Read More

小売業におけるデジタルコマース戦略の実現方法

COVID-19 によるパンデミックが始まったとき、オンライン注文への急激なシフトを目の当たりにし、またおそらく個人としても体験されたことでしょう。しかし、やや意外かもしれませんがオンラインへのシフトにも関わらず、売上の 80 %は依然として実店舗で生まれています。e コマースが成熟し、消費者がデジタルに精通するようになるにつれて、次の傾向が現れています:

Read More

スマートストアテクノロジーで顧客体験を変革する5つの方法

お客様が買い物をする際、それがオンラインであっても実店舗であっても、それは簡単でシンプルで楽しいものであるべきです。お客様の心の中では、販売チャネルに関係なく、小売業者、またはブランドは1つの要素です。このため、お客様は店舗においてもオンラインと同じ利便性を備えたデジタルと現実世界の接点が流動的にようにシフトするジャーニーを期待しています。 店舗で買い物をするときの一般的な問題点は次の通りです。 長い決済待ち時間 在庫切れ 店内で商品を見つけることの難しさ ヘルプの不足 商品情報が全く無いかそれに近い状態 お客様はこれらの煩わしさをオンラインで対処する必要がありません。オンラインでは支払いの待ち列はありませんし、商品は検索エンジンで簡単に見つけることができます。商品の詳細を見ることもできます。手助けが必要なときはすぐにチャットウィンドウが利用できます。これらのデジタルにおける利便性はお客様が期待する水準を引き上げました。 2018年における Accenture の調査レポートによると、消費者の91%は、関連するオファーやレコメンデーションを提供するブランドを認識、記憶、買い物をする傾向があります。これは、お客様が店舗でもオンラインと同様のパーソナライズされた買い物体験を望んでいることを示す重要な指標です。 お客様の期待にはロイヤルカスタマーとして認識されること、状況に応じたオファーやプロモーション、その他のパーソナライズされた特典も含まれます。お客様はさらなるパーソナライズを期待し、気に入った小売業者にデータを共有します。もし小売業者が店舗での買い物体験を向上させなければ、体験を向上させている他の小売業者に顧客を奪われてしまうリスクがあるということです。 顧客体験を変革させるスマートストアテクノロジー 小売業者は、以下の拡張機能を使用して、お客様の一般的な問題点に対処し、買い物をタスクからご褒美に変えることができます。

Read More

パーソナライゼーション: より深い洞察を得て売上を伸ばすために

誰も COVID-19 のパンデミックを予測できませんでした。ステイホーム(外出禁止令)やソーシャルディスタンスにより、人々は以前ほど頻繁には小売店に行かなくなりました。代わりにオンラインでの購入が増え、消費者はじっくり考えて吟味してから購入するようになりました。通常、小売店で購入する場合でも、オンラインで購入する場合でも、消費者は訪問ごとにより多くの商品を購入します。多くの点で、実店舗からオンラインへのシフトは、パンデミックのずっと前から続いていた傾向でもあります。 パンデミック以降、ショッピングのトレンドは変化し続けていますが確かなことが 1 つあります。それは、ブランドの当たり障りのない一般的なメッセージではもはや消費者の共感を得られない、ということです。小売ブランドがカスタマージャーニーにおける障壁を打ち破り、ブランドの認知度と忠誠心に影響を与え、売上へと繋げるためにはパーソナライゼーションが不可欠です。ブランドには、カスタマージャーニーのあらゆる段階で、すべてのチャネルにまたがってパーソナライズされた一貫性のある顧客体験が求められています。

Read More

事前構築済 Amazon S3 コネクターとAmazon Connect Customer Profilesで顧客情報を統一する

顧客がコンタクトセンターに連絡する場合、顧客のコンテキストを理解することは、優れたエクスペリエンスを提供するための鍵となります。Amazon Connect Customer Profilesでは、より効率的でパーソナライズされたカスタマーサービスを提供するために、最新の情報を含む顧客プロファイルの統一ビューを作成できます。Salesforce、ServiceNow、Zendesk、Marketo、および Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)向けに用意されている、あらかじめ構築されたコネクタを活用して、サードパーティのアプリケーションから数クリックでデータを取り込むだけで、統一された顧客プロファイルを作成できます。 以前の 2 つのブログでは、数回クリックするだけでサードパーティアプリケーションへのコネクタを設定する方法と、統一された顧客プロファイルの作成、パーソナライズされたルーティングの設定、およびエージェントデスクトップへの顧客プロファイルの埋め込み方法について説明しました。このブログでは、Amazon S3 をデータソースとしてカスタムデータテンプレートを使用して取り込みを設定する方法について詳しく説明します。

Read More
blog-enVista-tn

パートナー対談:enVista のサプライチェーン戦略 – ニューノーマルのためのイノベーション

ブログ連載の紹介 世界中の小売企業がかつてない混乱に見舞われている中、業界のリーダーたちは、レジリエンス、粘り強さ、そしてイノベーションの能力を発揮しています。 私たちは AWS ストラテジックパートナーの経営陣との対談を始め、困難な時代におけるリーダーシップとイノベーションを紹介しています。 このブログ連載をお楽しみください。ご質問やご提案がございましたら、ぜひコメントをお寄せください。 — このブログの紹介 ブログ連載の2回目、「パートナー対談:ニューノーマルのためのイノベーション」では、サプライチェーンとコマースの統合ソリューションに特化したソフトウェア及びコンサルティング事業を提供するグローバル企業、enVista 社のストラテジー&アライアンスの SVP であるジーン・ボーナック氏にお話を伺いました。ジーンは、パンデミックが小売業のサプライチェーンにどのような混乱をもたらしたかについて語り、進化する市場環境に素早く適応するための重要な戦略について考えを述べています。

Read More
AWS-CPG-DTC-Modernization

DTC e コマースサイトをモダナイズするための3つのステップ

筆者(Danny Yin)は15年以上にわたって、多くの革新的な消費者ブランドの e コマースプラットフォームの設計を支援してきました。特に消費者向け(Direct To Consumer; DTC)e コマースサイトにおける顧客体験の向上と運用効率向上を支援することが、AWS における筆者の役割です。 レガシーアーキテクチャに多額の投資を行っている消費財企業からも、クラウドベースの e コマースプラットフォームのメリットをどうすれば実現できるのかよく聞かれます。このブログでは、e コマースサイトをモダナイズするための3つの戦略について、その概要を紹介します。 DTC eコマースサイトの典型的なレガシーアーキテクチャはおわかりになりますね。オンプレミスのデータセンターに配置されたモノリシックアプリケーションで、DBA チームが巨大なウェブサイトを管理、チューニングしています。特にホリデーシーズンの購買ピーク時には、コストがかかる上に、拡張は難しく、管理にも時間がかかっていました。ここではこの点についてこれ以上深追いはせず、3 つのモダナイゼーションを見ていきましょう。

Read More