Amazon Web Services ブログ

AWS Japan Staff

Author: AWS Japan Staff

週刊AWS

週刊AWS – 2019/9/16週

みなさん、こんにちは!ソリューションアーキテクトの下佐粉です。 今週も週刊AWSをお届けします。東京は少しずつですが秋という感じの気候になってきました。9月は連休が多いので嬉しい月なのですが、AWSのサービスは日本の連休には関係なく毎日のように新機能、新サービスが追加されています。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

Thinkbox DeadlineのAWS ポータルを使ったレンダリング

はじめに Dealdine 10の新しいAWS ポータル機能は、Autodesk MayaやAutodesk Arnoldを含む数多くのコンテンツ作成アプリケーションをサポートします。この機能により、Amazon EC2 Spot Instancesの分散コンピューティングパワーを使用して、Maya/Arnoldワークフローを最適化することができます。本記事では、AWS上でMaya/Arnoldを使ったレンダリングに必要な手順を説明します。 この手順は、AWS ポータルがサポートする他の製品の場合と非常によく似ているため、他のコンテンツ作成アプリケーションを使用する場合にも、本記事の内容のほとんどが有効です。

Read More

AIを使用してビデオアーカイブから価値を引き出す: Videofashionのケーススタディ

大規模なコンテンツアーカイブを保持するM&E企業にとって、プロデューサーやライセンサーの使用に合わせて適切にコンテンツを抽出することは、重要な課題です。さらに、数十年分のコンテンツを持つスポーツリーグなどの顧客は、コンテンツアーカイブをAPI経由でファンが使えるようにして、アーカイブ全体をエンドユーザーが検索し、API経由でライセンス可能にしたいと考えています。残念ながら、最近まで、コンテンツのメタデータの多くは複数の異なるシステム間で手入力されていたため、大規模なメディアライブラリの所有者がアーカイブの内容全体を完全に把握するには多くのリソースが必要となり、実用的ではありませんでした。

Read More
Amazon Game Tech

【開催報告】Game Tech Night #15 ゲーム業界向け AWSで実現する機械学習

こんにちは、ゲームソリューションアーキテクトの 畑史彦 です。 8月21日に第15回となる Game Tech Night を開催致しました。 Game Tech Night は、オンラインゲーム開発と運用に携わる開発者やインフラエンジニアを対象に、ゲームに特化しか技術情報や関連する AWS サービスの情報をお届けすることを目的としたイベントです。最近では概ね 1,2 ヶ月に1度くらいの頻度で定期開催しています。この第15回では 機械学習 をテーマに AWS のソリューションアーキテクトから2つのセッションを実施しました。  

Read More

Amazon RDS for PostgreSQL バージョン 9.4.x のリタイアメントのお知らせ

本投稿は、こちらのフォーラムに投稿された Amazon RDS for PostgreSQL をご利用中のお客様向けのアナウンスメントの参考和訳です。 本投稿は、PostgreSQL コミュニティが2020年2月にバージョン9.4を廃止予定であることに従い、2020年1月15日をもって、Amazon RDS が RDS for PostgreSQL 9.4 のサポートを終了することをお知らせするものです。 Amazon RDSは2015年からPostgreSQLメジャーバージョン9.4をサポートしています。本リリース後、機能性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンスの観点で大幅な改善がなされたメジャーバージョンが続々とリリースされています。PostgreSQLコミュニティは、PostgreSQL 9.4のリリース終了時期を2020年2月と発表しています。コミュニティサポートモデルに沿って、AWSは9.4.1, 9.4.4, 9.4.5, 9.4.7, 9.4.9, 9.4.10, 9.4.11, 9.4.12, 9.4.14, 9.4.15, 9.4.17, 9.4.18, 9.4.19, 9.4.20, 9.4.21, 9.4.23 のマイナーバージョンを含む、メジャーバージョン9.4のサポートを終了いたします。Amazon RDS では引き続き、バージョン9.5 以降の PostgreSQLデータベースをサポートいたします。 できるだけ早いタイミングで、Amazon RDS PostgreSQL 9.4 データベースインスタンスをバージョン9.6, 10 もしくは、バージョン11 にアップグレードすることを推奨します。9.5 へアップグレードすることも可能ですが、このバージョンは2021年2月にサポート終了が予定されています。 利用中の PostgreSQL 9.4 のマイナーバージョンと PostGIS 拡張の利用有無に応じて、バージョン10 もしくは、11 に直接アップグレードできる可能性があります(※訳者注: […]

Read More
週刊AWS

週刊AWS – 2019/9/9週

みなさん、こんにちは!ソリューションアーキテクトの下佐粉です。 この形式で週刊AWSを再開して4ヶ月ぐらい経ちましたが、毎回、記事を書く時間よりも、どのアップデートを紹介するのか選択するのに時間が掛かっている気がします。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

【開催報告】クラウドネイティブ動画配信の実現方法とビジネスへの活用例 2019/8/28(水)

8月28日 AWS目黒オフィスにて、メディアソリューションにご興味ある内製エンジニア および WEBコンテンツ事業に関わる企業様を対象とした、クラウドネイティブサービスを活用した動画配信の事例紹介イベントを開催しました。 株式会社サイバーエージェント様、ブイキューブ様をゲストに、ライブ動画配信サービスをクラウドでどのように構築・運用されているのかなど語っていただきました。当日は 70 名近くのお客様にご参加いただきました。 ■クラウドネイティブサービスで実現するライブ動画配信 アマゾン ウェブ サービス ジャパン ソリューションアーキテクト 廣瀬 太郎 当日講演資料はこちらからダウンロードいただけます。 ソリューションアーキテクトの廣瀬から、ライブ動画配信に関連する技術トレンドや課題と、動画ワークロードのためのマネージドサービス AWS Media Services を利用したライブ動画配信基盤の構築、運用方法、各社様事例についてお話しました。 AWS Media Services は現在 MediaConnect, MediaLive, MediaPackage, MediaStore, MediaTailor, MediaConvert の計 6 つのサービスで構成されていますが、必ずしもそれら全てを最初から活用する必要はなく、要件にあわせて組み合わせて使って頂けるように疎結合な作りとなっています。本セッションでは代表的なユースケースと、それらに必要となるサービスやアーキテクチャパターンをご案内しつつ、AWS Media Services が生まれてからこの 2 年弱の間に追加された各サービスの機能アップデートを交えてご紹介しました。 2019 年に追加された MediaLive のスケジュール機能強化や MediaPackage の Just-in-Time Packaging などの最新機能についてもご紹介しました。   ■ ゲストスピーカーより導入事例のご紹介 「 WinTicket における競輪ライブ配信ステムの実現 」 […]

Read More

9 月18日(水)にAWSome Day Online Conferenceを開催いたします

こんにちは! AWS Webinarチームより、来週 9月18日(水)の 15 時から開催いたします「AWSome Day Online Conference」をご案内させていただきます。 日程:9 月 18 日(水) 時間:15:00 – 17:30 終了予定 視聴方法はこちらからお申込みください。 AWSome Day とは? 「AWSome Day」は、AWS クラウドジャーニーのはじめの一歩として、AWS に関する基礎知識を 1 日で体系的に学ぶ無償のトレーニングイベントです。AWS テクニカルインストラクターが主導するセッションを通じて、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワークといった AWS の主要なサービスを段階的に学ぶことができます。また、AWSに関わる方への基礎知識として、請求、アカウントマネジメント、料金モデル等、実際の導入に向けた内容となっております。技術的な面だけではなく、これから AWS クラウドを学ぶために必要となる知識を身に付けたい方、エンジニアのみならず、営業職、プリセールス職、学生まで幅広い方々におすすめします。 「AWSome Day Online」は、AWS クラウドジャーニーのはじめの一歩として、AWS に関する基礎知識を実際に足を運んでいただく 1 日の AWSome Day の内容を 2.5 時間に凝縮し、ポイントを押さえて紹介いたします。短時間で、場所を選ばずに学習したい方はぜひ、ご活用ください! AWS Webinarチーム

Read More

Amazon EKS クラスターエンドポイントへのプライベート接続とワーカノードVPC外からのDNS解決方法

本投稿は AWS のシニアコンテナスペシャリストソリューションアーキテクトである Jeremy Cowan による寄稿です。 Amazon EKS クラスターを作成した時点では、標準ではKubernetes クラスターのエンドポイントはパブリックな設定になっています。エンドポイントにはインターネット経由でアクセスし、Identity and Access Management (IAM) とKubernetes role-based access control (RBCA) のポリシーによるアクセス制御を行います。 ゆくゆくはあなたも Kubernetes クラスターのプライベートエンドポイントを設定する必要が出てくるかもしれません。Kubernetes クラスターのエンドポイントをパブリックからプラベートに変更すると、インターネットをはじめとしたパブリックな経路からのアクセスは完全に無効になります。 実際に、プライベートなアクセスのみを許可するように設定されたクラスタは、以下のネットワークからのみアクセスできます。 ワーカーノードが存在する VPC その VPC とピアリングしているネットワーク AWS Direct Connect (DX) または Virtual Private Network (VPN) を介して AWS に接続されているネットワーク ただし、Kubernetes クラスターエンドポイントは、以下の理由からワーカーノードが存在する VPC からしか名前解決することができません。 エンドポイント用に作成された Amazon Route 53 プライベートホストゾーンは、ワーカーノード用 VPC にのみ関連付けられています。 プライベートホストゾーンは AWSが管理しているアカウントとは分けて作成されており、変更できません。 詳細については、プライベートホストゾーンの使用を参照してください。 […]

Read More

Lambda@Edge を使ったゲームプレイヤーへのカスタムコンテンツの配信

モバイルゲームのクライアントアプリを起動した時に、いつも最新のコンテンツを入手できるようにしたいですよね?そうすれば、ゲームへ変更を加えて、新しい機能を追加した際、変更内容をすぐにプレイヤーに提供できるようになります。

Read More