Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon RDS

Amazon RDS を PostgreSQLのメジャーバージョンとマイナーバージョンにアップグレードするためのベストプラクティス

 オープンソースの PostgreSQL は、頻繁に発生するバグ、セキュリティの問題、データ破損の問題の修正を含む新しいマイナーバージョンとメジャーバージョンをリリースすることがあります。一般的に、Amazon RDS は、新しいエンジンバージョンが利用できるようになってから 5 か月以内にサポートすることを目指しています。また、特定のバージョンがサポートされなくなった場合、RDS PostgreSQL インスタンスをアップグレードする必要があります。この場合、RDS は、データベースインスタンスのアップグレードを提案するメールを送信します。RDS コンソールまたは AWS CLI コマンド modify-db-instance を使用して、インスタンスをアップグレードできます。Auto Minor Version Upgrades を有効にすることで、インスタンスを適切なマイナーバージョンにアップグレードすることもできます。 RDS はアップグレードを管理しますが、一般的な問題、関連する手順、それにビジネスへの影響を最小限に抑えてアップグレードするためのベストプラクティスを把握しておく必要があります。この記事では、次のトピックを含む RDS PostgreSQL データベースエンジンのアップグレードについて説明します。 メジャーバージョンとマイナーバージョンのアップグレード中に起こること アップグレード中の一般的な問題 Auto Minor Version Upgrades 機能の理解 アップグレードの準備 メジャーバージョンとマイナーバージョンのアップグレード PostgreSQL 10 以降、たとえば 10 から 11 など、バージョン番号の最初の数字が増加することで、新しいメジャーバージョンにアップグレードしたことを示しています。2 番目の数字が、たとえば 10.4 から 10.9 に変わった場合、マイナーバージョンのアップグレードがあったことを示します。PostgreSQL 10 以前では、9.5 から 9.6 など 2 桁目の数字がメジャーバージョンを示し、9.6.5 から […]

Read More

Amazon RDS for Oracle の Oracle GoldenGate を使用したリージョン間災害復旧機能の実装

多くの AWS ユーザーは、日々のアクティビティの骨の折れる作業に AWS ポートフォリオで利用できるマネージドサービスを活用しています。Amazon RDS はこれらのサービスの 1 つであり、リレーショナルデータベースのデプロイに最適です。RDS を使って、リレーショナルデータベースの管理と保守の管理費用を大幅に削減できます。 この記事では、あるリージョンから別のリージョンに実行されているデータベースインスタンスの Amazon RDS for Oracle でリージョン間の災害復旧 (DR) をセットアップする方法を示します。ソリューションは、Amazon EC2 インスタンスハブにインストールされた、Oracle GoldenGate を使用することです。そのインスタンスハブは、DDL レプリケーションを実行するために統合キャプチャモードで設定されたものです。 概要 次の要因に応じて、DR を実装する方法は複数あります。 目標復旧時間 (RTO) および目標復旧ポイント (RPO) DR サイトのセットアップと保守のコストと管理タスク 地理的多様性のための DR サイトの場所 Amazon RDS for Oracle は、マルチ AZ 配置オプションを提供し、データベース (DB) インスタンスの可用性と耐久性を強化しています。これは、多くの場合、一部の顧客ユースケースに効果的な DR ソリューションです。DR サイトを 2 つの異なるリージョンに分散する必要がある場合、DR にマルチ AZ を使用することはできません。ただし、前述の要因に応じて、このようなソリューションを実装する方法はいくつかあります。 ソリューションのアーキテクチャ ソリューションは、次のコンポーネントで構成されています。 GoldenGate […]

Read More

RDS PostgreSQL トランスポータブルデータベースを使用したデータベースの移行

Amazon RDS for PostgreSQL が、バージョン 11.5 以降および 10.10 以降で、高速データのインポートおよびエクスポート方法であるトランスポータブルデータベース機能をサポートするようになりました。RDS PostgreSQL インスタンスから別の PostgreSQL インスタンスに PostgreSQL データベースをインポートする必要がある場合は、pg_dump や pg_restore などのネイティブツールを使用するか、\copy コマンドを使用してデータをターゲットテーブルにロードできます。トランスポータブルデータベースを使用すると、こうした従来のツールよりもはるかに高速にデータを移動することができます。この機能は、データベースごとの物理的な転送メカニズムを提供する pg_transport と呼ばれる新しい拡張機能を使用します。物理的な転送では、最小限の処理でデータベースファイルをストリーミングすることにより、最小限のダウンタイムでデータをより高速に移動できます。 この記事では、pg_transport の一般的なユースケースと、AWS CLI と psql ユーティリティを使用して RDS PostgreSQL 環境でこれを設定および使用する方法について説明します。 pg_transport のユースケース 多くのお客様は、RDS PostgreSQL で独自の SaaS またはマルチテナントおよびエンタープライズアプリケーションを実行しています。これは、Amazon RDS により、AWS での PostgreSQL デプロイの設定、操作、スケーリングが簡単になるためです。単一の RDS PostgreSQL インスタンスに複数のデータベースを配置して、さまざまな顧客やアプリケーションにサービスを提供するのは一般的なことです。このような環境では、トランスポータブルデータベースが役立ちます。 以下のようなユースケースに最小限のダウンタイムで対処できます。 リソースの管理や分離を改善するために、RDS インスタンス間でデータベースを移動する。たとえば、SaaS プロバイダーであれば、特定の容量に達した場合、顧客データを異なる構成 (より大きなインスタンスタイプ、プロビジョンド IOPS、または異なるインスタンスファミリー) に移動する必要があります。 セキュリティおよびコンプライアンスの理由でデータを再編成する。たとえば、ある AWS アカウントの […]

Read More

RDS および Aurora PostgreSQL ログの操作: パート 2

このシリーズの最初の投稿である RDS および Aurora PostgreSQL ログの操作: パート 1 では、PostgreSQL のログの重要性と、より多くのデータベースアクティビティの詳細情報をキャプチャするためのさまざまなパラメータを調整する方法を記載しています。PostgreSQL ログは、データベースの問題を解決するのに役立つ情報を提供します。この投稿は、PostgreSQL ログにアクセスするためのさまざまな方法に焦点を当てています。 PostgreSQL ログはクラスターの各インスタンスに生成および保存されます。これらのログファイルにアクセスする方法は複数あります。以下のセクションでは、これらの方法をいくつか説明します。 AWS マネジメントコンソールにアクセスする PostgreSQL ログファイルにアクセスするための最も直接的な方法は、AWS Management Console を介して行います。以下の手順を実行します。 Amazon RDSを開きます。 RDS/Aurora インスタンスを選択します。 [ログとイベント] を選択します。 [Logs] で必要なログファイルを選択します。 [View]、[Watch]、または[Download]のいずれかを選択します。 以下のスクリーンショットは、[Logs] セクションのプレビューです。 これは、ログファイルを表示またはダウンロードするための最も基本的な方法です。 CloudWatch Logs にログファイルを発行する RDS および Aurora PostgreSQL は、Amazon CloudWatch Logs へのログの発行をサポートしています。詳細については、RDS ユーザーガイドの「PostgreSQL ログの Amazon CloudWatch Logs への発行」を参照してください。 ログが CloudWatch Logs の場合、アラームを作成し、リアルタイム分析を行うことができます。たとえば、log_statements を […]

Read More

RDS および Aurora PostgreSQL ログの操作: パート 1

PostgreSQL は最も人気のあるオープンソースのリレーショナルデータベースシステムの 1 つです。30 年以上におよぶ開発作業を経ている PostgreSQL は、多数の複雑なデータワークロードを処理できる、信頼性が高く堅牢なデータベースであることが証明されています。AWS は 2 つのマネージド型 PostgreSQL オプションを提供しています。Amazon RDS for PostgreSQL と Amazon Aurora PostgreSQL です。デバッグやモニタリングのためのデータベースアクティビティログをどのようにキャプチャするのかという質問が、新規の PostgreSQL ユーザーから多く寄せられます。この記事では、RDS および Aurora PostgreSQL を設定して追加のエンジンログを生成する方法について説明します。記事の第 2 部である RDS および Aurora PostgreSQL ログの操作: パート 2 では、これらのログファイルにアクセスする方法をご紹介します。 PostgreSQL は、データベース管理者 (DBA) に役立つ情報を含むイベントログを生成します。デフォルトでは、SQL クエリエラー、ログイン試行の失敗、デッドロックがデータベースログにキャプチャされます。これらのエラーメッセージはアプリケーションのさまざまな問題の特定に役立ちます。たとえば、レガシーアプリケーションを Oracle から PostgreSQL に変換すると、一部のクエリが PostgreSQL 構文に正しく変換されないことがあります。こうした誤った形式のクエリによってログにエラーメッセージが生成されるため、問題のあるアプリケーションコードを特定するのに役立ちます。 デフォルトのログ記録を使用するだけでなく、PostgreSQL ログ記録パラメータに変更を加えれば、パフォーマンスの低下やセキュリティ監査などの問題を特定、解決するのに役立つ情報を取得できます。このログ記録パラメータを設定すると、接続と切断、スキーマ変更クエリ、すべてのスロークエリとその時間、ロックのため待機中で時間がかかるクエリ、一時的なディスクストレージを消費するクエリ、リソースを消費するバックエンド自動バキュームプロセスなどの情報をキャプチャできます。 このログ情報は、データベース使用中の潜在的なパフォーマンスと監査の問題をトラブルシューティングするのに有用です。この記事では、このログ記録の有効化とその利点について詳しく説明します。 DB パラメータグループ RDS および Aurora […]

Read More

S3_INTEGRATION を使用して Amazon RDS for Oracle を Amazon S3 と統合する

Amazon RDS for Oracle では、マネージドサービスソリューションのあらゆる利点を活用できます。リフトアンドシフトアプローチを使用してレガシー Oracle データベースを Amazon RDS for Oracle に移行すると、既存のアプリケーションコンポーネントをリファクタリングしたり変更したりする必要性を減らすことができます。 データウェアハウス (DW) 抽出は、ほとんどのデータベースにおいて不可欠な部分です。データベースのホストと社内データベース用 DW サーバーとの間で、ネットワークファイルシステム (NFS、Network File System) などの共有ファイルシステムに抽出ファイルを保持するのが一般的な方法です。 DW ロード用の共有ファイルシステムを使用してオンプレミスの Oracle から Amazon RDS for Oracle への移行を行う際には、既存の共有転送メカニズムがスムーズに移行できるかという点に特に注意する必要があります。そのことを念頭に置いて、AWS は 2019 年 2 月に、Amazon S3 統合により Amazon RDS for Oracle を強化しました。このオプションにより、Amazon RDS for Oracle Database を Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) にシームレスに統合することができます。 この記事では、アプリケーションホストとAmazon […]

Read More

SSL/TLS を経由して RDS MySQL, RDS MariaDB, and Amazon Aurora MySQL に sysbench を実行する

sysbench は MySQL 互換のデータベースでベンチマークを実行するために有用なツールです。もし、sysbench を使って Amazon Aurora MySQL のパフォーマンスの評価をしたい場合、Amazon Aurora Performance Assessment Technical Guide が役に立つでしょう。しかし、もし SSL/TLS を経由して sysbench を実行したい場合、このツールや AWS のサービスにあるいくつかの制限について考える必要があります。 この投稿では、RDS MySQL, RDS MariaDB, and Aurora MySQL で sysbench を実行するにあたっての考慮点と、どのように準備するべきかについて、お話いたします。 考慮点 sysbench の最新のパッケージリリースは 1.0.17 になります。もし、yum や RPM のようなパッケージマネージャから sysbench をインストールした場合、このバージョンがインストールされます。このバージョンでは、sysbench は SSL/TLS を使用するにあたって、以下のような制限を持っています: –mysql-ssl オプションは ON または OFF のみが指定可能で SSL_MODE は REQUIRED 固定 クライアント秘密鍵、クライアント公開鍵、CA […]

Read More

Amazon Relational Database Service (RDS)とAmazon AuroraのSSL/TLS 証明書のアップデートについて

Amazon Relational Database Service (RDS)/Amazon Auroraをご利用のお客様に対し、「SSL/TLS 証明書のアップデートについて」のご案内をお送りさせていただいております。こちらは、現在RDSにて利用しているSSL/TLS 証明書が期限を迎えるため、新しいSSL/TLS 証明書へ更新が行われるという通知となっています。 SSL/TLS 証明書更新に際して、お客様よりよく頂くご質問を以下にまとめましたので、ご確認をお願いいたします。   Q: SSL/TLS 接続を使用している場合、CA 証明書をアップデートする必要がありますか? はい、もしお客様が CA 証明書をアップデートしなかった場合、SSL/TLS 接続ができなくなります。CA 証明書のアップデートは 2020 年 3 月 5 日までに完了する必要があります。AWS では、CA 証明書のアップデートによる影響のテストや対応のための時間を確保するために、2020 年 2 月 5 日までにアップデートを完了していただくことを強くお勧めしております。 Q: CA 証明書のアップデートを 2019 年 10 月 31 日までに完了させる必要がありますか?最終期限はいつになりますか? 2019 年 11 月 1 日以降、お客様が新たに DB インスタンス (Amazon RDS DB インスタンス、Amazon […]

Read More

Amazon RDS で詳細なバックアップストレージ請求をサポート開始

 最近、AWS は、Amazon RDS の詳細なバックアップストレージ請求機能を一般提供することを発表しました。この機能は、PostgreSQL、MySQL、MariaDB、Oracle、および SQL Server データベースのエンジンに適用されます。この機能がリリースされる前の Amazon RDS バックアップ料金は、毎月の請求書のリージョンごとに単一行の項目として提示されていました。ただし、毎日の自動データベースバックアップと手動 DB スナップショットの両方による Amazon RDS バックアップ請求料金の内訳は理解が困難でした。今後は、AWS Cost Explorer および Cost and Usage Report (CUR) で、コストアロケーションタグに基づいて Amazon RDS バックアップストレージの請求を表示できます。 このブログ投稿では、Amazon RDS データベースインスタンスにタグ値を設定し、コストアロケーションダッシュボードでこれらのタグをアクティブにし、AWS Cost Explorer と CUR で詳細なバックアップストレージ請求コストを表示する方法を示します。 設定 AWS マネジメントコンソールにログインしたら、Amazon RDS バックアップストレージ請求を表示するように設定するために、簡単なステップがいくつか必要です。DB インスタンスに既にタグが付いている場合は、RDS コンソールから、または AWS Cost Explorer から直接開始できます。 ステップ 1: Amazon RDS コンソール、AWS CLI、または API を介して […]

Read More

Amazon RDS for PostgreSQL バージョン 9.4.x のリタイアメントのお知らせ

本投稿は、こちらのフォーラムに投稿された Amazon RDS for PostgreSQL をご利用中のお客様向けのアナウンスメントの参考和訳です。 本投稿は、PostgreSQL コミュニティが2020年2月にバージョン9.4を廃止予定であることに従い、2020年1月15日をもって、Amazon RDS が RDS for PostgreSQL 9.4 のサポートを終了することをお知らせするものです。 Amazon RDSは2015年からPostgreSQLメジャーバージョン9.4をサポートしています。本リリース後、機能性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンスの観点で大幅な改善がなされたメジャーバージョンが続々とリリースされています。PostgreSQLコミュニティは、PostgreSQL 9.4のリリース終了時期を2020年2月と発表しています。コミュニティサポートモデルに沿って、AWSは9.4.1, 9.4.4, 9.4.5, 9.4.7, 9.4.9, 9.4.10, 9.4.11, 9.4.12, 9.4.14, 9.4.15, 9.4.17, 9.4.18, 9.4.19, 9.4.20, 9.4.21, 9.4.23 のマイナーバージョンを含む、メジャーバージョン9.4のサポートを終了いたします。Amazon RDS では引き続き、バージョン9.5 以降の PostgreSQLデータベースをサポートいたします。 できるだけ早いタイミングで、Amazon RDS PostgreSQL 9.4 データベースインスタンスをバージョン9.6, 10 もしくは、バージョン11 にアップグレードすることを推奨します。9.5 へアップグレードすることも可能ですが、このバージョンは2021年2月にサポート終了が予定されています。 利用中の PostgreSQL 9.4 のマイナーバージョンと PostGIS 拡張の利用有無に応じて、バージョン10 もしくは、11 に直接アップグレードできる可能性があります(※訳者注: […]

Read More