Amazon Web Services ブログ

AWS Japan Staff

Author: AWS Japan Staff

【開催報告】CTO Night with Auth0 CEO

こんにちは、スタートアップ担当SAマネージャーの篠原英治(@shinodogg)です。 2018年4月24日に、IDaaS分野におけるリーディングベンダーであるAuth0社のCEO兼共同創業者のEuginio Pace氏をお招きして、日本でAWSをご活用いただいているStartup企業のCTOおよびVP of Engineeringの皆さまにお集まりいただき、Amazon目黒オフィスで #CTONight を開催しました。 昨年の『IVS CTO Night and Day 2017 Winter』に続き、グローバルで活躍しているプレーヤーの登壇アレンジにおいて、WiL代田常浩さんに大変お世話になりまして、今回はFireside Chatのモデレーターもご担当いただきました。 Round Table 少人数の日本のCTOの皆さまをお招きして、ホワイトボードを使った実践的な技術ディスカッションを行いました。 非常に深いディスカッションになりましたが、最後は和やかに記念撮影。 Auth0 – The Identity Platform 長年MicrosoftでDeveloper向けの活動をされていたというEugenioさんが、Identity Managementサービスを作るキッカケになったことや、7000マイル離れた場所に住む友人と会社を立ち上げた頃のエピソードなどをご紹介いただきました。 Fireside Chat – Eugenio Pace & Tsune Shirota 自分自身がDeveloperだからこそ、お客様のビジネスがB2BであれB2Cであれ、どんなDeveloperにも使いやすいサービスを探求するという姿勢や、Developerが自ら拡張できるような機能など、サービスを構築する上での根底にあるようなデザインの思想や、ドキュメンテーションの重要性など、Eugenioさんが創業時から心がけていることをシェアしていただきました。 何千ものお客様に使っていただいけるプラットフォームになった今だからこそ、こだわっている開発プロセスについては、参考になった方も多かったのではないかと思います。 グローバルに散らばったチームのマネージメントに関しては具体例も多く示してくださり、Director of Cultureというポジションを作って採用を行うなど文化の醸成に注力しており、そういったことに関して会場からも多くのご質問が上がっていました。 Networking Party カジュアルな雰囲気の中でハイレベルなディスカッションが各所で繰り広げられていました! AWS Summit Tokyo 2018におけるStartup関連アクティビティのお知らせ AWS Startup Square Startupによるピッチ AWS SAによるStartup向け技術相談 Startup Architecture of the Year2018ファイナリスト達のパネル展示 […]

Read More

AWS Database Migration Service と AWS Schema Conversion Tool がソースとしての IBM Db2 LUW をサポート開始

AWS SCT がLinux、UNIX、Windows (LUW) 用の IBM Db2 からAWS上でサポートされているオープンソースデータベースにオブジェクトを変換できるようになりました。これには Amazon RDS for PostgreSQL と RDS for MySQL、Amazon Aurora (MySQL and PostgreSQL compatible) を含みます。同時に、AWS DMS のソースとしての IBM Db2 for LUW の一般リリースも発表します。この発表は、AWS DMS を使用して Db2 for LUW から AWS DMS でサポートされているすべてのターゲットに移行できることを意味します。これらの機能は、Db2 for LUW からクラウドへの移行に役立ちます。

Read More

クライアントデバイスからのポート443でのTLSクライアント認証によるMQTTの実装方法(Python)

アプリケーション レイヤ プロトコル ネゴシエーション(Application Layer Negotiation:ALPN)は、TLSの拡張機能として、TLSサーバに接続しているクライアントがProtocolNameListという追加パラメータを渡すことを可能とします。ProtocolNameListは、クライアントが通信に使用したいアプリケーションプロトコルの優先順位付きリストです。 AWS IoT Coreでは、ALPN TLS extensionを使用して、ポート443でTLSクライアント認証を使用してMQTT経由でデバイスを接続できるようになりました。なぜこれが便利なのかについては、このブログ記事を参照してください。

Read More

[AWS White Belt Online Seminar] クラウドジャーニー (AWSへの移行プロセスと移行ツール) 資料及び QA 公開

こんにちは、マーケティングの鬼形です。 先日 (2018/4/17) 開催しました AWS White Belt Online Seminar「クラウドジャーニー (AWSへの移行プロセスと移行ツール)」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

Read More

【開催報告】第12回 AWS Startup Tech Meetup

こんにちは、スタートアップ担当SAマネージャーの篠原英治(@shinodogg)です。 AWSをご利用中のStartup企業で働くエンジニアのコミュニティであるAWS Startup Tech Communityで、先日12回目のMeetupをAmazon目黒オフィスで開催しました。今回も実践的な発表が多く、カジュアルな雰囲気の中でも深い内容になりました。 今回、写真はSORACOMのエンジニア山下さんに撮っていただきました! – カウルを支える技術の作り方: Housmart 高松智明さん 中古マンションの購入を検討している方であれば一度は見たことがカウル。HousmartのCTOとして技術選定を行ってきた高松さん。 機械学習技術やその為のGPUインスタンスの活用など、参考になるお話をありがとうございました! – Under the Hood of SORACOM: ソラコム 松本悠輔さん 会場の挙手アンケートで知らない人がいない存在のソラコムのソリューションアーキテクトの松本さんからSORACOMの裏側のお話をしていただきました。 SORACOMがいかにシンプルさと拡張性を高く保っているかが垣間見えるようなステキなお話でしたし、Q&Aの時間ではサポートエンジニアの山下さんからもご回答いただきました。写真撮影に質問の回答に、と多大なご協力をいただきましてありがとうございました! – aperzaを支える技術: アペルザ 山崎篤史さん 製造業にまつわる膨大なデータを整理していく上でのクローラーやデータストアなどについてアペルザで取り組んでいることを構成図を交えてご紹介してくれました。 – Kubernetes 入門者が 3 か月で本番導入するためにやったこと: freee 坂井学さん 本番環境でDockerを使うのもはじめての状態から、Kubernetesを導入までもっていったfreeeのSRE坂井さんからは、新しい技術を導入する上でのメンタル面も含めた実践的なお話をしていただきました。 – AWS Summit Tokyo 2018の楽しみ方: AWS 塚田朗弘 来るAWS Summit TokyoではAWS JapanのStartupチーム総出で様々なアクティビティを予定していますが、AWSのStartup担当SAの塚田からStartup Architecture of the year 2018 も含めたFinTech, Data Lake, Containerといった領域に関する注目のセッションをご紹介させていただきました。 – Networking Amazon […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS で構築するデータレイク基盤のアーキテクチャ 資料及び QA 公開

こんにちは、マーケティングの鬼形です。 先日(2018/4/24)開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS で構築するデータレイク基盤のアーキテクチャ」の資料を公開致しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

Read More

AWS Developer Toolsを使用したサーバレスなAWS Glue ETLアプリケーションの継続的インテグレーションとデリバリの実装

大規模なデータおよびデータレイクのワークロード用にサーバーレスETL(抽出、変換およびロード)アプリケーションを開発するためにAWS Glueはますます普及しています。 ETLアプリケーションをクラウドベースのサーバーレスETLアーキテクチャに変換する組織は、ソースコードからビルド、デプロイ、プロダクトデリバリまで、シームレスでエンドツーエンドの継続的なインテグレーションおよび継続的なデリバリ(CI / CD)パイプラインが必要です。優れたCI / CDパイプラインを持つことで、組織はプロダクションリリース前にバグを発見し、より頻繁にアップデートを提供することができます。また、開発者が高品質のコードを書いたり、ETLのジョブリリース管理プロセスを自動化したり、リスクを軽減したりするのに役立ちます。 AWS Glueは、フルマネージドのデータカタログとETLのサービスです。これは、データの発見、変換、およびジョブスケジューリングなどの困難で時間のかかる作業を簡素化し自動化します。 AWS Glueは、データソースをクロールし、CSV、Apache Parquet、JSONなどの一般的なデータフォーマットとデータタイプ用に事前に作成された分類子を使用してデータカタログを構築します。 AWS Glueを使用してETLアプリケーションを開発する場合、CI / CDの次のような課題に直面する場合があります。 ユニットテストによる繰り返しの開発 継続的なインテグレーションとビルド ETLパイプラインをテスト環境にプッシュする ETLパイプラインをプロダクション環境にプッシュする 実データを使用したETLアプリケーションのテスト(live test) データの調査と検証 この記事では、AWS Developer Tools(AWS CodePipeline、AWS CodeCommit、AWS CodeBuildなど)とAWS CloudFormationがサポートするサーバーレスAWS Glue ETLアプリケーションのCI / CDパイプラインを実装するソリューションを紹介します。 ソリューションの概要 次の図は、ワークフローのパイプラインを示しています。 このソリューションでは、AWS CodePipelineを使用して、ETLアプリケーションのソースコードのテストおよびステージへのデプロイを制御および自動化することができます。 このソリューションは、以下のステージを含むパイプラインで構成されています。 1.)Source Control:このステージでは、デプロイするETLジョブのAWS Glue ETLジョブソースコードとAWS CloudFormationテンプレートファイルの両方がバージョン管理にコミットされます。 バージョン管理にAWS CodeCommitを使用することにしました。 ETLジョブソースコードとAWS CloudFormationテンプレートを取得するには、gluedemoetl.zipファイルをダウンロードします。 このソリューションは、以前の記事、AWS Glue と Amazon S3 を使用してデータレイクの基礎を構築するに基づいて開発されました。 2.)LiveTest:このステージでは、AWS […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon VPC 資料及び QA 公開

こんにちは、マーケティングの鬼形です。 先日(2018/4/18) 開催された AWS Black Belt Online Seminar「Amazon VPC」の資料を公開いたしました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180418 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC from Amazon Web Services Japan PDF 録画(オンデマンドセミナー) Q1. (自己紹介の質問) Market Place の何が好きか教えていただけるとうれしいです。 A. Network 担当ということで、様々なルータやファイアーウォール製品を時間単位で複数お試しができるので、検証が簡単にできるのが好きなところです。 Q2. 別々の VPC では物理的にネットワークが分離する認識で合っていますか。 A. 別々の VPC は論理的にネットワークが分離されます。 Q3. VPC を分ける単位のベストプラクティスはありますでしょうか。 A. ページ 76,77 でいくつか例をご紹介させていただきました。よりよいベストプラクティスをお探しの場合は是非 Well-Architectedをご参照ください。 Q4. 異なるリージョンのAZを、1つのリージョンから指定することはできますか。 A. リージョンの内部にアベイラビリティゾーン(AZ)が存在するので、指定することはできません。それぞれのリージョンから AZ […]

Read More

MySQLデータベースをAuroraへ移行する方法をマスターする

By Nathaniel Kangpan, SVP Technology & Data Services, Kepler Group 私は過去12ヶ月の間に(a)クラウドベースのインフラストラクチャを使うことに踏み出していない、もしくはその様なチームがいない(b)2018年のロードマップにクラウドを使うことが乗っていないクライアントに会っていません。ハードウェアからクラウドへ移行した場合のTotal Cost of Ownership(TCO)の節約は無視できません。 しかし、所有しているハードウェアからAWSのようなクラウドベースのインフラストラクチャに移行する際には、本当に何を期待するべきですか? Amazon EC2などの仮想サーバー上にソリューションを複製するだけでいいですか、Amazon RDSのようなマネージドサービスを増やすべきででしょうか? Kepler Groupでは、インフラストラクチャの95%以上が2014年後半からAWS上で稼働しています。過去数年にわたり、多くのお客様に機転となる時に何を期待しているかをアドバイスしました。私達はマーケティングデータベース管理サービスを提供しています。クライアントとの最も一般的な議論の1つは、リレーショナルデータベースをAWSに移行する際に抱えるメリットと課題を理解する助けとなることです。   Global Fortune 100の例 私たちは通常、Global Fortune 100クライアントのために完成した代表的なプロジェクトを中心に、データベースクラウドの移行に関する会話行っています。この特定のクライアントにとって、私たちは最初に、データセンターのハードウェア上にMySQLデータベースを構築しました。その後、MySQLを実行しているEC2インスタンスに移行し、最終的にAmazon Aurora MySQLに移行をしました。クライアントのユースケースと基本的なデータスキーマは、この間にあまり変化しませんでした。そのため、私たちはソリューションの管理がますます効率化されるようになるにつれ、同じMySQLデータベースを複数のフレームワークで実行することの長所と短所について多くのことを学びました。 今回の対象のデータベースは、マーケティングおよびセールスカスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)データベースでした。一連の電子メールおよびセールスチームベースのマーケティングキャンペーンで、レポートおよび分析ユースケースのために複数のサードパーティソースにデータを継続的に集約しました。私たちのチームは、データベースの管理に加え、マネージドサービスとしてレポートと分析の提供を担当する主なユーザーです。 このプロジェクトは、スコープと予算の面で一般的に管理していた物の小規模なものでした。クライアントのニーズを満たすことに加えて、次の点に細心の注意を払う必要がありました: データベースメンテナンスの負荷を低く抑える インフラストラクチャコストの制限 信頼性の高いバックアップおよびリカバリプロセスを確保する 前述のように、データベース用に3つの異なるインフラストラクチャソリューションを使い、各バージョンのメリットと課題についてかなりのことを学びました: v1.0:オンプレミスハードウェア上のLinuxでMySQLを実行する v2.0:Amazon EC2上のLinuxでMySQLを実行する v3.0:MySQLと互換性を持つAmazon Aurora 次の移行の概要では、各バージョンへの移行の決定と、その過程で得た利点と課題について説明します。   Version 1.0: オンプレミスハードウェア上のLinuxでMySQLを実行する 2013年後半にこのクライアントとの関係を開始したとき、クラウドベースのサービスを検討し始めましたが、私たちのインフラストラクチャは、データセンターを基盤とするハードウェアソリューションでした。クライアントサービスや厳しい締め切りで働いている多くの人が理解できるように、理想的な長期的なソリューションを最初から構築するのではなく、迅速に稼働させることを優先する必要がありました。私たちは、オンプレミスハードウェア上のLinuxとMySQLの組み合わせから開始することにしました。これは、このプロジェクトで作業しているエンジニアが最も慣れている構成だったからです。 利点 この初期のアプローチの唯一のメリットは、エンジニアがハードウェア+ Linux + MySQLの構成でよく作業していたことです。必要な開発フレームワーク、データ転送メカニズムなどはすべてかなり理解されており、大きな技術的驚きは期待できませんでした。これにより、限られたAWS経験を持つクラウドベースのソリューションに飛び込むのとは対象的に、納期と予算に対するリスクを最小限に抑えながら顧客の設定した期限を迎えることができるという自信が得られました。 チャレンジ しかし、ハードウェア環境で解決策を維持することには、かなりの数の問題がありました。AWSへの移行を後で行うまでは、これらの非効率性を十分に理解していませんでした。具体的には、クラウドと比較してハードウェアソリューションでは次のような課題に直面しました: かなり高いサーバーとデータベースのメンテナンスとアップグレードの運用負荷 時間の経過とともに増加するデータ量に対応する、シームレスではない垂直スケーリングプロセス […]

Read More