Amazon Web Services ブログ

AWS Japan Staff

Author: AWS Japan Staff

7 月 1 日(水)開催:AWSome Day Online Conference で AWS クラウドの基礎を学ぼう!(チャット Q&A あり)

こんにちは! AWS Webinarチームです。 7 月といえば七夕ですね。 幼いころは、笹の葉についた短冊に願い事を書きました。みなさまの願い事はなんですか? AWS クラウドサービスを知りたい、基礎知識をつけたいという願いでしょうか? そんな願い事を内に秘めている方にお薦めするオンラインセミナーのご連絡です。 AWSome Day Online Conference を 7 月 1 日(水)15 時から配信いたします。 AWS クラウドの基礎を約 2.5 時間の短時間で学べるオンラインセミナーです。 新しくクラウドを始めようと思っている方、クラウドの基礎知識がぼんやりしてしてしまったので復習したいと 思っている方、どちらの方にもお勧めの内容となっております。ぜひこの機会にご登録・ご視聴ください。 当日は AWS エキスパートがチャット形式による Q&A 対応をいたします。 その場で、テクニカルに関する疑問点を質問を投げかける吹き出しに入力ください。チャット形式でお答えいたします。 ※入力した質問内容は他の視聴者には見えません。 日程:2020 年 7 月 1 日(水) 時間:15:00 開始 – 17:40 終了予定 費用:無料 主催:アマゾン ウェブ サービス 株式会社 詳細・ご視聴はこちらからお申込みください。 AWSome Day Online Conference とは? 「AWSome […]

Read More

【開催報告】「コンテナ × スポットインスタンス」 活用セミナー

スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2020年6月10日にオンラインで開催された「コンテナ × スポットインスタンス」 活用セミナーでは、200名を超えるご参加人数という大盛況のもと、AWSのソリューションアーキテクトによる技術解説と、各種コンテナ技術を最大限に活用してスポットインスタンスをご利用いただいている3社のお客様から、実際の事例についてお話いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料のご紹介、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。 当日アジェンダと資料 12:00~13:00 Amazon EC2 Auto Scaling によるスポットインスタンス活用講座 講師:滝口 開資(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューション アーキテクト) 13:00~14:00 具体的実装に学ぶ、Amazon ECS × EC2 スポットインスタンス、Amazon EKS × EC2 スポットインスタンスによる低コスト & 高可用アーキテクチャ 講師:Hara Tori(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 シニアデベロッパー アドボケイト) 14:00~14:30 AWS Batchによる大規模バッチ処理でのスポットインスタンス活用 講師:宮本 大輔(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューション アーキテクト) Containers + EC2 Spot: AWS Batch による大規模バッチ処理でのスポットインスタンス活用 from Daisuke Miyamoto   14:30~15:00 ECS×スポットインスタンス活用の秘訣 講師:田中 […]

Read More

金融業界におけるPrivateLink活用

今回のBlogではAWSクラウド利用による新しいビジネス展開の促進に貢献する、AWS PrivateLinkの機能概要と金融業界における利用事例についてご紹介します。金融機関にとっての喫緊の課題は、近年の日本の人口構成の変化や、特に最近のお客様の行動様式の変化に対応すべく、ニーズに合わせた新しいサービスをタイムリーに提供していくための仕組みづくりだと言われています。特にお客様との接点が、対面方式から非対面方式へ変化してきており、対顧客チャネルが実店舗からオンラインへ加速度的にシフトしていくことを意味しています。このオンラインチャネルにおいて、顧客満足度を上げるためにはよりよいカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の提供が欠かせません。また経営効率化の観点から、フロントラインのオンラインチャネル化に伴い行内・社内事務作業の機械化、自動化もますます必要性が増していきます。これらの課題解決のために最新テクノロージーの活用が求められることになりますが、迅速な対応にあたっては自社のみの技術だけでなく、外部のサービスを効率的に活用し、それを組み合わせることで顧客のニーズに合った独自のサービスを迅速に提供することも今後の新しいアプローチといえるかと思います。今回は、このような課題を抱える金融機関と、金融機関にサービスを提供されているAWSパートナー様にとってPrivateLinkがどのように役立つかについて述べさせていただきます。

Read More

認知科学と学習 3: エラボレーションを使って概念の理解を強化する

このブログは、認知科学の原則を使って AWS クラウドの学習効果を高める方法に関するシリーズ記事の第 3 回(最終回)です。 このシリーズの前回と前々回では、プレゼンテーションや講義からの情報を受動的にインプットすることばかりに依存しないということが、いかに重要であるかについてを取り上げました。長期的な学習効果を強化していくためにはインプットばかりでなく、その情報を能動的に 記憶から引き出す(または思い出す) よう、セルフテストに挑戦することが大切です。またこの考え方をふまえ、 時間間隔を空けた反復学習 を実践することで、学習をより効率的かつ効果的にする方法についてもご紹介しました。 どちらの戦略でも強調されているのは、学習プロセスにおいては記憶が重要な役割を果たすということです。ある分野についてのプロフェッショナルになるためには、その分野に関する主要な概念や事実といった強固な基礎を身につけることから始める必要があります。たとえば機械学習 (Machine Learnning: ML) について言えば、そもそも特徴量エンジニアリングとは何かを知らなければ、ML モデルで特徴量エンジニアリングを実践することは不可能です。 しかしこれまでに説明してきたことを鑑みると、キーとなる情報を記憶するためにいたずらに反復学習を行うことが正しいとは限りません。情報に対する理解を深めるのに役立つテクニックがいくつかあります。そのうちの 1 つはエラボレーションと呼ばれるものです。 エラボレーションとは エラボレーションとは、学習中の新しい情報を既存の知識と関連付けていくことで、新たにインプットしている情報に詳細を付け加えていくプロセスのことです。エラボレーションのプロセスでは What (何を) 学習しているかよりも、学習中のトピックの背後にある How (どのように) や Why (なぜ) により重きを置きます。ここでは簡単な例を使って、この概念をより具体的につかんでいきましょう。 エラボレーションの実践 機械学習を例にとった場合、おそらく最初に直面するハードルの 1 つは、この分野特有の用語や概念についての語彙を理解することでしょう。そのためまず Demystifying AI/ML/DL や What is Machine Learning? といったトレーニングを受講し、そこに出てくる用語や概念について時間差学習によって小刻みにセルフテストを行います。 機械学習のタイプの違いを理解しているかを確認するセルフテストの問題の 1 つとして、たとえば以下のような問題があったとします(正解は1)。 次のうち、教師あり学習が最も適しているのはどれか答えなさい 画像内の鳥を特定する 購買傾向に基づいてある集団をより小さな集団にグループ化する データセット内の特徴量の数を減らす クレジットカード取引データ内の異常を特定し、不正としてラベル付けする この問題やその他の同様の問題に正解することはさほど難しくありません。つつまり、回答にあたって教師あり学習ついて深い理解が必要な問題とは言えません。フォローアップの問題に挑戦することでエラボレーション、つまりこのトピックに関する詳細を付け加えていきます。こうすることで、より深い理解が得られます。 以下に示すのは、この状況またはその他の同様の状況でフォローアップエラボレーションとして活用できる問題の例です。 「画像内の鳥の特定」が、どのように教師あり学習の良い例であるか説明しなさい 他の選択肢が、教師あり学習に適していないのはなぜですか 正解の選択肢に加えて、教師あり学習の適切なユースケースを他に挙げなさい 正解の選択肢が、教師なし学習の例でないのはなぜですか   エラボレーションが脳に与えるインパクト エラボレーションの問題が学習に大きな効果をもたらすメカニズムは、脳が情報を最も効果的に保存および取り出す仕組みと関連しています。長期的な観点では、脳内にある他の情報と密接に接続された情報(大きく強固に張りめぐらされたクモの巣状のニューロンをイメージしてください)は、そうでない情報、つまり他の情報との関連付けが乏しく接続の弱い状態で保存された場合と比べて、はるかに簡単に記憶から取り出せるようになります。エラボレーションの問題に取り組み、学習中のトピックに詳細を付け加える訓練を実践すると、先に述べたニューロン同士の密接な結合の形成につながります。 では、この エラボレーション の原則を AWS クラウドの学習に活用するにはどうしたらよいでしょうか。以下にいくつかのアイデアを示します。 フォローアップ問題に挑戦する。反復学習 (小テストの問題に解答する、メモカードでセルフテストをする、難しい ハンズオンラボ […]

Read More

AWS Shield の脅威ランドスケープレポートが利用可能になりました

AWS Shield は、アプリケーションの脆弱性、不正なボット、分散サービス妨害(DDoS)攻撃から AWS で実行されているアプリケーションを保護する、マネージド型脅威保護サービスです。AWS Shield の脅威ランドスケープレポート(TLR)は、AWS Shield によって検出された脅威の概要が説明されています。このレポートは、AWS のお客様に代わって保護を構築するために、脅威状況を継続的に監視、評価している AWS 脅威リサーチチーム(TRT)によって作成されたものです。これには、 AWS WAF の AWS マネージドルール や AWS Shield Advanced など、サービスのルールと緩和策が含まれています。この情報を使用して、外部の脅威に関する知識を広げ、AWS で実行されるアプリケーションのセキュリティを向上させることができます。 2020 年第 1 四半期を対象とする最新のレポートから、調査結果の一部をご紹介します。

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2020/6/15週

こんにちは、AWSソリューションアーキテクトの小林です。今週も週刊AWSをお届けいたします。 今回の個人的イチオシアップデートは、やはりAWS Snowconeでしょうか。いろいろなお客様と会話していると、AWSへのデータ移行に回線を利用するのは難しいけれども、Snowball Edgeを使うのはオーバーに感じる、というご相談を頂くケースがありました。Snowconeはこういったケースにピッタリの8TBのストレージで、筐体も小型軽量ですので便利にご利用いただけるお客様が多いんじゃないかな?と期待しています。東京リージョンではまだオーダーいただけませんので、もうしばらくお待ちください。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More
AWSではじめるデータレイク

「AWSではじめるデータレイク」出版記念データレイク解説セミナーの資料公開

去年よりAWSのメンバー4名(志村、上原、関山、下佐粉)でデータレイクの基礎からアーキテクチャ、構築、運用管理までをカバーした書籍「AWSではじめるデータレイク」を執筆してきたのですが、7月出版の目処がたったことを記念して、5月末から毎週木曜にデータレイクに関するWebセミナーを開催してきました。 幸いにも大変多くの方にご参加いただくことができました。ご参加いただいた方にはあらためてお礼申し上げます。 一方で、以前の回に出られなかったので資料だけでも公開して欲しい、というご要望をたくさん頂いていました。そこで今回第1回から第3回の資料を公開させていただく事になりました。 ※ 2020/06/25更新:第4回の資料を追加公開しました

Read More

SAPワークロードにおけるコストの削減、信頼性と可用性の向上、性能の向上

AWS上でSAPを稼働しているアクティブなお客様は5,000を超えています。私たちは常に、お客様のコストを削減し、信頼性と可用性を向上し、性能を向上する方法を検討しています。このブログでは、SAPのお客様に大きな影響を与える最近の素晴らしい発表をいくつかご紹介します。

Read More

SAPワークロードで新しいレベルのアジリティーを促進: SAP Commerceを例に

長い間、オンプレミスのSAPプロジェクトでは、リスクを最小限にするために、多くの前もっての要求分析、評価、サイジングプロセスが必要でした。実際に、私たちは、数週間かけた計画の後で初期の決定を変更しなければならなくなった多くの状況に遭遇しています。SAPアーキテクチャーには、ビジネス要求に迅速に対応し、ソリューションを迅速に実装し、フィードバックに基づいて改善し、そして繰り返し行うための十分な柔軟性が必要です。このブログ記事では、AWS上でのSAPアーキテクチャーにアジャイルをもたらす方法を示すために、例としてSAP Commerceを取り上げます。Minimum Lovable Product (MLP)で始めて、それからアーキテクチャーを迅速に変化させる方法を説明します。

Read More

Amazon CloudFront を活用したウェブサイトの可用性向上

Amazon CloudFront は、キャッシュ機能によるオリジンサーバー(CloudFront がコンテンツを取得する元のウェブサーバー)の負荷軽減とコンテンツ配信のパフォーマンス向上を実現できますが、可用性の向上もCloudFrontを活用することで得られる大きなメリットの1つです。CloudFront を利用する対象のウェブサイトのオリジンサーバーがAWS 上に存在する場合、オリジンサーバー側でもELB の活用や複数のアベイラビリティーゾーンの活用など可用性向上の為の様々なアプローチがありますが、CloudFront を利用することで更に高い可用性をウェブサイトにもたらすことが出来ます。 ウェブサイトの可用性を向上することは、ウェブサイトの応答速度の向上と同様にウェブサイトを運営する上で非常に重要な要素です。ウェブサイトの停止は、E コマースサイトでは売り上げに直接影響を及ぼしますし、コーポレートサイトや製品を扱うウェブサイトではブランドイメージや製品そのもののイメージ低下につながりかねません。 ウェブサイトの可用性に影響を及ぼす原因は様々なものがあります。例えば予期せぬハードウェア故障やネットワークの障害が原因となり、ウェブサイトが停止するリスクがあります。全てのコンポーネントを完全に冗長化することでリスクを軽減することが出来ますが、一般的なオンプレミス環境では冗長化の箇所が増える度にコストが大幅に増加する可能性があります。またウェブサイトオーナーは様々なキャンペーンなどの施策により、ウェブサイトのアクセス数の向上を目指しますが、予測を上回るアクセス増により、ウェブサーバーやネットワークが高負荷状態となりウェブサイトが停止するリスクがあります。 さらに外部からのDDoS 攻撃が原因となり、ウェブサイトの可用性に影響を及ぼすリスクがあります。攻撃者は複数のリソース (マルウェアに感染したコンピュータ、ルーター、IoT デバイスなどのエンドポイントで構成される分散グループ) を利用して、ターゲットのウェブサイトへの攻撃を実行します。攻撃者は侵害されたホストで構成されたネットワーク等を利用することにより、大量のパケットやリクエストを生成してターゲットのウェブサイトに過剰な負荷をかけます。たとえ正規のユーザーを想定したサイジングがきちんと出来ていても、悪意のあるトラフィックによる影響で、サーバーやネットワークのキャパシティが埋め尽くされ、ウェブサイトが停止してしまうリスクがあります。 今回はこのような予期せぬ障害やDDoS 攻撃による影響を回避し、ウェブサイトの可用性向上に役立つCloudFront の機能をまとめてご紹介致します。

Read More