Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS Cloudtrail

IAM Access Analyzer を利用して、アクセスアクティビティに基づいて IAM ポリシーを生成し、最小限の権限のアクセス許可を簡単に実装する

2019 年に AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer がリリースされ、既存のアクセス許可の設定状況を分析することで、意図しないパブリックおよびクロスアカウントアクセスを削除できるようになりました。2021 年 3 月、IAM Access Analyzer は、ポリシーの作成中にセキュリティで機能的なアクセス許可を設定するのに役立つポリシー検証機能を追加しました。そして、IAM Access Analyzer はさらに一歩進み、ポリシーを生成します。IAM Access Analyzer を使用して、AWS CloudTrail ログのアクセスアクティビティに基づいて、きめ細かなポリシーを生成できるようになりました。ポリシーの生成を要求すると、IAM Access Analyzer が動作して、CloudTrail ログからアクティビティを識別してポリシーを生成します。生成されたポリシーは、ワークロードに必要なアクセス許可のみを付与し、最小権限のアクセス許可を簡単に実装できるようになります。 開発者は、開発環境で構築する場合は、より広範なアクセス許可から始めて、必要な AWS 機能を試して判断します。ワークロードが完成に近づくにつれて、使用されるサービスとアクションにのみアクセス許可を絞り込む必要があります。これにより、開発環境から運用環境にワークロードを移行する際にポリシーがセキュリティのベストプラクティスに従っていることが保証されます。IAM Access Analyzerを使用して、必要なアクセスのみを付与するきめ細かなポリシーをより簡単に生成できるようになりました。この記事では、IAM Access Analyzer を使用したポリシー生成の仕組みの概要を説明し、ポリシーを生成、カスタマイズ、および作成する手順について説明します。 概要 ポリシーを生成するには、IAM コンソールに移動して、ロールに移動します。そこから、CloudTrail 証跡と日付範囲を指定してポリシーをリクエストします。その後、IAM Access Analyzer は CloudTrail ログの分析を実行しポリシーを生成します。IAM Access Analyzer がポリシーを生成したら、ポリシーを取得してカスタマイズできます。一部のサービスでは、IAM Access Analyzer は CloudTrail に記録されたアクションを識別し、アクションレベルのポリシーを生成します。IAM Access […]

Read More

大手金融機関におけるセキュリティ・コンプライアンスのためのイベント管理

本投稿では、商業銀行として米国で Top 25 内にランクインしている金融機関であるBBVA USAが、AWS サービスを使用して大規模なイベント管理の仕組みを実装し、クラウド環境に関連する変更イベントを一元管理し、アクションを自動化した方法について紹介しています。一般的に、モノリシック環境でのセキュリティ・コンプライアンスは、管理・監視対象となるインフラストラクチャが少ないため、監視と実施が比較的容易です。それが多くなったとしても、インフラストラクチャをコード化すれば、民主化され分散化されたアプローチによって、コンプライアンスの見落としなく構成の差分管理(ドリフト)と追跡処理を環境に取り入れることができます。 インフラストラクチャの正常な状態を識別し、そこから外れた違反状態を把握することにより、インフラの状態の可視性が確保され、必要に応じて自動修復によって遵守を強制させることが可能になります。このために、セキュリティイベントの通知やベースラインとなる構成定義といった機能を使うことができます。

Read More

使用されていないAmazon EBSボリュームを削除してAWSのコストをコントロールする

業界や業種を問わず、お客様にとってコスト管理は最優先事項の1つです。 EBSボリュームのライフサイクルの可視性が十分でないと、未使用のリソースに対してコストが発生する可能性があります。 AWSはコスト管理のサービスを提供しており、コスト情報へのアクセス、コストの理解、コストの制御、およびコストの最適化を行えるようにしています。 未使用、および管理が行き届いていないAmazon EBSボリュームは、AWS のコストに影響します。 EBSボリュームのライフサイクルは、Amazon EC2 コンピューティングインスタンスから独立して管理可能です。そのため、EBS ボリュームに関連付けられている EC2インスタンスが終了しても、EC2起動時に「終了時に削除」 オプションを選択しない限り、EBS ボリュームは削除されません。 また、開発とテストのサイクルの中でEC2インスタンスの起動停止を繰り返す際、自動的にEBSボリュームを削除する処理がないと、 EBS ボリュームが残る可能性があります。 EC2にアタッチされておらず孤立したEBS ボリュームは、アタッチされていない間も料金が発生します。 この記事では、OpsCenter を活用した自動化プロセスについて説明します。OpsCenter は、AWS Systems Manager の一機能として最近発表されたもので、OpsCenterを使えば、EC2 インスタンスにアタッチされておらず、未使用なEBS ボリュームを識別および管理できるようになります。

Read More