Amazon Web Services ブログ

Tag: Messaging

Amazon ChimeSDK と Amazon IVS で RubyKaigi を数日で構築するには

本投稿は、Cookpad のシニアソフトウェアエンジニアで、RubyKaigi オーガナイザーでもある Sorah Fukumori 氏による寄稿です。本稿での意見は第三者によるものであり、この記事の内容及び正確さについて AWS は責任を負いません。 RubyKaigi は日本で開催されている、プログラミング言語 Ruby に関する世界最大級の国際カンファレンスです。長引く COVID-19 の影響で、私たちはオフラインでの開催を諦め、オンラインでの開催を決定しました。2020 年、RubyKaigi Takeout 2020 と称し無料で広く使われているオンラインビデオサイトを使用して初のバーチャルカンファレンスを開催しました。そして、 2 回目のバーチャルカンファレンスとなる今年の RubyKaigi Takeout 2021 では、私たちのニーズにあったバーチャルカンファレンスソリューションを構築し、有料で開催することを決定しました。

Read More

顧客の関心に基づいて商品在庫の更新を自動化する

このブログ記事では、マーケティングメッセージをカスタマイズできるように、製品カテゴリに対する顧客の関心を捉えるプロセスを自動化するためのソリューションを紹介します。小売業の例を使用して、AWS のサービスを使用して、顧客に関連するコミュニケーションを生成する高度なプロセスを構築する方法を示します。このソリューションはモジュールごとに別れているため、ビジネスとユースケースに重要な部分のみを構成できます。

Read More
real-time-collaboration-using-amazon-chime-sdk-messaging

Amazon Chime SDK messagingでリアルタイムコラボレーションを行う

Amazon Chime SDK messagingは、開発者がユーザーのコミュニティを安全かつスケーラブル、そして永続的なメッセージングで簡単に接続するために必要なビルディングブロックを提供します。利用可能なAPIには、メッセージの送信、履歴の取得、メッセージの編集および削除、保存されたメッセージの保持ポリシーの設定、チャットデータのストリーミングエクスポートなどがあります。Amazon Chime SDK messagingは、お客様がより迅速に構築できるよう支援し、運用を簡素化します。 Amazon Chime SDK messagingを1対1のメッセージングユースケースに使用できることに加え、弊社のAPIは、幅広いユースケースに対応できる柔軟性を備えているとお客様は実感されています。Amazon Chime SDK messagingをアプリケーションのデータトランスポートとして使用し、ユーザーにとって真にユニークなエクスペリエンスを構築しています。また私たちのお客様は、コラボレーションチャットから、ビデオ放送と並行したメッセージング、そしてオンラインドキュメントやホワイトボードでのリアルタイムコラボレーションに至るまで、さまざまなエクスペリエンスを構築しています。

Read More