Amazon Web Services ブログ

Tag: SAP HANA

AWS Systems Manager で SAP HANA データベースのリストアを自動化する

はじめに 多くのお客様にとって、SAP システムのコピーは日常的な保守作業の1つです。SAP システムコピーは、SAP の本番データを非本番環境にコピーするために定義された一連のステップです。このブログ記事では、SAP HANA データベースのリストアを自動化することについて説明します。 Amazon Web Services (AWS) Backint Agent for SAP HANA は、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス上で動作する SAP HANA ワークロード用の SAP 認定バックアップおよびリストアソリューションです。AWS Backint Agent は、 SAP HANA データベースを Amazon Simple Storage Service(Amazon S3) にバックアップし、SAP HANA Cockpit 、SAP HANA Studio 、または SQL コマンドなどのSAP 管理ツールを使用してリストアします。AWS Backint Agent は、SAP HANA のデータベースとカタログの Amazon […]

Read More

SAP HANA データベースのオブザーバビリティを Amazon CloudWatch Application Insights でセットアップする

はじめに SAPアプリケーションはミッションクリティカルなビジネスプロセスを稼働させているため、お客様はSAP HANAデータベースに影響を与える問題を迅速に特定し、解決できることを望んでいます。しかし、SAPワークロードには独特の要件や消費パターンがあり、HANA固有の知見を得ることは難解なことがあります。さらに問題が分かったとしても、根本原因を見つけることが難しい場合があります。 2019年以降、AWSのお客様はAmazon CloudWatch Application Insightsを使用して、Microsoft SQL Serverデータベースと.NETベースのアプリケーションのこれらと同じ課題を解決してきました。2021年11月にCloudWatch Application InsightsがSAP HANAデータベースのオブザーバビリティをサポートするようになったことを発表しました。これにより、AWSのネイティブサービスを使用して、HANAデータベースの健全性をこれまで以上に簡単に把握することができるようになります。

Read More

SAPシステムの起動停止自動化をAWS Systems Managerで実現

最近のブログでは、ビルドとオペレーションの両方におけるDevOps for SAPの利点について説明し、AWS Chatbotを使ってStop/Startを開始する方法を探りました。今日は、Linuxオペレーティングシステムにインストールされた分散SAP HANAランドスケープを開始・停止するAWS Systems Managerベースのソリューションをオープンソースで提供することで、SAP運用のためのAWSネイティブサービスの利用を迅速に行うことができるようにします。

Read More

【オンデマンド利用可】Amazon EC2 ハイメモリインスタンスの新しいラインナップ

はじめに ※ご注意 2021年5月14日現在、ご利用可能なリージョンは以下の通りです。 US East (バージニア北部), GovCloud (米国西部), EU (アイルランド), EU (フランクフルト), Asia Pacific (シンガポール). SAPをお使いのお客様は、AWSを革新的なプラットフォームとして活用されています。あるお客様は、SAPクラウドへの移行の初期段階にあり、クラウド移行に集中しています。他のお客様は、AWS上のSAPシステムを強化し、高度なAWSサービスを使ってコアビジネスプロセスを革新しています。例えば、Zalando社はデータとアナリティクスのアーキテクチャを刷新して顧客体験を向上させ、Invista社はSAP ERPを用いてAI/MLを活用して製造成果の向上を図り、Volkswagen社はDigital Production Platform構想の一環としてSAP S/4HANAシステムとAWS IoTを統合しています。しかし、ビジネスラインや技術的なユースケースのレベルでこれらの革新的なソリューションを用いて変革を行っているSAPのお客様にとっても、SAPシステムを支える基礎的なインフラストラクチャは依然として重要な検討事項です。

Read More

AWSだからできるRISE with SAPの豊富なモダナイゼーションパス

はじめに 先日、SAPはRISE with SAPを発表しました。RISE with SAPは、シングルテナントでSAPが管理するERP導入により、Intelligent Enterpriseを実現するため、より簡単にSAP S/4HANAへのアップグレードを可能にするサービスです。RISE with SAPは、お客様のクラウドジャーニーを実行するために必要なテクノロジーを、1つの契約にまとめて提供することで、SAP S/4HANAの導入をさらにシンプルにします。本サービスでは、RISE with SAPのコアサービスにおける標準的なプロダクションSLAを99.7%(非本番では99.5%)とし(追加費用により99.9%のSLAを実現)、SAP S/4HANAのオンプレミスでの導入と比較して、5年間の総所有コスト(TCO)を20%削減¹することができます。AWSは、RISE with SAPのクラウド・サービス・プロバイダー(CSP)の選択肢の一つとなります。

Read More