Amazon Web Services ブログ

Tag: Amazon VPC

VMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWS で実現するマイクロサービスアーキテクチャとモダンアプリケーション

AWS で Sr. Specialist Solution Architect を務める Sheng Chen による記事です。 VMware Cloud on AWS は、Amazon Web Services (AWS) グローバルインフラストラクチャ上で、 VMware Software-Defined Data Center (SDDC) を展開し、 vSphere ワークロードを実行するための柔軟でスケーラブルなソリューションを提供します。 200 以上の AWS ネイティブ サービスとの統合アクセスにより、VMware Cloud on AWS は、お客様がビジネスの中断を最小限に抑えつつ、アプリケーションのモダナイゼーションジャーニーを加速するのに役立ちます。 具体的には、VMware Cloud on AWS と AWS サービス統合するための独自の機能を利用することで、お客様はアプリケーションの変革とマイクロサービス アーキテクチャへの移行を開始することができます。

Read More

AWS Direct ConnectとVMware Cloud on AWSの統合

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、AWSグローバルインフラストラクチャ上でVMware vSphereワークロードを実行できます。つまり、VMware Cloud on AWSが利用可能なすべてのAWSリージョンでvSphereワークロードを実行できます。 お客様は、ワークロードの一部をオンプレミス稼働させ、一部をVMware Cloud on AWSで稼働させるハイブリッドクラウドアーキテクチャの実装を選択する事ができます。 ハイブリッド実装において、お客様がオンプレミスとVMware Cloud on AWSネットワーク間の通信を許可するように接続を設定する設計パターンが見られます。 お客様は、ハイブリッドクラウド接続を実装するために、仮想プライベートネットワーク (VPN)やAWS Direct Connectなどのさまざまな方法を使用します。 本稿では、お客様がAWS Direct Connectを活用して、どうオンプレミスのVMwareインフラストラクチャとVMware Cloud on AWS間のハイブリッド接続を確立するか、AWS Direct Connectで耐障害性を達成する為のベストプラクティス、そして私たちがなぜそれを推奨するかについて説明します。

Read More

VMware Cloud on AWSの耐障害性設計に関する考慮事項とベストプラクティス

AWSでSpecialist Partner Solutions Architectを務めるKiran Reid、Sr TAM (MNG) を務めるSudha Thillai Govindarajan、Principal Partner Solutions Architectを務めるWen Yuによる記事です。 さまざまな業界や業種のお客様が、本番ワークロードにVMware Cloud on AWSを採用しています。 高可用性要件で実行したいワークロードがある場合、利用可能なさまざまなアーキテクチャパターンと構成オプションを理解することが重要です。 本稿では、VMware Cloud on AWSを活用するお客様の耐障害性設計に関する主な考慮事項と責任について説明します。

Read More

VMware Cloud on AWSのアカウントとVPCに関する考慮事項

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、VMwareとアマゾン ウェブ サービス (AWS)が共同開発をした、AWSのグローバルインフラストラクチャ上でお客様のVMwareワークロードの実行を可能にするサービスです。 VMware Cloud on AWSサービスのデプロイ中に、Software Defined Data Center (SDDC)がAWS (またはお客様の)アカウントに接続され、ネイティブAWSサービスにシームレスにアクセスが可能となります。 この記事では、ネイティブAWSサービス連携を活用するために、VMware Cloud on AWSに接続するAWSアカウント及びそれぞれのAmazon Virtual Private Cloud (VPC)に関するガイダンスを提供いたします。

Read More

高速、低コストで、より良いAPIの構築 – HTTP APIが利用可能(GA)になりました

本投稿は、Senior Developer Advocate, AWS Serverless Applications のEric Johnsonの寄稿によるものです。 2015年7月、AWSはAmazon API Gatewayを発表しました。これにより、開発者はさまざまな種類のアーキテクチャのフロントに配置して安全でスケーラブルなAPIを迅速に構築できるようになりました。それ以来、API Gatewayチームは顧客向けの新しい機能とサービスを構築し続けています。 図1: API Gateway機能追加タイムライン 2019年初頭、チームは現在のサービスを評価し、API Gatewayの次の姿がどうあるべきか計画を立てました。新しい言語と技術によるプロトタイプを作成し、RESTおよびWebSocket APIの構築から学んだ教訓を適用し、そして、顧客のフィードバックを入念に調べました。その結果として、Amazon API GatewayのHTTP APIが完成しました。これは、より高速で、より低コストで使い易くなるように、ゼロから構築されたサービスです。要するに、HTTP APIはAPIを構築するためのより良いソリューションを提供します。APIを構築していて、HTTP APIが要件に合っている場合は、HTTP APIから始めるのが良いでしょう。   より速く ほとんどのユースケースで、HTTP APIはレイテンシを最大60%削減します。開発者は、最小限のレイテンシと最大限の機能を備えたアプリケーションの構築に苦心しており、アプリケーションプロセスに関係する各サービスがレイテンシを追加する可能性があることを理解しています。 図2: すべてのサービスがレイテンシを追加   これを念頭に置いて、HTTP APIは、API Gatewayサービスのレイテンシオーバーヘッドを削減するように構築されています。リクエストとレスポンスの両方を足し合わせても、すべてのリクエストの99%(p99)でHTTP APIからの追加レイテンシが10ミリ秒未満になります。   より低コストで Amazonでは、中核となるLeadership Principles の一つとして、Frugality(倹約)があります。私たちは、費用対効果の高い方法で物事を行い、その節約がお客様に還元されることを信じています。新しいテクノロジーが利用可能になり、ほぼ5年間にわたりAPI Gatewayを運用し得た専門知識により、より効率的に実行するためにHTTP APIを構築しました。 図3: REST / HTTP APIの価格比較 us-east-1の価格設定を使用して説明します。図3は、1か月あたりの1億回、5億回、および10億回のリクエストのコスト比較を示しています。全体的に、HTTP APIは、API Gateway REST APIと比較して少なくとも71%低コストです。   よりシンプルに HTTP […]

Read More